Cocktail & Petite Cuisine さと

本日のお言葉:長い間、ありがとうございました。皆様のご多幸をお祈りいたします。

全体表示

[ リスト ]

蛤の桜汁

イメージ 1

3日の晩は、やぱ、なんとなく、蛤の潮汁ですが、
ウチでは、飾りの桜の塩漬けで味もつけちゃいますので、
「蛤の桜汁」と呼んでおきます。。

普通に桜を戻して、水気を絞っちゃうより、
桜の香りが濃厚なのです。


桜の塩漬けは、軽くはたいて多すぎる塩を落とし、
水につけて戻しておきます。
あとで、戻し汁ごとお鍋に入れます。

蛤は洗って砂を吐かせておきます。

お鍋に水、だし昆布、蛤を入れて火にかけ、
沸騰直前に昆布を取り出します。
浮いてきた泡は掬い取ります。

蛤が口を開けたら取り出しておきます。
煮過ぎると硬くなって美味しくありません。

残った汁は目の細かいアク取り用の網で綺麗にするか、
布巾等で濾します。
濾す場合は、コーヒードリップ用の紙フィルターを使うと楽です。

濾した汁は再びお鍋にかけ、桜を戻し汁ごと投入し、
味が薄いようなら塩、
桜が物足りないようなら桜の塩漬けを加えます。
このとき、少し置いてから味見をしないと、
桜の内部にしみこんだ塩分が出きらないので注意が必要です。

蛤をお鍋に戻し、
香り付けの醤油をほんの少し。

全体が温まったらお椀によそい、
茹でた菜の花を添えて出来上がりです。


春の香りがしますヨ。。

閉じる コメント(2)

春の香りにつられて来ましたw蛤だいすき♡ですw桜の塩漬けってものを食べたことがないので、今度やってみますw

2006/3/6(月) 午後 6:27 [ - ]

ねんねさん、桜の香りって好き嫌いがあるので、とりあえず「桜湯」でお試しください。「桜湯」って銭湯の名前みたいだ。買うと結構高いので、今年は、ふふふ、お花見直前に花を仕入れて(謎)、自分で塩漬けにしたいと思います。あははは。

2006/3/6(月) 午後 9:03 聡美姐


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事