無心

平凡な毎日に○あげよう!

全体表示

[ リスト ]

題名につられて読んだのですが、根岸教授の言われることは至極まともで、科学者・研究者の本来あるべき姿を教えてくれるようです。
以下、週刊現代5月21日号より。
 
原発は止めるべきです
 
「原発に頼ることを、この先はやめるべきです」
 講演のために訪れたというアトランタのホテルのロビーで、2010年にノーベル化学賞を受賞したバデュー大学特別教授の根岸英一氏(75)は、静かに語りだした。
「いったん、福島第一原発のような事故が起きてしまうと、そう簡単には解決できません。また放射性物質漏れのようなことがあった場合に私たちがしなければならない心配事が多すぎます。しかも原発がある限りそれから逃れることができない。それだけ人を悩ませる原発に頼るのはおかしいでしょう。
 電力不足になってしまうから、すぐにはできませんが、原発は止めなければなりません。たしかにフランスのようにエネルギー源の約8割を原発によって確保している国もありますが、日本とは環境が違います。フランスではめったに地震が起こらない。日仏両国を 同じレベルで考えることはできないのです。
 いまより原発を増やすことは絶対に反対します。結果的に何十年かかるかわかりませんが、原発は減らしていくべきでしょう」
 
 科学者として、原発の抱える最大の問題点はやはり安全面にあると考えているという。
 
「兵器にもなるし、エネルギー源にもなるので、諸刃の剣です。原子力を使うときの一番の問題は、大きなリスクがあるということ。いままではこれといった産業がない町の住民が言いくるめられて、原発の建設を容認させられてきましたが、それを続けていいものかどうか。電力会社は、1回、2回は説得に失敗しても、3回目には認めさせて原発を造ってきたのではないでしょうか。
 地域としては、経済的な理由で背に腹替えられなくてやむを得ず容認してきたのでしょうが、これをそのまま続けてもいいのか、真剣に考えなければならない時期を迎えていると思います」
 
 311日、地震が起きたとき、根岸氏は自宅のあるインディアナ州ウェストラファイエットではなく、横浜のベイシェラトンホテルにいたという。
「母校の(神奈川県立)湘南高校の同窓会をやっていた」ためだ。「かなりの揺れを体験した」わけだか、今回の福島第一原発の事故は天災によるものではなく、「人災」と捉えている。
「原発の立地をみてみると、想定が甘い。つまりこの事故は人災と言われても仕方ないでしょう。定められた安全基準が明らかに甘かったことは確かです。そして原発では今回だけでなく、過去にもいろいろ事故が起きています。そのこと自体が問題です。
 さらに原発ではどう処理しても高レベル放射性廃棄物が残ってしまう。にもかかわらず、そのまま動かし続けていることもおかしいと思います」
 
 だか日本のエネルギー供給量のうち、約3割が原子力によって支えられているという現実がある。そして、東日本大震災によって、東北地方と茨城県にある合計15基の原発がいまも停止しており、この夏には電力供給量が不足することが見込まれ、さまざまな形で「節電」が求められている。
 根岸氏は、これからのエネルギー供給に関して考えるときには、発想の転換が必要で、節電には賛成できないと話す。
 
「今年の夏については緊急で仕方のないことかもしれませんが、節電をすることを前提に電力について議論することは本質的に反対です。節電はあまりに消極的な姿勢だと思います。
 消費電力が小さくても同じ明るさが維持できる電球を作る──これは節電ではなく、技術の進歩です。できるだけ電力を使わないようにしようというのではなく、技術革新の方向に向かうべきでしょう。
 個人レベルの節電への努力も必要かもしれませんが、それに頼るのは誤りだと思います。電化製品もどんどん進歩するでしょうから、それを前提に電力消費について考えるべきです。もっと正攻法で解決法を探したほうがいい」
 
まず減らしましょう
 根岸氏は「節電」を続けるより、日本が誇る技術力によって、従来の商品より消費電力量の少ない新たな商品を作り出したり。代替エネルギーの開発を急ピッチで進めたりするべきだと主張しているのだ。根岸氏がさらに具体的に説明する。
 
「原子力に替わるものとして太陽光、風力、波力、地熱、バイオマスなどに可能性があると思います。風力はアメリカでも比重が増えてきていますが、ドイツではすでに総電力の5%を占めるところまで伸びています。
 日本の場合は面積が限られているので、平野に造るのは難しいでしょうから、丘陵地に建設するのがよいかもしれません。ただ景観を損ねるとか、維持費がかかるとか、いくつかの問題も指摘されています。
 そんな点も含めて私がもうひとつ注目しているのは波力発電です。ただ、いまだに波の力を電力に替えることができていません。かなり前からなぜそれが実現できないのか、不思議に思っていました。これはエンジニアの責任です。もうすぐ実験段階に入ると聞きましたが、とっくに実用化されていてもおかしくなかったと感じています」
 
 原子力に頼らない社会を実現するために、根岸氏が日本で実施するべきだと考えているのは、「スマートグリッド」だ。これは新しい機能をもつ電力網のことで、ITを活用して一定の地域内の電力の需給バランスの最適化やコストの最小化を実現するもの。根岸氏によればすでにアメリカではいくつかの地域で導入されているという。
 
「たとえばコロラド州ボルダーもそのひとつ。ここではそれぞれの家に太陽光発電のシステムを設置させて、これをコンピューターで制御して需給バランスを調整しているのです。実はボルダーで使われている技術は、日本のもの。だから日本でもこの方法を地域ごとに導入すればいいと思います。これが実現すると東電などの電力会社の利益は減ることになるかもしれません。でもそれは仕方ないことでしょう」
 
 こうした新しい技術、システムを使って、日本は脱原発を進めていくべきだと、根岸氏は話す。
 
「いま日本は総電力量の約30%を原子力によって確保しています。まずこれを25%にすることを目標にして、次は20%と段階的に減らしていくべきです。その際、政府内に総合的に電力需給を見る機関を立ち上げ、地域ごとにたとえばここは太陽光、ここは波力と土地の特性を生かすことを考えたらよいでしょう」
 
科学者の責任
 根岸氏自身が現在、取り組んでいるのは、「人口光合成」の研究である。これは、ノーベル賞を受賞したクロスカップリング反応でも使われる「特殊な金属触媒」を利用して、二酸化炭素から食料(米や麦など)や燃料(エタノールなど)を作り出すというものだ。これが実用化されれば、温暖化対策になるだけでなく、食糧問題やエネルギー問題の解決にも貢献することになるだろう。研究の進み具合について、根岸氏はこう説明する。
 
「この時点で、明確にあと何年でエネルギー源として利用できると言える段階ではありませんが、可能性のひとつとして考えていいと思います。この6月には日本で人口光合成の研究者たちが集まる会議を開く予定です。福島原発の事故発生により、結果的にこの研究への関心はかなり高まってきています」
 
 今回の事故は、アメリカを始め世界中でここ数年続いていた「原子力ルネッサンスと呼ばれる原子力見直しの流れに水を差すこととなった。原発建設のラッシュを止めてしまったのだ。この点においても福島原発の事故は「地球規模」の事故と位置づけられる。根岸氏はそのことに対する日本の責任についてはどう考えているのか。
 
「私は原発を減らすべきだと主張している立場なので、原発建設ラッシュを止めたことに日本が責任を感じる必要はないと思います。原子力ルネッサンスが終わったこと自体はいいことですから」
 
 ただ日本にも反省すべきところがあると指摘する。
 
「日本のエネルギー政策がどこで間違えたか考えたことはありませんが、科学者やエンジニアが原発だけでなく、もっと他のエネルギーについて研究すべきだったと思います」
 
 最近アメリカでも原発について聞かれることが多くなったという根岸氏は、日本の学者たちにも注文を付ける。
 
「東大の教授は東電に買収されています。そうすると公平にものを言えなくなる。だから、絶対に買収されてはいけません。私は買収されていないから、どこでも何に対しても自由に発言できるのです」
 
 そして最後に自分たち科学者がいまやるべきことをこう示した。
 
「原発は減らしていかねばなりません。そのための科学者やエンジニアの努力はまだ足りないような気がします。だから、原子力に替わる危険ではない代替エネルギーの開発にもっと真剣に取り組むべきです。そうすれば必ず新しい何かをみつけられると、私は信じています」
 
 
                      ・・・以上・・・
 
 
科学者・研究者が本来の役割を放棄してきた結果、歪んだ原発神話を産み、悲惨な事故を起す結果になってしまったのではないだろうか。
 
根岸教授はペンシルベニア大学へ留学して、1963年に同大学の理学博士を取得、その後日本の大学での勤務を希望していたものの職場が見つからず、米国の大学で研究を続けられたようです。日本の大学では、本当に自由な研究を行なおうとする人間は受け入れられないということなのではないでしょうか。
 
買収されて公平にものを言えなくなっても平気な人たちは、科学者、研究者として希望ある人類の進歩へ貢献しようとする姿勢も失ってしまうのでしょう。
 
当たり前のことですが、買収などされず、誰に対しても自由に発言できる意欲ある研究者が存在できる大学になってもらいたいものです。

この記事に

閉じる コメント(6)

顔アイコン

「個人レベルの節電も必要かもしれないが、それに頼るのは誤り。電化製品もどんどん進歩するという前提に電力消費について考えるべき。もっと正攻法で解決法を探したほうがいい」
さすが研究者の言葉です。

節電は心がけるつもりですが、技術の面でも改革を起こして欲しいと思います。
原子力に頼らない社会の実現。とても説得力のある根岸さんの主張でした。

2011/5/13(金) 午後 7:05 alf's mom 返信する

alfmomさん、ありがとうございます。

よく外国で評価されても日本では認めてもらえない、と様々な分野で言われますが、科学の分野でも東大などのアカデミズムが権威を盾に技術の進歩を妨げてきたのだと思います。
根岸さん位の世代はまだノーベル賞レベルの人達が出ていますが、今後日本人が受賞するのは難しいのでは、とも聞いています。
脱原発に向かうための技術の進歩、そのために自由な研究を保証してくれるような環境が日本にも整備されれば、と思いますが、東大信仰に基づく受験社会からの離脱がまず必要なのかも知れません(^^)

2011/5/13(金) 午後 8:35 [ mushin1967 ] 返信する

顔アイコン

原発技術だけでない。法学部、経済学部もほぼやられてる。

2011/5/14(土) 午前 0:23 [ 櫻(N) ] 返信する

櫻さん、おはようございます
櫻さんが初めてくれたコメントを思いだします。腐敗した教育研究機関を始めとした利権集団が、司法始め日本の上層を覆っているのでしょうね。
原発事故によって、その構造が国民に可視化されました。妥協なき闘いのみが改革を可能とするのだと思います(^^)

2011/5/14(土) 午前 9:04 [ mushin1967 ] 返信する

顔アイコン

こんにちは。先日リニア計画の件でコメントを差し出したものです。

先日はリニア中央新幹線答申案に意見(パブリックコメント)を提出していただきまして、ありがとうございました。
せっかく意見を出していただいたのですが、答申の内容は新聞などで報道されましたように「南アルプスルートで早期着工・開業を目指す」となっています。

ところが、全く報じられていないのですが、パブリックコメントの結果は7割が反対・計画見直しを求める意見で占められており、早期開業を求める声や南アルプスルートを求める意見は3割しかなく、その数自体が前回と比べて大きく減少しています(私のブログに表とURLを掲載しています)。

したがって、世論を完全に無視して早期着工にこじつけるという悪しき公共事業の典型例となっています。せっかく浜岡原発停止が決定したばかりだというのに、何の意味もありません!

審議会が完全に御用学者となっているのも、原発ムラと同じ構図です。原発ムラの一部かも?

これからさらに多くの問題が噴出してくるかと思います。今後もこの問題に関心をもっていただけますよう、よろしくお願い申し上げます

2011/5/14(土) 午前 10:48 [ kabochadaisuki ] 返信する

kabochadaisukiさん、先日ニュースで知ったのですが、残念な結果でした。

自民党時代のヤラセのタウンミーティングと同じで、国民から意見を募集したという形が欲しかったのでしょうね。
既製事実の積み重ねが大事なのづしょうね。委員長はやはり東大教授のようですが、電気の需要量の数字も本当なのか怪しいですね!
国民主権、国民参加、が実質的に行われる仕組みが出来れば良いのですが。
いずれにせよリニアと浜岡再開はセットなのでしょうから、より大きな声を上げていきたいですね(^^)

2011/5/14(土) 午後 0:18 [ mushin1967 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事