学問の部屋

体系的に学問する こころから学問する

太宰治

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全19ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

作家の使命は、奉仕にあるとかんがえた。
デンマークの小噺(ある雪の話)からの小説家の想像力しかり、科学の限界の補完の役割りがそ
のサービス精神にある。


「如是我問」
心つくし、という。

「葉」
芸術の美は所詮、市民への奉仕の美、と。

「姥捨」
自分1人の幸福だけでは生きていけぬ、と。

「HUMAN LOST」
すべて皆、人のための手本。われの享楽のための一夜もなかつた、と。

そして、「正義と微笑」、
誰か僕の墓碑に、次のような一句をきざんでくれる人はいないか。かれは、人を喜ばせるのが、何よりも好きで、あつた!





彼、太宰治の他者との違い、優越感というこの土台に、他人への奉仕という、道
化の宿命をみるのだつた。

「人間失格」
ここで道化を、
自分の、人間に対する最後の求愛、汗水流してのサービス、
という。


愛の表現だったんだ。唯一、他のために尽くすことが。



太宰治大事典 365-367 参考

1 太宰とボードレール




太宰治は、
1.辰野隆 ボードレール研究序説
2.堀口大学訳 ボードレール感想私録

からボードレールを学ぶに至りました。

特に目立った作品への引用を。


●「めくら草子」
ここででいわれる、ダンテーボードレールーわたし、の関係は1.からヒントを得ます。

●それから「ボードレールは、、聖書より、ダンテを過ぎて来る。」虚構の春の、「〜空想的人物であつた」も同じく1、から得てます。


●「逆行」の、「老人ではなかった。略 二倍三倍にして暮らしたのである」、は2.からの引用で、それをヒントに、下記、
「世人は僕を三十歳だといふ。略 一回の○○のうち三分づつ生きて来たとしたら、
僕は九十歳ではないだろうか?」を太宰が練り上げました。
酷似してますね。






2 まとめ

つまり太宰治は、両書からボードレールを学んだのです。太宰治は日本のボードレールになろうとした。
太宰とダンディズムにてボードレールのダンディズム理解することが前期太宰の理解の核となる。そのように太宰研究者、渡部は述べます。

たしかに、鼻につくともいえる太宰の美意識は、ボードレールへの懸命な肉薄の結果ともいえなくもない。


太宰修大事典 365参考








●言葉:

○ボードレール【Charles Baudelaire】

フランスの詩人。象徴派の先駆、芸術至上主義・頽廃主義の代表者。詩集「悪の華」は近代詩の聖典。ほかに、散文詩「パリの憂鬱」、評論「ロマン派芸術論」など。(1821〜1867)
広辞苑第六版より引用




○ボードレールのダンディズムについて:wikiから抜粋
シャルル・ボードレールはダンディについて、美学を生きた宗教へと高める者のことだと定義し、自分の存在のみが中産階級の分別ある市民を嘲るものだと見なしていた。曰く、
ダンディズムはある点において、霊性と禁欲主義に近い。
ダンディという存在は、各人の内なる美という概念の洗練や、自らの情熱の充足や、感情や思考……のあり方に他ならない。多くの無思慮な連中が信じているらしいこととは反対に、ダンディズムは、衣装や身体の優雅さに無上の喜びを覚えることをいう。完全なるダンディにとってこれらの事柄は、精神の貴族的な卓越性の象徴にすぎないのである。
・・・・・・
ボードレールはダンディズムの流行に深い関心を寄せ、野心家のダンディは「エレガンス以外を職業にしてはいけない。……(エレガンスとは、)自らの人格に秘められた美という発想を洗練するというあり方以外の何ものでもない。……ダンディたる者、絶え間なく崇高でいなければならない。鏡の前に暮らし、鏡の前に眠るのだ」と説いた。パリの路地をうろついているダンディたちを目の当たりにして、興味を持ったというフランス人の知識人はボードレールだけではなかった。また、ジュール・バルベー・ドールヴィーは、ボー・ブランメルに関する著書を遺している。
(wikiには、ほかに、外見的な装いである、めかし屋と、ダンディズムは区別している文もある)

道化の華以来の「大庭葉蔵」は世間が難解だつた。

嘘言え。

君が難解なのでせう。
ほら頷いた。

我を司る神を、不意に見上げたならこっちを見てた。





正しく愛せ・・・・か。もう一人の要蔵は耳元で呟いた。

神を欺く嫉妬まみれた男のほうがよい。
エスカリオのユダと、いふよりも、カインの徴を打たれた男として、道半ばで倒れ逝くのでいい。



足を止め、手紙をそっと開く。送り主「S」



「あなたはそうはいつてもたんぽぽの花一輪の贈り物も恥ずに授けるなどといえばまた、生きていさえすればいいじゃないの、と絶望の果ての軽みともいえる希望、満ち満ちたお顔を携えていたじゃないですか。あなたの潜つたトンネルは、ホップ・ステップなのです。そこ抜けると愛といふ単一神様がお立ちになられていた。指さす方向はもつとオドロオドロしいトンネル、その先の光であつた。
あなたの努力によつて獲得した武器<希望と名付けましょう>を握りしめ晩年期に、かの<なにやらおそろしきもの>といふ怪物との対決に挑ませた。」





・・・・・・・・・怪物とは不遜な。神と呼べ。








・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

真に人間たろうとした男の、最後のプライド。いえ、祭壇までのお化粧。



「死んだ身でなければあなた様に顔向けできません」





葉蔵,、ぜーはー、ぜーはー、人間といふ荒道を歩いてたら、ちょつと
転んじゃつた。

まぶた開けると、お〃、神様、神様が、よつ手挙げていたとさ。



(おわり)
日本に・・・

1549年ザビエル来日してからの90年間といふもの、キリスト教徒の増加は苛烈な弾圧にもかかわらず明治期まで堅持し続けたのだつた。

その明治期のことだ。

従来のその江戸時代文化を全否定する勢いの中に、そう、キリスト教指導者たちもその途上に居た。
精神面での欧化を下支えしようと思つたがいささかそれは強引でもあつた。仏教等の伝統的勢力から当然反発はあつたのだ。地方都市・農村部でのかつての「邪宗教」政策を再び芽吹かせてしまつた。これらと戦い、中には敵愾心を持ちながらキリスト教信徒等は布教を続ける。欧化の下支えをしたことがナショナリズムへの協力、そして戦争を後押しする結果となつたところは反省する点であろう。太宰の愛した「内村鑑三」も、日露戦争を後押ししたことを猛省している。



太宰以後・・・・
戦後、キリスト教会は宗教的習俗に対して否定的にあつた。アメリカ文化と民主主義導入におけるシンボルのように一時期扱われてもいた。
しかし、次のような現象があつた。プロテスタント教派の大部分は、戦前同様の都市の生年・知識人を主たる対象として布教、カトリックもまた都市部に知識人、高学歴者層相手に布教をつづけ、いったんは広まるも、その知識階層や学生がアメリカ占領軍に対する反米感情を持つようになり、やがて、キリスト教から遠ざかるものが増えたのだつた。

また、「知識層の宗教」「神に選ばれたものとしての自負心の強さと意識」が、一般庶民のキリスト教への接近を妨げている、という指摘もある。


(以上は、岩野祐介先生の文章をそのまま参考にした)
太宰の愛といふ科目の履修途上には、「愛は言葉だ」があり、そして、「愛の困難性」、「罰の希求」という展開があつた。アウグスチヌスは神の愛は濃淡あれども、対極はないといつた。トマスは神より存在を与えられたこと、その愛こそ愛だといつた。
内村鑑三は、神の愛とは義と不可分といつた。義とは正しさ。太宰の敬愛した内村の愛を、太宰は、機能、特性、いや、「星」。
己の星の自覚が、神の大いなる愛をなによりも把握する仕方だとおもつたに違いない。

全19ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事