こんな精神科医ですいません

半年分の遅れていたご返事をいたしましたです。こんなに遅れてすいません

全体表示

[ リスト ]

アルコール依存症

逆説にこそ新しい真実が宿る。
逆説を通して新たなる真理の高みに到達する。

そんなバカげたことをロマンチックに信じている僕は、
こんな風に酔っ払ったところでアルコール依存症について書きたくなってしまう。

僕は人に厳しくするのが苦手だ。
だから自分で言うのもナンだけど、
優しく接することが治療的になる患者さんには人気がある。

Nsから「先生の患者さんってホントに先生のこと大好きなのよ。
患者さん同士の嫉妬ってハンパないわよ!」なんて言われるし・・・

厳しく接することが要求される患者さんには人気が・・・あるのかないのかよく分からない。
でも少なくとも言えるのは「苦手!!!」ってことだ。

その代表がアルコール依存症の方だ。
アルコール依存に陥ると、アルコールのために生活にいろんな支障が出てくる。そして・・・
仕事を失い・・・家族を失い・・・家を失い・・・友人を失い・・・健康を失い・・・
そうやっていろんなものを失って・・・どこかで「底つき体験」というのを経験する。

「もうダメだ。どん底まで落ちきった。アルコールをやめなきゃ絶対ダメだ」
切迫したどうしようもない状況に陥って、やっと到達する決意。

そんな決意をする体験が「底つき体験」だ。
底まで到達しないと、依存を治すことは難しいのだと教科書には書いてある。マジですか。

残念なことにマジらしい。

中途半端に断酒してはすぐに再飲酒してしまう患者さん・・・
再飲酒した翌日の朝、泥酔状態の彼の代わりに「体調が悪くて会社休みます」・・・と、
電話を会社にかけて、宴の後しまつから御粥づくりまで甲斐甲斐しく面倒をみる妻。

そういう妻をイネブラーと言う。「(飲酒継続を)可能にする人」っていう意味の英語だ。
彼女のせいで彼は依存症でいる期間を延長させることができてしまっているってワケ。
そして依存症でいる期間が長ければ長いほど、生命予後は短くなってくる。治りづらくなってくる。

だから精神科医としては、少なくとも自分がイネブラーになるのは職業倫理に反することだ。
僕は言う。「あなたが飲んで死のうとも、私は一切、責任は取りませんよ」
僕は説明する。「あなたが止めるというのなら、私はできる限りの力で援助します。
とはいえ、私はあなたの思想を変えることはできません。
あなたが心の奥底でお酒を捨て去っていないのだとしたら、
私はそれを発見することも、矯正することも、できません。
ただ、あなたが自分の意志で、お酒を飲み続け、死んでいくのを見届けるしかないでしょう。」
他にも、ここには書けないようないろんなことを患者さんに告げる。
淡々と告げる。告知する。予言する。
あるいは・・・恐喝する・・・あくまで淡々と真実を告げることで。

そういいながら僕は思う。「頼む!これを底つき体験にしてくれよ!!!」

でも・・・僕の真実の声(あるいは恐喝?)が、
底つき体験として体験されることはあまりない。
心のどこかで冷たくなりきれない自分がいるらしい。
患者さんにはバレるらしい。患者さんは・・・
「何だかんだ言って、あのセンセイは優しいから何とかしてくれるよ」
・・・そう思ってしまうらしい。そして・・・
やっぱりお酒を飲んで・・・仕事を失い・・・家族を失い・・・そうやってコロリと命を失う・・・

自殺じゃないよ。

身体合併症で突然死するんだ。ある日突然、血を吐いたり意識を失ったりしてね・・・



なんだよ!だから僕が言ったとおりじゃないか!

僕があなたを脅したときにあなたは、
あれだけ毒舌を吐いてたじゃないか?
僕の予言を笑い飛ばしてたじゃないか?
あんなに強気で勝気で、僕のことをバカにしてたじゃないか?

何とか言ってみろよ!
僕の予言なんざアッサリ外してみろよ!
なんでわざわざ僕の予言は的中させるんだよ!

こんなこと言われて悔しければ、予言を見事にハズして生き延びて、
僕のことを「予言をはずしたヤブ医者野郎!!」ってバカにしてみろよ!
バカにしろよ!!・・・バカにしれくれよ・・・お願いだから、
僕のことをバカにしてください。頼むよ。バカにしてくれよ。。。

こんなことをブログに書きながら思う。

でもこんなイネブラーでバカな精神科医の懺悔の記事を読んだって、きっと底は尽かないのだろうと。

この記事に

閉じる コメント(32)

顔アイコン

そうそう、訂正。9月末でした。

2006/8/23(水) 午後 11:16 [ l*ig1h*t2k ] 返信する

【大切なのは、どんなときにどんな優しさが求められるのか???という問いに答えること】ふむふむ。。。同意です。はい。

2006/8/24(木) 午後 3:14 [ まりん ] 返信する

朝顔さん。私の方の記事も読んでいただいて、ありがとうございます♪はい。2個目の記事を書くきっかけを下さった方の意見、いつもすごいなぁ〜と私も思っています。感謝。

2006/8/24(木) 午後 3:18 [ まりん ] 返信する

千葉大学のアルコール関連学会は、一般人も聴きに行って良いのでしょうか?というより、私、聴いてわかるのかぁ。。。汗。

2006/8/24(木) 午後 3:21 [ まりん ] 返信する

顔アイコン

うは、朝顔先生、貴重な情報、ありがとです。実習好きで学会嫌いな僕は行く予定は無いとです。。。でも【「底つき体験」の前段階での治療の確立を求める】なんて話は初耳です!!!!ってか、それ知りたい!知りたい!知りた〜い!!!!ちょびっとだけでも教えてもらっちゃダメかしら・・・

2006/8/25(金) 午後 11:16 Dr.Watson 返信する

顔アイコン

やさしさの件、そうですね〜。エゴグラムのCP,NP概念を緩用して考えるのも助けになるかもしれないですね。確かにピタッとはまるし。しかも両者ともに同等の価値があり、必要不可欠な要素であることが前提として組み込まれているし。なるほど!!

2006/8/25(金) 午後 11:22 Dr.Watson 返信する

顔アイコン

うおおお、こでまりさん、学会って結構、ムズかしい話があったり、実践の知恵からかけ離れた話があったり、退屈だったり、眠たかったり・・・ううう・・・モゴモゴなところがあるからボクちんとしては・・・あう、こんなこと書いたら朝顔先生に怒られる〜〜・・・カンニンしてチョーダイ・・・

2006/8/25(金) 午後 11:26 Dr.Watson 返信する

顔アイコン

ナイショさん、ご返事、遅れてすいませんでした。その方の底が尽きようが尽くまいが、あなたの人生でないことは確かであり、そしてあなたはあなたの人生を第一に考えてよいことは絶対的真理であり・・・だからそうですね・・・きっとその新しい人生に、自分を大切にする人生に、何かが素晴らしいものが、待っていることと思います。

2007/2/6(火) 午前 1:40 Dr.Watson 返信する

顔アイコン

先生ありがとうございました。非常事態頃書き込んだので気づかれてないかなとあきらめていましたが今日発見して、とても嬉しかったです。私もまず一歩を踏み出し離婚前提の別居を始めました。心の負担がこんなに軽くなるとは思いもしなかったほど快適です。頑張ります!

2007/2/11(日) 午後 6:06 [ kim*to*meg*ria*ta_*i*eki ] 返信する

顔アイコン

おおおおおお!!!!!!!!そうですか!!!!!素晴らしい!!!!!応援してます!!!!!がんばってください!!!!kimito meguriaeta kisekiさんの新しい人生に幸あれ!!!!!

2007/2/11(日) 午後 7:35 Dr.Watson 返信する

顔アイコン

「り」のナイショさん。はじめましてです。ファン登録までありがとうございますです。

ここまでたどりつくだけでもすごく大変だったろうと思います。今だって、ああゆう本当に(僕も全く同感ですが)迷惑な状況の中ではすごく大変だろうと思います。それでもこうやって前に進み続けている・・・スゴいです。初対面ですが僕はあなたにエールを贈ります。ガンバレ・ガンバレ・ナ・イ・ショ・さ・ん〜!!!(≧ω≦)b

僕からの応援として一つ、記事を紹介するです。気に入ってくれるとうれしいです。

http://blogs.yahoo.co.jp/satokhj/50281383.html

2007/12/23(日) 午前 2:25 Dr.Watson 返信する

顔アイコン

「り」のナイショさん。お役に立てたのであれば光栄です。

で・・・あ、そうなのですね〜。僕も結構好きでしたよ。ストレートだけど優しくて不器用で・・・そんなところが良かったですね。

うん。こんなブログでよろしかったら、これからもヨロシクで〜す♪

2008/1/5(土) 午後 5:32 Dr.Watson 返信する

顔アイコン

治療と言う名の調理。。

塩と砂糖の按配なのかもしれませんね。。

2008/1/29(火) 午後 5:05 [ ヤナ・ヤヌー ] 返信する

顔アイコン

yanayanayanuさん。うん。その按配がとても難しくて・・・正直、未だに僕はイネブラーな精神科医です。なんともはや・・・

2008/3/2(日) 午後 11:24 Dr.Watson 返信する

顔アイコン

おおおお〜〜!!!スゴい!!スゴい!!「り」のナイショさん。

よくここまで頑張ってきましたです!!この調子です!!

グッジョブ!ナイショさん!でもって・・・うひゃひゃ。照れるです。でもアンガトです。僕もそんな風にほめてくれるものだから、とてもとても励まされているのです。どうもありがとう。本当にありがとう。これからも、もしかしたら何かのお役に立てることもあるかもしれません。もしもそうだとしたら、こんなうれしいことはないのです。これからもよろしくね♪

2008/3/4(火) 午前 1:31 Dr.Watson 返信する

顔アイコン

そうそう。それと、そんな時期もあるものです。波打ちながら、ドンブラコドンブラコと揺れながら、徐々に上昇していくものなのだから、それはそれでいいのだと思います。あ。そうそう。もしもよろしかったら、こんな記事が参考になるかもしれません。ヒマなときにでも読んでくれたらうれしいです。
http://blogs.yahoo.co.jp/satokhj/16963926.html

2008/3/4(火) 午前 1:34 Dr.Watson 返信する

顔アイコン

「り」のナイショさん。うん。そうそう。その通りです。揺れて揺られてふんわりと、自分のペースで・・・ね♪

2008/3/15(土) 午後 6:26 Dr.Watson 返信する

顔アイコン

「i」のナイショさん。僕の記事は全て、一言報告していただければ(←事後報告でも問題なしです!)どんどん転載して構わないものばかりですので、あやまっていただく必要はありません。

むしろ僕のような依存症が苦手なダメ精神科医のダメな記事を認めていただき、そして転載していただき、本当にありがとうございました。ナイショさんの回復とその継続を心よりお祈りいたします。

2010/1/3(日) 午後 6:47 Dr.Watson 返信する

顔アイコン

ご無沙汰してます。。

2010/1/3(日) 午後 8:05 [ ヤナ・ヤヌー ] 返信する

顔アイコン

ヤナ・ヤヌーさん。ホントですね。お久しぶりです。今年もよろしくお願いします♪

2010/1/3(日) 午後 9:22 Dr.Watson 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事