ここから本文です
続・真理のひとり言
バント野球撲滅運動家として活動中♪

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

今日は7月1日というわけで、2012年も半分が過ぎました。
 
そこで恒例の、独断と偏見で選ぶ!〜「真理のスポーツ大賞」〜
 
途中経過、上半期編です。
 
イメージ 1
 
最優秀選手(MVP)  ダルビッシュ有 (野球)
 
やっぱりダルはダルだった!
メジャーでも15試合登板で10勝の大活躍。
野茂以来のオールスター先発も?!
 
イメージ 2
 
殊勲賞  香川真司 (サッカー)
 
なんと名門マンチェスター・ユナイテッドFCに移籍!
 
イメージ 3
 
敢闘賞  錦織圭 (テニス)
 
堂々の世界トップ20入り!
昨日のウインブルドン3回戦敗退は残念・・・
 
イメージ 4
 
技能賞  内村航平 (体操)
 
ロンドン五輪では、全ての競技で金メダルに最も近い男?!
 
イメージ 5
 
新人賞  田中理恵 (体操)
 
超遅咲きの全日本初優勝と五輪初出場!
25歳のベテランだけど・・・私の「独断と偏見」ですから(笑)
 
イメージ 6
 
大衆賞  中畑清 (野球・監督)
 
春のキャンプからスポーツ紙1面登場を連発の絶好調!
でも、チームはあいかわらずの絶不調。
そして、ここへきて巨人・原監督絡みのスキャンダルに・・・
本当だったら落選さすよ・・・“暫定受賞”ということで(笑)
 
イメージ 7
 
功労賞  山本昌 (野球)
 
私と同学年で今年47歳。
素晴らしい!
 
イメージ 8
 
最高試合賞(ベストバウト)  井岡一翔VS八重樫東 (ボクシング)
 
日本人初のWBA・WBC世界統一タイトルマッチは期待以上の激闘に!
両選手とも素晴らしい戦いでした!!
 
イメージ 9
 
ベストパフォーマンス賞  杉内俊哉 (野球)
 
あとひとり、あと1球で“完全試合”を逃す!
それでもノーヒット・ノーランの快投。
 
 
いかがでしたでしょうか?
今年はオリンピック・イヤーですからネ
後半はオリンピック選手が「真理のスポーツ大賞」を独占するような
日本選手の活躍を期待しています!
 
 
 
※第3回 真理のスポーツ大賞2011
 
※真理のスポーツ大賞2011・上半期
 
※第2回 真理のスポーツ大賞2010
 
※真理のスポーツ大賞2010・上半期
 
※第1回 真理のスポーツ大賞2009
 
 

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事