学問の部屋

体系的に学問する こころから学問する

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

(画像:太宰治の尊敬する作家の1人、ドストエフスキー。太宰はドストエフスキーから、罪の対義語は「罰」と閃いたとき、そこには喜びがあったのでしょうか?)



第一回から第5回まであります。
太宰0歳から、太宰39歳(自殺)までの人生すべてをカバーしています。
太宰治の人生全体を眺めたい方は、以下の記事をご利用ください。






<全5回>


1 太宰治の人生総覧  5/1  #太宰治 12
http://blogs.yahoo.co.jp/satorukurodawin/30918261.html



2 太宰治の人生総覧 5/2 〜7歳(小学入学)から21歳まで(東大入学まで)  #太宰治 13
3 太宰治の人生総覧 5/3 〜21歳(東京帝国大学入学)から22歳(非合法運動脱退)まで # 太宰治 14
4 太宰治の人生総覧5/4 24歳から、32歳(戦線布告時期1941年12月8日)まで    # 太宰治 15
http://blogs.yahoo.co.jp/satorukurodawin/30940001.html



5 太宰治の人生総覧 5/5  32歳<開戦(1941年)時>から39歳の自殺まで  # 太宰治 16
http://blogs.yahoo.co.jp/satorukurodawin/30952949.html

閉じる コメント(2)

アバター

今日は、私のブログに訪問&コメントを下さって、ありがとうございました

太宰治さんが好きなのでしょうか
私も、彼の作品は、数年前から、また読みなおしたりしていました。
「人間失格」を読んで、色々感じることも沢山ありましたね・・。
とても繊細で、物事の真理というものを敏感に感じ取ったりできる人だっただけに、自分を追い込んでしまったんだなぁって感じますよね。

また伺わせていただきますね(ヾ(´・ω・`)ノョロシク(o´_ _)o)ペコッ

2010/2/14(日) 午後 9:57 青空

顔アイコン

「罪多きものはその愛深し」というセリフは戯曲執筆中の太宰の書簡中の言葉ですが、「物事の真理」とは愛の側に居る、苦しんでいる人間に象徴されるように思います。

こちらこそ、また訪問し何かしらの刺激をいただこうと思っています。よろしく。

2010/2/14(日) 午後 10:04 [ sat**ukurod*wi* ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事