ここから本文です
自転車で小さな旅
旅をコンセプトとするサイクリングガイド

書庫全体表示

1月7日

サイクリングのネタに建造物を見て回るのが好きだ。
大きい物や古い物、珍しい物ならなおいい。
三重県の三岐鉄道北勢線は1914年開設の西桑名ー阿下喜間を走る日本でも珍しい軽便鉄道だ。
レールの幅がJRなどの1067ミリの狭軌ではなく、762ミリの特殊狭軌の路線を走るカワイイ車両が見れる。


開設当時の楚原駅からスタート
麻生田駅間にある六把野井水拱橋(ろっぱのいすいきょうきょう)はコンクリートの斜橋で珍しい作り方をしている。近代土木遺産だ。

イメージ 10

近くの明智川拱橋は通称めがね橋 これも土木遺産。

イメージ 9

線路に出来るだけ沿って走る。
車両は幅が狭い。

イメージ 11

桑名に近づくと北勢線はJR関西線と近鉄名古屋線を跨ぐ。
車内が気になるので軽便鉄道に乗ってみるのも面白そうだ。

イメージ 8

桑名市街を散策
東海道五十三宿の桑名宿から名古屋の宮宿までは海路だ。
船着き場だった七里の渡し。

イメージ 7

ハマグリも有名だが鋳物の産地でもある。
春日神社の鳥居は1653年の青銅製。
横の『迷い児石』が面白い。子供が迷子になると、石の左の『たづぬるかた』側に紙を貼る。迷子を見つけた人は右の『おしゆるかた』側に情報を貼るのだ。

イメージ 6

桑名から四日市市に向かうが、いいウラ道が見つけられず、国道23号線 名四国道を走るが、交通量が多く路肩も悪く走りにくい。

富田で昼食に立ち寄ったのは『ひもの食堂』さん。
500〜1000円の干物を選んで、350円プラスすると定食にしてくれる。

イメージ 5

四日市のイメージは三重県最大の都市、中京工業地帯、高度成長期の四日市ぜんそく・・・
余りサイクリングのネタにはなりそうもないが、明治時代に造られた旧四日市港に残る潮吹き堤防は見てみたかった。
治水の父ヨハニス・デ・レーケ先生の考案だとか。

イメージ 4

千歳運河を渡る臨港線の末広橋梁は国内で唯一現役の跳開式可動鉄道橋梁だ。
今も三岐鉄道三岐線で運ばれる太平洋セメントの貨物列車が通る度に橋が跳ね上げられる。
平日は常時上がっており休日は下がっているそうで、上がっている所が見れなくて残念。

イメージ 1

帰路は三岐鉄道のもう一つの路線である三岐線。
※こちらは1067ミリの狭軌路線。同じ鉄道会社でも2つの線路幅を持つのも珍しい。
路線の富田ー西藤原間の内、休日は大矢知ー西藤原は自転車無料のサイクルトレインがあるので利用する。
切符も硬券でベテランの駅員さんがパチンを鋏を入れてくれた。

イメージ 2


イメージ 3

いいねをポチっとお願いします。
イメージ 1


ルートラボ 約50キロ走行





この記事に

  • 千歳運河確か直ぐ近くに車道用の跳ね橋も在ったでしょ !

    滋賀のサイクリストです

    2018/1/11(木) 午後 9:57

    返信する
  • 顔アイコン

    > 滋賀のサイクリストですさん
    臨港橋ですね。
    平日に2つの橋が上がってる風景を見てみたいと思いました。
    石榑トンネルが出来て員弁お近くなりましたね。

    [ にも ]

    2018/1/11(木) 午後 10:07

    返信する
  • 顔アイコン

    六把野井水拱橋、末広橋梁いいですね。
    六把野井水拱橋はねじれてるんですか?

    [ スミだんな ]

    2018/1/11(木) 午後 10:29

    返信する
  • 顔アイコン

    > スミだんなさん
    立ち眩みするほどねじねじになっております。
    レンガじゃないのが残念ですけどね。

    珍しい路線なので撮りてっちゃんが沢山おられます。

    [ にも ]

    2018/1/11(木) 午後 10:49

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事