無心

平凡な毎日に○あげよう!

全体表示

[ リスト ]

まさか原爆が「平和の閃光」とは・・・かくも情報統制されやすい日本社会?!
以下、東京新聞筆洗様より。
 
 
                                                          2013年8月6日
 
 ♪ピカッと光った原子のたまにヨイヤサー、飛んで上って平和の鳩よ…。一九四七年八月六日、つまり人類初の原子爆弾投下から丸二年たった日、広島市中心部では「平和音頭」にあわせて人々が通りを練り歩いたそうだ
 
 戦争体験がどう語られてきたかを検証した『焦土の記憶』(福間良明著、新曜社)によると、四六年八月六日の地元紙一面には「けふぞ巡り来ぬ平和の閃光(せんこう)」「広島市の爆撃こそ原子時代の誕生日」との見出しが掲げられた
 
 八月六日がまるで「祝祭」のような色を帯びていた背景には、連合国軍総司令部(GHQ)の情報統制がある。人々と街を焼き尽くした原爆は、戦争を早期終結させた「平和の閃光」とされたのだ
 
 広島に原爆が投下された三日後に現地入りした弊社の先輩記者に、話を聞いたことがある。原爆ドームの写真は一応撮ったが、目に入る被爆者にはレンズを向けもしなかったという
 
 「どうせ検閲で載せられない。そんなものを撮るため貴重なフィルムを無駄には使えない」。戦時中の情報統制下にあった記者には、そういう自己規制の心理が働いていたのだ
 
 権力者が情報を統制し、報道に関わる者が力に巻き取られれば、どんな大惨劇でも真相は隠されて、あたかもそれが「祝うべきこと」のようにすら伝えられる。八月六日は、そんなことを、改めて考えさせる日でもある。
 

閉じる コメント(2)

顔アイコン

この記事のタイトルだけを見たときは
意味が分かりませんでした。
読んでも、信じられない思いです。

これだけの悲劇が起こったのに、
「権力者が情報を統制し、報道に関わる者が力に巻き取られれば、どんな大惨劇でも真相は隠されて、あたかもそれが『祝うべきこと』のようにすら伝えられる」…
一瞬にして14万人ほどの人々の命をこの世から消してしまった悲惨な出来事。

何が「平和の閃光」でしょう…
酷すぎます。

2013/8/6(火) 午後 9:09 alf's mom

顔アイコン

alf's momさん、おはようございます。

私も、初めて知りました。
原爆投下に関しては、米軍内ではさすがに反対の声が多かったと言いますが、それが、投下後のGHQのこのような言論統制に繋がったのかも知れません。それにしても、マスコミが伝えなければ、何も本当のことがわからない日本の状況は、いつまでたっても変わらないようで、それが一番の問題なのでしょう。

2013/8/7(水) 午前 6:38 [ mushin1967 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事