ここから本文です

Satolyartworld

ブログ始めました!

書庫日記

記事検索
検索

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]

Satolyart world展を名古屋で開催是非名古屋の皆さん来て下さーい
いろんな方々に知らせていただけたら幸いです
特に、名古屋近辺の方にお知り合いがいたら、よろしくお願い申し上げます



イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5










場所
名古屋栄三越
7階特別画廊
【愛知県名古屋市中区栄3丁目5−1】

時間
5/1日から7日まで
10時から20時まで
✴7日は夜17時まで

〜概要〜

視覚障がいがあっても楽しめるアート展。【触れる作品とさわれない作品があります。】

作品に点字や手話が、隠れていてます。なんて描いてあるか、クイズに正解すると、オリジナルグッズをプレゼント!!


【ワークショップは、13時から15時位まで】

satolyです

今私は、沖縄国際映画祭で沖縄にいます。

4月はなんと、初中国
中国青島に行ってきました

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4



中国青島でワークショップを開催し、次は、マカオに行きました^_^

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7




マカオでのワークショップが終わり次は、台湾

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12



台湾でのワークショップは、今年で3年目



今回台湾ではたくさん学びました。
障がいがあっても、子供のできることを見つけるために、たくさんチャレンジさせる!台湾は障がいがあっても習い事している子供たちが多いです
素敵だなぁと感じました


来年も開催できるようにみなさん応援よろしくお願い申し上げます。

Satolyの2月の思い。

よしもとクリエイティブエージェンシーのアーティストSatolyです。
旭川などで2月は、ワークショップを開催旭川盲学校や東川養護学校のみんなと、モコモコアートをしましたぁ
また、ロービジョンの方々のツアーに参加し、旭山動物園を楽しんできました

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6



そして、地元の保育園の先生達42名にもSatoly講演&モコモコワークショップしました

私の活動を通して、私が感じたことは、丸の中に入れない子供達を心配する日本。
丸の中にいる子供達に個性がないから、心配する海外。

関わる環境や大人達で大きく変わる子供達に、大人はどんな関わりをしますか?

私は、子供達の学ぶ教育の環境は日本は選択する道が増えたと思います。

でも、それにまだまだ社会は追いついていないと感じてます。

難しい。難しい。難しい。

何か踏み出さなきゃ変わらないんです。

そして子供達が生きる未来の道は大人が作り、その道は子供達が歩んでいく。

ならばその道は、しっかり責任持って、未来に花を咲かせるような、道じゃないと笑顔の花は咲かないと思います。


たくさん伝えたいことは、ありますが、心にちょっと納めて、次回また語ります


私の関わった子供達にまた必ず会えますように

いつも応援してくださる、人生の先輩達、よしもとの皆様、昔から応援してくれているSatolyのファンの皆様、本当にありがとうございます

TV出演情報^_^

北海道のNHKさんの「ひるまえなまら」という番組に、1/31日11時40分から出演します。
国家が、延長になれば、延期されますがみなさんよかったら、見てください

Satolyは、一月は静岡で個展したり、地元のバードフェスや母校や、保育園でワークショップを開催しておりました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8



2月もワークショップ頑張ります

今年も、よろしくお願い申し上げます。
新年からたくさんのちびっこ達と絵を描いていました

イメージ 3






たくさんの方に応援していただき、本当に感謝です。2019年、私が頑張りたいことは、【育成】です


1/16日から22日まで静岡松坂屋さんにて、Satoly art world展開催してます。

イメージ 7



19、20は、ワークショップも開催。是非是非皆さん来ていただけたら幸いです


イメージ 1

イメージ 2



海外などを回らせていただき、いろんな国でワークショップ開催してきましたが、丸の中に入っていない子供は障がい。
丸の中にいる子は障がいがないという考え方が日本だとするならば、海外は丸の中に入っている子供達には、個性がない、自分らしくない、自分を持っていないと言われることが多い気がしました




また、東南アジアに行くと、読み書きできる子の方が少ない地域もあり、日本では読み書きできないと障がいと言われることもありますが、東南アジアでは、障がいとは言われないですよね。

つまり障がいは、環境や社会が作り上げるものだと感じました。


日本は、教育に関しては、柔軟性がたくさんある場所も多いように感じます。

例えば、読み書きできなければ個別に教えている学校もあるとおもいます。

しかし社会に出るとどうでしょうか?

職業訓練の場所が決して多いわけではないし、アートが好きだからと言っても、アートを活かせる職場がなかったり、田舎に行けば仕事すらなかったり。


国の障がい者雇用改ざんなど、2018年は色々あったように感じます。

私は障がいがあるから、田舎生まれだから、貧乏だからとかじゃなく同じように選択できる道がもっとあれば良いと感じます。

養護学校に行くと高卒資格がもらえないため大学に行けなかったり、さまざま問題があるように感じます。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6




必死に努力して、スキルを身につけるこれはどんな職業にも大切なことだと思います。

社会の中に自分の居場所を見つけられる、自分が得意なものを学びたいと思い努力する、そんな場所があると良いなと、考えてました。


2019年は、企業さん達にCSRを一緒にやりましょうと、たくさん声をかけて仲間を増やしていきたいです



皆さん応援よろしくお願い申し上げます。

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事