ここから本文です
自転車で小さな旅
旅をコンセプトとするサイクリングガイド

書庫全体表示

6月17日

梅雨の時期の花ならアジサイだろう。
和歌山からの近場なら有田市糸我の仁平寺(にんぺいじ)がいいと教えてもらう。

イメージ 1

山の谷合にいろんな種類と色のアジサイが咲いていて見応えがある。

イメージ 2


アジサイの事は"土の成分で色が決まる"とか"密度が高いと育たない"とかの知識だったけど、ここではそんな事はないので間違った知識だったのかな?

イメージ 9


同じ糸我集落の糸我稲荷神社には楠の巨木がある。
樹高25m、樹齢500年以上だそうだ。
かつては境内の四隅に有ったそうだが、今は三本が残っている。


イメージ 3

糸我稲荷神社に隣接する「くまの古道歴史民俗資料館」から女性のハイカーグループが出てきて、熊野古道を糸我峠に向かって歩いて行った。
古道を示す『すぐ熊の道』の石道標。

イメージ 4

湯浅の巨木・神木ポイント2ヶ所を回る。
顕国神社(けんこくじんじゃ)のアラカシは御神木。
アラカシって知らん?と思ったが、どんぐりの木の事ね。

イメージ 5


深専寺(じんせんじ)
1854年の安政東海地震での津波被害の経験から、門の横に『津波の心得』の石碑が残っている。
イブキ(ビャクシン)のねじれが見事だ。
(帰ってから分かったが、深専寺の巨木ポイントはこのイブキではなくて、本堂奥の樹高30m、樹齢300年の楠だった)

イメージ 6


いい天気だし、風も気持ちいい。
お昼はどこかの日陰で食べようと弁当を買ったので、最近できた観光センターのテーブルをお借りする。

イメージ 7


梅雨の合間の晴れの日。
天気予報も変わりがちで、サイクリングの予定は立てにくいけど、『夏を待つ季節』と思えばキライじゃない。

イメージ 8

いいねをポチっとお願いします
イメージ 1


ルートラボ 70キロ走行




この記事に

  • 顔アイコン

    仁平寺の山号に食いつきました。
    有田YHで真砂さんというサイクリストと同宿でした。
    オイラより2、3コ上で、西サ出身だったと記憶しています。

    [ スミだんな ]

    2018/6/21(木) 午後 11:17

    返信する
  • 顔アイコン

    > スミだんなさん
    食い付きが全く新しく変わった角度からで驚きです。

    有田川の真砂土に関係あるとか?

    ちなみに、有田YHってまだありますよ。

    [ にも ]

    2018/6/21(木) 午後 11:29

    返信する
  • 顔アイコン

    え〜っと、なんていったかな、田辺の非公認YH。強烈なオババがペアレントで、確か「北条政子」さんやったかな。ウソのようなホントの話。
    潮岬YHのヘルパーさんから紹介されて宿泊はオイラ一人だったから、夜遅くまで話してたなぁ。
    いろいろと人生訓を教えていただきました。

    [ スミだんな ]

    2018/6/22(金) 午前 0:22

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事