与論高校野球部のハンデ

高校野球鹿児島県予選が始まっている。鹿児島県は離島が多く、 そこから出場するチームは負担が大変だ。マスコミなども離島から 出場するチームに焦点をあてて取り上げることも多い。  そして奄美はすべてのチームが離島だ。大会のために一度、本 土に上ると最後まで宿泊生活を送らなければならない。一週間ぐ らい前に朝日新聞で与論高校野球部のことを取り上げていたので 紹介したい。  与論高校は鹿児島最南端で県内で本土から最も遠い。地元には 他に高校がないので、対外試合をする時は島外に出なければなら ない。本土から遠いので、与論島で対外試合をすることはほどんど ない。  だから島民の人たちも与論高校の試合を見たことはほとんどない。 昨年、東東京でベスト4ますべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

先週、平野官房長官が2回に渡って鹿児島に来訪した。目的は米軍 基地移設問題のことで、徳之島の関係者と話し合うためである。一回 は議員らと、もう一回は農業関係者や経済人らと会談を持った。本来 は首長を交えて話し合いたかったようだが、彼等は一切話し合う必要 がないという立場なので、それはできなかった。  官房長官といえば ...すべて表示すべて表示

 徳之島町議の一部が米軍基地移設問題で平野官房長官と鹿児島 市で会談して、その内容が明らかになった。当初は基地賛成派の議 員8人と会談すると伝えられていたが、当人たちは賛成派ではないと と述べ、また面談したのは5人だったようだ。  それによると政府側は500人規模のヘリ部隊の受け入れを要請し たという。そして九州などの ...すべて表示すべて表示

 徳之島三町長は連休明けの早々の7日、上京して鳩山首相と会談 をした。米軍普天間基地移設についての話し合いである。しかし決裂 することは、始めから分かっていた。それでもマスコミは筋書き通りの 内容を大々的に報じた。首相官邸には、あふれそうなマスコミ関係者 の姿があり、徳之島一行の一挙一投足を追っていた。  この日の日本 ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事