離島は身近な非日常

小さな島への旅、これは私の楽しみ 離島マニアの方々から見ればささやかなではありますが、私もいくつかの島へ行ったことがあります 礼文島・利尻島、南大東島・北大東島、与那国島、硫黄島(東京都) 島の楽しみは私の日常にはない、別の時間が流れていること 日常とは別の世界にいかれること 旅の楽しみって、そもそも日常から離れられることですよね 離島ではその楽しみがばっちり味わえる しかも外国よりずっと身近、 距離も近いし日本語も通じる 外国で味わうのと同じ非日常感が 離島では手軽に手に入る 島の人はよく言う「島には何もない」と でも都会の私から見ると何もないのではない 私の日常にはないものがふんだんにあるのだ …空、星、海、雲、山、ゆったり感 …島の人の言葉すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

お手本をそのままなぞって わかるわからぬ構わず とにかくなぞって 松山鏡仕上げました 文楽(先代)のを聞いて聞いて身体に入れて そのまま、出来るだけそのままなぞって… 習ってる時にもいろいろわかった ...すべて表示すべて表示

前座噺があるように トリネタってのがあるように もしかしたら“ひざネタ”というのもあるのかもしれない 今日六人の仲間とやった落語会の最後に普段の袴喋って感じました “ひざネタ”なんて用語はないんでしょうが ...すべて表示すべて表示

感心芸を持とう

2018/6/28(木) 午前 7:24

感心芸を持とう 感心芸は頼もしい武器になる 先日デイサービスで余興落語やったときに 山手線一周の駅名を早口でまくし立てたら拍手がきました 「すごーい」って感心してくれました プロの噺家さんに聞いたら こう ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事