ここから本文です
続・真理のひとり言
バント野球撲滅運動家として活動中♪

書庫真理の「なんでも番付」

記事検索
検索
実は、今日で仕事納めなんです。

そんなわけで、独断と偏見で選ぶ 「真理のスポーツ大賞」

第8回ですか・・・ホント、無駄に長くやってます(苦笑)

イメージ 1


◯最優秀選手賞(MVP)◯ 大谷翔平 〜野球

今年はバッティングが飛躍的に成長を遂げましたね。
この男は、どこまで我々を驚かせれば気がすむのか。

イメージ 3


◯殊勲賞◯ 筒香嘉智 〜野球

後半戦の信じられない猛打で本塁打王と打点王の二冠を獲得。
神宮球場の生・筒香はホントに恐ろしいバッターでした。

イメージ 4


◯敢闘賞◯ 山田哲人 〜野球

一時は夢の四冠王を予感させたものの、二度の死球で失速。
それでも、史上初の2年連続トリプルスリーは立派。

来年も私はハッキリ言って 「山田びいき」 です♪

イメージ 5


◯技能賞◯ 内村航平 〜体操

リオ五輪で悲願の団体金メダルに輝き、個人総合も連覇。
名実共に史上最高の体操選手になりました。

イメージ 6


◯大衆賞◯ 伊調馨 〜女子レスリング

あの吉田沙保里さえも成し得なかったオリンピック4連覇。

文句なしの国民栄誉賞。

イメージ 7


◯新人賞◯ 本田真凛 〜女子フィギアスケート

世界ジュニア選手権で優勝。
本田真凛ちゃんに関しては、完全に私のえこ贔屓です(笑)

イメージ 8


◯功労賞◯ イチロー 〜野球(MLB)

ついに、メジャー通算3,000安打を達成。
日本人初の大リーグ殿堂入りも確実にしました。

ピート・ローズとの場外バトルも 「らしさ」 全開でした(笑)

イメージ 9


◯特別功労賞◯ モハメド・アリ 〜ボクシング

スポーツ界最大のヒーローが逝きました。

合掌。

イメージ 10


◯最高試合賞(ベストバウト)◯ 長谷川穂積 〜ボクシング

WBC世界スーパーバンタム級タイトルマッチ。
ウーゴ・ルイスをギブアップさせる魂の三階級制覇。

感動した!

イメージ 11


◯ベストパフォーマンス賞◯ 〜男子400Mリレーチーム

山縣亮太・飯塚翔太・桐生祥秀・ケンブリッジ飛鳥

世界を驚かせたバトンパス。
日本のオリンピック史に永遠に残る快挙だと思います。

イメージ 2


◯珍プレー賞◯ 大谷翔平 〜野球

1番ピッチャー大谷翔平の先頭打者ホームラン!

もう二度と無いでしょうね。
また、大谷がやる以外は。

イメージ 12


◯外国人大賞◯ ディー・ゴードン 〜野球(MLB)

フロリダ・マーリンズの若きエース、ホセ・フェルナンデスの事故死。
チーム全員が彼の背番号16でプレーした追悼試合で奇跡が起こる。
今季本塁打無しの親友のディー・ゴードンが涙の先頭打者ホームラン。

後に、アルコールやコカイン疑惑はありましたが
それを差し引いても、これほど泣けるシーンは無いなぁ。

イメージ 13


いかがでしたでしょうか?

ゴルフの松山英樹、水泳の萩野公介、全勝優勝の豪栄道。
最近でも、クラブW杯準優勝の鹿島アントラーズ。
山中VSモレノ、錦織VSナダル、タカマツの大逆転金メダル。
競馬界のアイドル藤田菜七子と神ってる鈴木誠也の新人賞。

今年はオリンピックイヤーということもあり大混戦。

イヤー、ホントに悩みました(笑)

グラッチェ♪

イメージ 14


そして、残念ですが・・・
今回のスポーツ大賞が最終回になると思います。

なぜなら。

来年は村田諒太が世界ミドル級チャンピオンになるから!

そしたら、約束どおり、このブログは終了しますので(笑)

※ 第1回 真理のスポーツ大賞 2009 〜長谷川穂積
http://blogs.yahoo.co.jp/satomimasamichi/10793138.html

※ 第2回 真理のスポーツ大賞 2010 〜白鵬
http://blogs.yahoo.co.jp/satomimasamichi/18340784.html

※ 第3回 真理のスポーツ大賞 2011 〜澤穂希
http://blogs.yahoo.co.jp/satomimasamichi/22131225.html

※ 第4回 真理のスポーツ大賞 2012 〜吉田沙保里
http://blogs.yahoo.co.jp/satomimasamichi/24325105.html

※ 第5回 真理のスポーツ大賞 2013 〜田中将大
http://blogs.yahoo.co.jp/satomimasamichi/25719684.html

※ 第6回 真理のスポーツ大賞 2014 〜錦織圭
http://blogs.yahoo.co.jp/satomimasamichi/26805548.html

※ 第7回 真理のスポーツ大賞 2015 〜山田哲人
http://blogs.yahoo.co.jp/satomimasamichi/27709859.html
最近は当ブログもネタが低調でして・・・

えッ!? 前からこんなもんだって?(苦笑)

そんなわけで
こういう時は 「在庫一掃〜ボツになった記事〜」

ただでさえバカバカしいブログなのに
ボツも何もねぇじゃねぇかよ!
皆さんはそうおっしゃると思うんですよ。

でも、あるんです(笑)

イメージ 1


イメージ 2


『ヤクルトの山田哲人が熊切あさ美と熱愛』

われらが山田哲人の初スキャンダル!?

お相手は、あの熊切あさ美ちゃん。

でも、あんまり大きなニュースにならなかったんでボツ(苦笑)

イメージ 3


『鮎の季節になりました』

夏は鮎が美味しい季節ですよね。
そんな中、私は子持ちのメスの鮎が好きなんですよ。

鮎を食べるならメスにかぎる♪

これを 「鮎(あーゆー)レディー」 と言います・・・

鮎釣り好きのブロ友さんのとこへコメントで試したんですが
イマイチの反応だったんで、やむなくボツに(苦笑)

イメージ 4


『みるきー卒業』

私の大好きなNMB48の不動のエース。
みるきーこと渡辺美優紀ちゃんが卒業してしまいました。

しかし、当ブログの常連さんには全く関心が無いことを
今頃になって、やっと気がついたんでボツに(苦笑)

さやみるきーは永遠やで♪

イメージ 8


『あーぽんが総選挙で25位』

NMB48のあーぽんこと沖田彩華ちゃんが
AKB48グループの総選挙で初めてのランクイン♪

ボツの理由は上に同じ(苦笑)

イメージ 5


『体操とフィギアスケートの採点』

リオ五輪の体操競技を見ていましたら。

いかに 「絶対王者」 の内村航平とはいえ
落下があると種目別の決勝にすら残れない・・・

ひとつのミスが命取りになるんですよね。
でも、これがトップクラスのスポーツの醍醐味で。

それに比べると、フィギアスケートなんかはねぇ。
何回も尻もちをついたのに優勝できちゃったりして・・・

これは、羽生君ファンの方の猛抗議に恐れをなしてボツ(苦笑)

イメージ 6


『勝負を分けたトイレ休憩』

こちらもリオ五輪から。

あの感動の錦織圭VSラファエル・ナダル

あまりに長い錦織のトイレにイラつくナダル・・・

もしや、ウ◯チ???

いやいや、オシッコを出し切ってスッキリした錦織は
試合再開すると、ナダルに強烈なサービスエース!

これを 「サービス残尿」 と言いますけども(苦笑)

グラッチェ♪

イメージ 7


『NGなしAV女優』

最近、私がハマってるBSスカパー!の低俗番組 「ダラケ!」

今回は 「NGなしAV女優ダラケ」

解説は御馴染みのトップ男優・しみけん。

「NGなし」 と言えば、まず思い浮かぶのはスカ◯ロですよね(笑)

キューバのスカ◯ロ首相・・・
あれはカストロですね(笑)

スカ◯ロ女優もトップとなるとプロ意識が凄い!
食事によって 「無臭のウ◯チをしちゃう」 らしい。

なんたって、男優に食わすわけですからね・・・

サラダ、うどん、デザート、この順番で食事をとると
全く臭くない、甘い香りのウ◯チをすることが出来る。

私、試してみたんですけど・・・
やっぱり臭かったんでボツ(苦笑)

※ 在庫一掃〜ボツになった記事〜
http://blogs.yahoo.co.jp/satomimasamichi/27608819.html

リクエストがあったものについては
あらためて記事にしたいと思います。

・・・

はい、はい、ありませんね(苦笑)
今年も早いもので、あっという間に本日で半分が過ぎます。

そこで、恒例の独断と偏見で選ぶ 『真理のスポーツ大賞・上半期』

イメージ 1


○最優秀選手賞(MVP)〜大谷翔平〜 プロ野球

防御率2.06、7勝に、打率.336、9本塁打、OPS1.078。
投手としても打者としてもトップクラスの数字を残し
ついにはDHを放棄する 「リアル二刀流」 も実現しました。

イメージ 2


○殊勲賞 〜山田哲人〜 プロ野球

昨年のトリプルスリーどころじゃあない!
なんと、打率.332、26本塁打、64打点、OPS1.144。
さらに進化した今年は、ただいま三冠王!!

イメージ 3


○敢闘賞 〜琴奨菊〜 大相撲

初場所に日本人力士として10年ぶりの優勝。
ただ、その後がいけません・・・

やっぱり、稀勢の里に期待するしかないのかなぁ。

イメージ 4


○技能賞 〜内村航平〜 体操

全日本選手権で9連覇を達成!
オリンピックも金メダルは間違いなし!

イメージ 5


○新人賞 〜本田真凜〜 フィギュアスケート

世界ジュニア選手権で見事な金メダル!
人気子役の本田望結ちゃんのお姉さんですね。

選考理由は完全に個人的な趣味で可愛いから(笑)

イメージ 6


○大衆賞 〜藤田菜七子〜 競馬

今年前半のスポーツ界のオジサン人気はナンバーワン!
ホントは新人賞なんでしょうけど、真凜ちゃん派なので(笑)

イメージ 7


○ベスト・パフォーマンス賞 〜宇良〜 大相撲

二代目・技のデパート!

久しぶりに登場した超個性派力士ですね。
宇良もホントは新人賞候補なんですけど(笑)

イメージ 8


○最高試合賞(ベストバウト) 〜錦織圭VSジョコビッチ〜 テニス

BNLイタリア国際の準決勝。
6-2、4-6、6-7(タイブレーク5-7)の大激闘。
絶対王者のジョコビッチに惜しくも敗れましたが
総ポイントも111-112と、ホントに 「あと一歩」 なんです。

イメージ 9


○功労賞 〜イチロー〜 MLB

日米通算4,257安打。
いろいろ言ってるピート・ローズを抜く 「世界新」

メジャー3,000安打も目前です。

イメージ 10


○特別功労賞 〜モハメド・アリ〜 ボクシング

スポーツ界最大のヒーローがこの世を去りました。

アリの追悼番組といって、あの猪木戦を延々と放送し
ニュースでも猪木に関するコメントばかり・・・
いったい日本人は偉大なるアリの何を見てきたのか?

なんか情け無くなりました。

イメージ 11


○外国人大賞 〜ステファン・カリー〜 バスケットボール

惜しくも2年連続のNBAチャンピオンは逃しましたが
神様マイケル・ジョーダンのシカゴ・ブルズを抜く
シーズン73勝9敗という最強チームの立役者であり
個人としても、史上初めての満票でのMVP受賞。

イメージ 12


○珍プレー賞 〜コリジョン・ルール〜 プロ野球

う〜ん、、、これは、いらねぇ(苦笑)



いかがでしたか?

今回は止むを得ずMVPを大谷に譲りましたが
三冠王をとったら年間大賞は山田にします(笑)
春風亭昇太というサプライズの起きた 『笑点』 の新司会者。

今回の 「なんでも番付」 は 「ポスト昇太」 の新メンバーを予想します。

イメージ 1


5位 桂米助

ご存知 「隣の晩ごはん」のヨネスケさん。

番組を卒業した桂歌丸師匠とは兄弟弟子であり
小遊三さんと円楽さんとは気心の知れた同世代。

でも、番組の若返りからは明らかに逆行(苦笑)

イメージ 2


4位 立川談春

新司会の昇太さんとはドラマ 『下町ロケット』 で
イジメ・イジメられの因縁の対決を繰り広げる。

しかし、初代司会の立川談志と笑点スタッフの確執がネック(苦笑)

イメージ 3


3位 春風亭一之輔

ただいま大注目の人気落語家。

ただ、落語芸術協会が歌丸・昇太が抜けて空いた虎の子ポストを
ライバル団体の落語協会にみすみすあけ渡すとは思えず・・・

イメージ 4


2位 柳家喬太郎

「落語界のキョンキョン」 こと人気者の喬太郎。

人気・実力・トーク力、どれをとっても最適任。
落語ファンの間では以前から大本命とされています。


そして・・・


いましたよ! いた!

私が考えた最大のサプライズ!!

イメージ 5


1位 春風亭ぴっかり☆

『笑点』 始まって以来の女性落語家にして
ましてや、彼女はまだ真打でもない・・・

しかし、現・円楽の楽太郎もメンバー入り当時は二つ目でした。

なんたって可愛いんだから♪

落語界に入門前にはAKB48のオーディションに
なんと7歳もサバ読んで応募し最終選考に残りました。

その人気は寄席に 「おっかけ」 が登場するほど。

なによりも、彼女のその35歳にして童顔で巨乳は
日曜日のオジサン達の癒しになること間違いない(笑)

“笑点・新時代” の幕開けを飾る象徴としては
ぴっかり、じゃなくて、ピッタリだと思うんですけど♪


※ 私がご本人に巨乳を確認した時の記事 「ぴっかりちゃん♪」
http://blogs.yahoo.co.jp/satomimasamichi/24093300.html

イメージ 1


超・長寿番組である 『笑点』 の司会者の桂歌丸さんが降板すると。

次期司会者には、今の三遊亭円楽さんが有力なんだそうです。

『笑点』 といえば、私が物心ついた時から放送してましてね。

若い方は 「落語家による大喜利」 というイメージかもしれないけど
初代司会者の立川談志さんは別にしても
次は放送作家でタレントのマエタケこと前田武彦さん。
三代目は、てんぷくトリオの三波伸介さんですからね。

ちなみに、私は三波伸介さんの頃が一番好きだなぁ。
歌丸さんの喧嘩相手も三遊亭楽太郎(現・円楽)より
キザの三遊亭小円遊さんの方がピッタリきます(笑)

そんなわけで、本日の 「なんでも番付」 は・・・
私が選ぶ、落語家にこだわらない 「笑点の新司会者」

イメージ 2


5位 タモリ

国民的人気番組には国民的人気者のタモリさんでしょう!

イメージ 3


4位 高田文夫

マエタケさんと同じく放送作家でタレントの高田センセェ。
落語にも造詣が深く、笑点メンバーとも親交が深い。
ツッコミも上手いし、ピッタリだと思います。

イメージ 4


3位 柳家 小三治

落語界から選ぶなら人間国宝の小三治師匠。
NHKの大喜利番組では司会やってたしね。
でも、小三治さんはやるの嫌がるだろうな(苦笑)

イメージ 5


2位 柳亭 市馬

落語ファンとしては、現・落語協会会長を希望します。
落語は上手いし、明るい芸風の市馬師匠なんだけど。
世間一般の知名度は残念ながら低いです・・・

ここは、週間視聴率ベスト10の常連の人気番組出演による
会長の知名度アップは落語界にとっては有意義だと思います。

イメージ 6


1位 伊東四朗

三波伸介さんの相方でもあり、寄席芸人でもありました。

司会者としても経験豊富で貫禄も十分だし良いと思うなぁ。

適ニン♪


皆さんはいかがですかね?

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事