大倉里司

一介の素人から観た首都圏にて開催される美術展情報や観に行った展覧会の感想等を綴っております。時折罵詈雑言モードになります。
皆様、おはようございます。

 首都圏にて開催される美術展情報を「主観」で集めてみています。下記の情報については無断で転載・改変バンバンして下さり拡散希望でございます。

今回の新規分は、「FACE展2018」(2月24日(土)〜3月30日(金)(東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館)、「生誕140年記念特別展 「木島櫻谷」PART1 近代動物画の冒険」(2月24日(土)〜4月8日(日)泉屋博物館分館)、「 桜 さくら SAKURA 2018 ―美術館でお花見!― 」(3月10日(土)〜5月6日(日)山種美術館)

 ******************************

※残り一週間

なし

******************************

2017年〜2018年

「野生展 飼いならされない感覚と思考」(10月20日(金)〜2月4日(日)21_21 DESIGN SIGHT)
http://www.2121designsight.jp/program/wild/

 「北斎とジャポニスム」(10月21日(土)〜1月28日(日)(国立西洋美術館)
http://hokusai-japonisme.jp/

 
 「六本木開館10周年記念展 フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年」(11月22日(水)〜1月28日(日)サントリー美術館)
http://www.suntory.co.jp/sma/exhibition/2017_6/index.html

「レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル」(11月18日(土)〜4月1日(日)森美術館)
http://www.mori.art.museum/jp/exhibitions/LeandroErlich2017/

「装飾は流転する」(11月18日(土)〜2月25日(日)東京都庭園美術館)
http://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/171118-180225_decoration.html

「没後40年 熊谷守一 生きるよろこび」(12月1日(金)〜3月21日(水)東京国立近代美術館)
http://kumagai2017.exhn.jp/


「国宝 雪松図と花鳥 美術館でバードウォッチング」(12月9日(土)〜2月4日(日)三井記念美術館)
http://www.mitsui-museum.jp/exhibition/index.html

「横浜美術館コレクション展 全部みせます!シュールな作品 シュルレアリスムの美術と写真 」(12月9日(土)〜3月4日(日)横浜美術館)
http://yokohama.art.museum/exhibition/index/20171209-494.html

「石内 都 肌理(きめ)と写真」(12月9日(土)〜3月4日(日)横浜美術館)
http://yokohama.art.museum/special/2017/ishiuchimiyako/


「永青文庫研究センター設立10周年記念 細川家と「天下泰平」関ヶ原からの40年」(12月9日(土)〜1月28日(日)永青文庫)
http://www.eiseibunko.com/

 「北澤美術館所蔵 ルネ・ラリックの香水瓶 アール・デコ−香りと装いの美−」(12月12日(火)〜1月28日(日)渋谷区立松濤美術館)
http://www.shoto-museum.jp/exhibitions/176lalique/


「鉄道絵画発→ピカソ行 コレクションのドア、ひらきます」(12月16日(土)〜2月12日(月)(東京ステーションギャラリー)
http://www.ejrcf.or.jp/gallery/exhibition/201712_picasso.html

2018年
「東山魁夷展 ─長野県信濃美術館東山魁夷館所蔵品による」(1月2日(火)〜3月4日(日)東京富士美術館)
http://www.fujibi.or.jp/exhibitions/profile-of-exhibitions/?exhibit_id=3201801021

「博物館に初もうで」(1月2日(火)〜1月28日(日)東京国立博物館)
http://www.tnm.jp/modules/r_event/index.php?controller=dtl&cid=5&id=9407

「生誕150年記念 横山大観 ―東京画壇の精鋭―」(1月3日(水)〜2月25日(日)山種美術館)
http://www.yamatane-museum.jp/exh/2018/taikan.html


「明治維新150年 幕末明治 激動する浮世絵」(1月5日(金)〜2月25日(日)太田記念美術館)
http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/exhibition/%e6%98%8e%e6%b2%bb%e7%b6%ad%e6%96%b0150%e5%b9%b4%e3%80%80%e5%b9%95%e6%9c%ab%e3%83%bb%e6%98%8e%e6%b2%bb


「生鯣狼租 THE ILLUSTRATOR」(1月6日(土)〜2月4日(日)上野の森美術館)
http://ohrai.net/

「小沢剛 不完全 パラレルな美術史」(1月6日(土)〜2月25日(日)千葉市美術館)
http://www.imperfection.info/


「ハプスブルク家 稀代のコレクター 神聖ローマ帝国皇帝 ルドルフ2世の驚異の世界」(1月6日(土)〜3月11日(日)Bunkamura ザ・ミュージアム)
http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/18_rudolf/
 

「色絵 Japan CUTE!」(1月12日(金)〜3月25日(日)出光美術館)
http://idemitsu-museum.or.jp/exhibition/present/


「クインテットIV 五つ星の作家たち」(1月13日(土)〜2月18日(日)東郷青児記念損保ジャパン日本興和美術館)
http://www.sjnk-museum.org/program/expect/5165.html


「未来を担う美術家たち 20th DOMANI・明日展 文化庁新進芸術家海外研修制度の成果」(1月13日(土)〜3月4日(日)国立新美術館)
http://domani-ten.com/

「ボストン美術館 パリジェンヌ展 時代を映す女性たち」(1月13日(土)〜4月1日(日)世田谷美術館)
http://paris2017-18.jp/

「ヘレンド展 皇妃エリザベートが愛したハンガリーの名窯」(1月13日(土)〜3月21日(水)パナソニック汐留ミュージアム)
https://panasonic.co.jp/es/museum/exhibition/18/180113/


「世界を巡る 古今東西の品々を集めて」(1月13日(土)〜4月8日(日)宮内庁三の丸尚蔵館)
http://www.kunaicho.go.jp/event/sannomaru/tenrankai79.html


「仁和寺と御室派のみほとけ 天平と真言密教の名宝」(1月16日(火)〜3月11日(日)東京国立博物館)
http://ninnaji2018.com/


「歌川国貞展」(1月20日(土)〜3月25日(日)静嘉堂文庫美術館)
 http://www.seikado.or.jp/exhibition/next.html


「画家一族150年の系譜 ブリューゲル展」(1月23日(火)〜4月1日(日)東京都美術館)
http://www.ntv.co.jp/brueghel/


「アラビアの道 サウジアラビア王国の至宝」(1月23日(火)〜3月18日(日)東京国立博物館)
http://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=1886


「ルドン 秘密の花園」(2月8日(木)〜5月20日(日)三菱一号館美術館)
http://mimt.jp/redon/


「三井家のおひなさま」(2月10日(土)〜4月8日(日)三井記念美術館)
http://www.mitsui-museum.jp/exhibition/index2.html

「サロン展 斎藤茂吉 歌と書と絵の心」(2月11日(日)〜3月18日(日)渋谷区立松濤美術館)
http://www.shoto-museum.jp/exhibitions/2017salon/

「至上の印象派 ビュールレ・コレクション展」(2月14日(水)〜5月7日(月)国立新美術館)
http://www.buehrle2018.jp/

「寛永の雅 江戸の宮廷文化と遠州・仁清・探幽」(2月14日(水)〜4月8日(日)サントリー美術館)
http://www.suntory.co.jp/sma/exhibition/2018_1/index.html


「プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光」(2月24日(土)〜5月27日(日)国立西洋美術館)
https://artexhibition.jp/prado2018/

「東京⇔沖縄 池袋モンパルナスとニシムイ美術村」(2月24日(土)〜4月15日(日)板橋区立美術館)
http://www.itabashiartmuseum.jp/exhibition/ex180224.html

「生誕140年記念特別展 「木島櫻谷」PART1 近代動物画の冒険」(2月24日(土)〜4月8日(日)泉屋博物館分館)
https://www.sen-oku.or.jp/tokyo/program/index2.html

「FACE展2018」(2月24日(土)〜3月30日(金)(東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館)
http://www.sjnk-museum.org/program/5250.html

「くまのもの 隈研吾とささやく物質、かたる物質」(3月3日(土)〜5月6日(日)東京ステーションギャラリー)
http://www.ejrcf.or.jp/gallery/exhibition/201803_kengo.html

「 桜 さくら SAKURA 2018 ―美術館でお花見!― 」(3月10日(土)〜5月6日(日)山種美術館)
http://www.yamatane-museum.jp/exh/2018/sakura2018.html


「リアル 最大の奇抜」(3月10日(土)〜5月6日(日)府中市美術館)


「猪熊弦一郎展 猫たち」(3月20日(火)〜4月18日(水)Bunkamura ザ・ミュージアム)
http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/18_inokuma.html

「NODE ヌード 英国テート・コレクションより」(3月24日(土)〜6月24日(日)横浜美術館)
https://artexhibition.jp/nude2018/


「東西美人画の名作 上村松園『序の舞』への系譜」(3月31日(土)〜5月6日(日)東京藝術大学大学美術館)
http://bijinga2018.jp/


「創業100周年特別記念展 日本の四季 近代絵画の巨匠たち」(4月2日(月)〜4月15日(日)パナソニック汐留ミュージアム)
https://panasonic.co.jp/es/museum/exhibition/18/180402/

「百花繚乱列島 江戸諸国絵師めぐり」(4月6日(金)〜5月20日(日)千葉市美術館)

「名作誕生 つながる日本美術」(4月13日(金)〜5月27日(日)東京国立博物館)
http://meisaku2018.jp/

「生誕150年 横山大観展」(4月13日(金)〜5月27日(日)東京国立近代美術館)
http://taikan2018.exhn.jp/


「人間・高山辰雄展」(4月14日(土)〜6月17日(日)世田谷美術館)

「光琳と乾山」(4月14日(土)〜5月13日(日)根津美術館)

「プーシキン美術館展 旅するフランス風景画」(4月14日(土)〜7月8日(日)東京都美術館)
http://pushkin2018.jp/
 

「生誕140年記念特別展 「木島櫻谷」PART2 木島櫻谷の『四季連作屏風』+『近代花鳥図屏風尽し』(4月14日(土)〜5月6日(日)泉屋博古館分館)


「没後200年 松平不昧公展」(4月21日(土)〜6月17日(日)三井記念美術館) 


「酒器の美に酔う」(4月24日(火)〜6月17日(日)静嘉堂文庫美術館)


「ターナー 風景の詩」(4月24日(火)〜7月1日(日)(東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館)


「ガレも愛した〜清朝皇帝のガラス」(4月25日(水)〜7月1日(日)(サントリ−美術館)


「建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの」(4月25日(水)〜9月17日(月)森美術館)

「ジョルジュ・ブラック展 絵画から立体への変容 メタモルフォーシス」(4月28日(土)〜6月24日(日)パナソニック汐留ミュージアム)


「琳派 ―俵屋宗達から田中一光へ―(5月12日(土)〜7月8日(日)山種美術館)

「竹久夢二展」(5月19日(土)〜7月1日(日)東京ステーションギャラリー)

「ルーヴル美術館展 肖像芸術 人は人をどう表現してきたか」」(5月30日(水)〜9月3日(月)国立新美術館)
http://www.ntv.co.jp/louvre2018/

「岡本神草の時代展」(5月30日(水)〜7月8日(日)千葉市美術館)

「うるしの彩り −漆黒と金銀が織りなす美の世界−」(6月2日(土)〜7月16日(月)泉屋博古館分館)

「イスラエル博物館所蔵 ミラクル エッシャー展」(6月6日(水)〜7月29日(日)上野の森美術館)
http://www.escher.jp/

「ミケランジェロと理想の身体」(6月19日(火)〜9月24日(月)国立西洋美術館)
https://artexhibition.jp/michelangelo2018/

「ゴードン・マッタ-クラーク回顧展」(6月19日(火)〜9月17日(月)東京国立近代美術館)


「ショーメ展:パリのティアラ、ジュエリーの魅力」(6月28日(木)〜9月17日(月)三菱一号館美術館)


「濱田庄司展 大阪市立東洋陶磁美術館所蔵堀雄幹雄コレクションを中心に」(6月30日(土)〜8月26日(日)世田谷美術館)

「金剛宗家の能面と能装束」(6月30日(土)〜9月2日(日)三井記念美術館)


「縄文―1万年の美の鼓動」(7月3日(火)〜9月2日(日)東京国立博物館)


「生誕100年 いわさきちひろ、絵描きです。」(7月14日(土)〜9月9日(日)東京ステーションギャラリー)
https://100.chihiro.jp/exhibitions/special/181


「木版画の神様 平塚運一展」(7月14日(土)〜9月9日(日)千葉市美術館)

「イサム・ノグチ ─ 彫刻から身体・庭へ」(7月14日(土)〜9月24日(月)東京オペラシティアートギャラリー)

「水を描く 広重の雨、玉堂のせせらぎ、土牛のうずしお」(7月14日(土)〜9月6日(木)山種美術館)


「モネ それからの100年」(7月14日(土) 〜 9月24日(月)横浜美術館)
http://monet2018yokohama.jp/

「明治150年記念 明治からの贈り物」(7月16日(月)〜9月2日(日)静嘉堂文庫美術館)

「琉球王国の美」(7月18日(水)〜9月2日(日)サントリー美術館)


「『江戸名所図屏風』と都市の華やぎ」(7月28日(土)〜9月9日(日)出光美術館)


「没後50年 藤田嗣治展」(7月31日(火)〜10月8日(月)東京都美術館)

「狩野芳崖と四天王 −近代日本画、もうひとつの水脈−」(9月15日(土)〜10月28日(日)泉屋博古館分館)

「日本美術院設立120周年記念 日本画の革新者たち 大観、春草、御舟」(9月15日(土)〜11月11日(日)山種美術館)


「仏像の姿 微笑む・飾る・踊る」(9月15日(土)〜10月25日(木)三井記念美術館)


「醍醐寺の名宝」(9月19日(水)〜11月11日(日)(サントリー美術館)


「1968年 激動の時代の美術」(9月19日(水)〜11月11日(日)千葉市美術館)


「生誕200年記念 松浦武四郎展」(9月24日(月)〜12月9日(日)静嘉堂文庫美術館)

「大報恩寺」(10月2日(火)〜12月9日(日)東京国立博物館)


「田根 剛 Archaeology of the Future」(10月19日(金)〜12月24日(月)東京オペラシティアートギャラリー)


「生誕170年 東山魁夷展」(10月24日(水)〜12月3日(月)国立新美術館)

「神々の宿る器 −中国青銅器の文様」(11月17日(土)〜12月24日(月)泉屋博古館分館)

2018年〜2019年

「フェルメール展」(10月5日(金)〜2月3日(日)上野の森美術館)
https://www.vermeer.jp/

「フィリップス・コレクション展」(10月17日(水)〜2月3日(日)三菱一号館美術館)

「ムンク展」(10月27日(土)〜1月20日(日)東京都美術館)

「ルーベンス展 バロックの誕生」(10月16日(火)〜1月20日(日)国立西洋美術館)
http://www.tbs.co.jp/rubens2018/

「御即位記念特別展 皇室ゆかりの美術」(11月17日(土)〜1月20日(日)山種美術館)

「生誕135年 石井林響」(11月23日(金)〜1月14日(月)(千葉市美術館)


「扇の国、日本」(11月28日(水)〜1月20日(日)サントリー美術館)

「国宝 雪松図と動物アート」(12月13日(水)〜1月31日(木)三井記念美術館)

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1



鑑識眼はあるが、なかなかお宝に出会えない古物商の則夫(中井貴一さま)は、娘のいまり(森川葵御嬢様)を車に乗せて千利休の出生地である大阪府堺市にやってくる。彼はある蔵つきの屋敷へと導かれ、その家の主人らしい佐輔(佐々木蔵之介さま)と出会う。佐輔は則夫に蔵を見せることにしたのだが……。



騙したつもりが騙されてと言うお馴染みの話の展開なのですが、この作品がちょっと違うのは。お互いにとある老舗の古美術商から痛い目に遭った被害者同士であり、その古美術商をギャフンと言わせる為に贋物制作に勤しむのでありますが、作っている内に段々と本来持っていた創作意欲が湧いてきて「騙そう」と言う欲望が薄くなっている。何とかして一儲けしようと言う作品には何とも言えない厭らしさがどことなく付きまとうものですが、映画の中の楽茶碗を見ている限りでは、そうした「嫌なところが無い」んですね。映画の最後にBunkamuraギャラリーのスタッフが陶器の制作に関わっていたことが判るのですが「今様」の綺麗な器でございました。
最初の土を採るところだけは「まさか、それは無いだろう」と思ったものの、それ以外の工程はかなりキッチリと撮られていて轆轤を使わず手で作陶すると言う様式を踏襲しているように感じられたのであります。
それにしていても作陶に関しては昔の儘のイメージしか持たなかったものですから窯を作るところからはじめなくても、手頃なサイズの窯ってあったんですねぇ。

イメージ 2




イメージ 3


話が横道に逸れてしまいましたが、「大概の人間は自分の観たいものしか観ない」と台詞にもありましたが、この映画のオリジナルではなく。古代ローマ中興の祖であるユリウス・カエサルの有名な言葉。今回の真の悪党である二人が「観たいものを観る」様は留飲が落ちた気が致しました。
今回の設定でも文化庁の役人が登場し、重要文化財指定を付けるところなどは「永仁の壺」事件を彷彿とさせるものがありましたし、ボストン美術館にある「浮世絵の正倉院」ことスポルティングコレクションと奈良の本家正倉院を比べた自虐ネタも健在。
本作で光っていたのは中井貴一さまが何時の間にかこれだけの存在感を持った役者に育っていたことと、佐輔の妻を演じていた友近姐さんが実に自然な感じでこの人は芝居をさせても上手い人だなぁと思ったのでありました。


映画とは関係の無い余談になりますが、これを観たのがTOHOシネマズ日本橋でして、映画が終って直ぐに三井記念美術館にて鴎(カモメ)為らぬ鵺(ヌエ)と言う三代目道入が作った楽茶碗を観て帰途に着いたのでありました。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1
生鯣狼塑遏惻画像』


皆様、お今日は。上野の森美術館にて2月4日迄開催されている「THE ILLUSTRATOR 生鯣狼租検廚帽圓辰道欧蠅泙靴拭その感想です。

生鯣狼舛1935年生まれのイラストレーター生前は弟子や助手の手を借りず、1人で映画ポスターや書籍の装画、レコードジャケット、商業広告のイラストを描き続け、生涯で約3000点以上の作品を制作した。2015年に逝去し、2016年には『第36回日本SF大賞』の功績賞を受賞。
今回の展示は、生鬚砲茲觚恐248点を東京で初公開。『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』や『ゴジラ』シリーズの映画ポスター原画をはじめ、吉川英治、平井和正、小松左京などによる書籍の装画、商業広告、油彩画などを紹介し、半世紀以上にもわたる画業の軌跡を辿る。

イメージ 2
今回の展示の目玉の一つ「生鬟織錙次

イメージ 3



イメージ 4


イメージ 5
宮本武蔵の原画です


イメージ 6
『宇宙戦艦マクロス』


イメージ 7
懐かしいハヤカワ文庫の広告



イメージ 8
角川書店の広告で大藪春彦まつり



イメージ 9
御歳を召されてからの『自画像』



イメージ 10
再び『自画像』


イメージ 11


イメージ 12


イメージ 13



先生の功績は知っているつもりでしたが、まさかあの作品迄と驚きを隠せない制作量の多さでして懐かしいと思えるのも多数ありますが、まさかこれも描いていたとは……と驚くのも多数ありました。
活躍の場は国内だけでなく海外にも多数足跡を残されていて、書籍の装画だけでなく映画のポスターや各種商業広告、そして油彩画も盛り込んだ一大回顧展となっていてかつてのSF少年やAF少年が会場に入ると感涙に咽び泣くこと疑い無しの秀逸な展覧会となっております。更に今回は写真撮影可能なスポットが複数個所設けられていて、SNSによる拡散も狙っていることが伺い知ることが出来ます。

個人的には去年末此方で開催された「話題ありき」の「怖い絵」展よりも一万倍志が高い展覧会として強く推薦するものであります。会期が短めなのでお出かけの際はカメラ持参でお出かけ下さい。


この記事に

開く コメント(0)

皆様、おはようございます。

 首都圏にて開催される美術展情報を「主観」で集めてみています。下記の情報については無断で転載・改変バンバンして下さり拡散希望でございます。

今回の新規分は、「世界を巡る 古今東西の品々を集めて」(1月13日(土)〜4月8日(日)宮内庁三の丸尚蔵館)、「歌川国貞展」(1月20日(土)〜3月25日(日)静嘉堂文庫美術館)、「東西美人画の名作 上村松園『序の舞』への系譜」(3月31日(土)〜5月6日(日)東京藝術大学大学美術館)、「創業100周年特別記念展 日本の四季 近代絵画の巨匠たち」(4月2日(月)〜4月15日(日)パナソニック汐留ミュージアム)

 ******************************

※残り一週間


なし

******************************

2017年〜2018年

「野生展 飼いならされない感覚と思考」(10月20日(金)〜2月4日(日)21_21 DESIGN SIGHT)
http://www.2121designsight.jp/program/wild/

 「北斎とジャポニスム」(10月21日(土)〜1月28日(日)(国立西洋美術館)
http://hokusai-japonisme.jp/

 
 「六本木開館10周年記念展 フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年」(11月22日(水)〜1月28日(日)サントリー美術館)
http://www.suntory.co.jp/sma/exhibition/2017_6/index.html

「レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル」(11月18日(土)〜4月1日(日)森美術館)
http://www.mori.art.museum/jp/exhibitions/LeandroErlich2017/

「装飾は流転する」(11月18日(土)〜2月25日(日)東京都庭園美術館)
http://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/171118-180225_decoration.html

「没後40年 熊谷守一 生きるよろこび」(12月1日(金)〜3月21日(水)東京国立近代美術館)
http://kumagai2017.exhn.jp/


「国宝 雪松図と花鳥 美術館でバードウォッチング」(12月9日(土)〜2月4日(日)三井記念美術館)
http://www.mitsui-museum.jp/exhibition/index.html

「横浜美術館コレクション展 全部みせます!シュールな作品 シュルレアリスムの美術と写真 」(12月9日(土)〜3月4日(日)横浜美術館)
http://yokohama.art.museum/exhibition/index/20171209-494.html

「石内 都 肌理(きめ)と写真」(12月9日(土)〜3月4日(日)横浜美術館)
http://yokohama.art.museum/special/2017/ishiuchimiyako/

「永青文庫研究センター設立10周年記念 細川家と「天下泰平」関ヶ原からの40年」(12月9日(土)〜1月28日(日)永青文庫)
http://www.eiseibunko.com/

 「北澤美術館所蔵 ルネ・ラリックの香水瓶 アール・デコ−香りと装いの美−」(12月12日(火)〜1月28日(日)渋谷区立松濤美術館)
http://www.shoto-museum.jp/exhibitions/176lalique/


「鉄道絵画発→ピカソ行 コレクションのドア、ひらきます」(12月16日(土)〜2月12日(月)(東京ステーションギャラリー)
http://www.ejrcf.or.jp/gallery/exhibition/201712_picasso.html

2018年
「東山魁夷展 ─長野県信濃美術館東山魁夷館所蔵品による」(1月2日(火)〜3月4日(日)東京富士美術館)
http://www.fujibi.or.jp/exhibitions/profile-of-exhibitions/?exhibit_id=3201801021

「博物館に初もうで」(1月2日(火)〜1月28日(日)東京国立博物館)
http://www.tnm.jp/modules/r_event/index.php?controller=dtl&cid=5&id=9407

「生誕150年記念 横山大観 ―東京画壇の精鋭―」(1月3日(水)〜2月25日(日)山種美術館)
http://www.yamatane-museum.jp/exh/2018/taikan.html


「明治維新150年 幕末明治 激動する浮世絵」(1月5日(金)〜2月25日(日)太田記念美術館)
http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/exhibition/%e6%98%8e%e6%b2%bb%e7%b6%ad%e6%96%b0150%e5%b9%b4%e3%80%80%e5%b9%95%e6%9c%ab%e3%83%bb%e6%98%8e%e6%b2%bb


「生鯣狼租 THE ILLUSTRATOR」(1月6日(土)〜2月4日(日)上野の森美術館)
http://ohrai.net/

「小沢剛 不完全 パラレルな美術史」(1月6日(土)〜2月25日(日)千葉市美術館)
http://www.imperfection.info/


「ハプスブルク家 稀代のコレクター 神聖ローマ帝国皇帝 ルドルフ2世の驚異の世界」(1月6日(土)〜3月11日(日)Bunkamura ザ・ミュージアム)
http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/18_rudolf/
 

「色絵 Japan CUTE!」(1月12日(金)〜3月25日(日)出光美術館)
http://idemitsu-museum.or.jp/exhibition/present/


「クインテットIV 五つ星の作家たち」(1月13日(土)〜2月18日(日)東郷青児記念損保ジャパン日本興和美術館)
http://www.sjnk-museum.org/program/expect/5165.html


「未来を担う美術家たち 20th DOMANI・明日展 文化庁新進芸術家海外研修制度の成果」(1月13日(土)〜3月4日(日)国立新美術館)
http://domani-ten.com/

「ボストン美術館 パリジェンヌ展 時代を映す女性たち」(1月13日(土)〜4月1日(日)世田谷美術館)
http://paris2017-18.jp/

「ヘレンド展 皇妃エリザベートが愛したハンガリーの名窯」(1月13日(土)〜3月21日(水)パナソニック汐留ミュージアム)
https://panasonic.co.jp/es/museum/exhibition/18/180113/


「世界を巡る 古今東西の品々を集めて」(1月13日(土)〜4月8日(日)宮内庁三の丸尚蔵館)
http://www.kunaicho.go.jp/event/sannomaru/tenrankai79.html


「仁和寺と御室派のみほとけ 天平と真言密教の名宝」(1月16日(火)〜3月11日(日)東京国立博物館)
http://ninnaji2018.com/

「歌川国貞展」(1月20日(土)〜3月25日(日)静嘉堂文庫美術館)
 http://www.seikado.or.jp/exhibition/next.html


「画家一族150年の系譜 ブリューゲル展」(1月23日(火)〜4月1日(日)東京都美術館)
http://www.ntv.co.jp/brueghel/


「アラビアの道 サウジアラビア王国の至宝」(1月23日(火)〜3月18日(日)東京国立博物館)
http://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=1886


「ルドン 秘密の花園」(2月8日(木)〜5月20日(日)三菱一号館美術館)
http://mimt.jp/redon/


「三井家のおひなさま」(2月10日(土)〜4月8日(日)三井記念美術館)
http://www.mitsui-museum.jp/exhibition/index2.html

「サロン展 斎藤茂吉 歌と書と絵の心」(2月11日(日)〜3月18日(日)渋谷区立松濤美術館)
http://www.shoto-museum.jp/exhibitions/2017salon/

「至上の印象派 ビュールレ・コレクション展」(2月14日(水)〜5月7日(月)国立新美術館)
http://www.buehrle2018.jp/

「寛永の雅 江戸の宮廷文化と遠州・仁清・探幽」(2月14日(水)〜4月8日(日)サントリー美術館)
http://www.suntory.co.jp/sma/exhibition/2018_1/index.html


「プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光」(2月24日(土)〜5月27日(日)国立西洋美術館)
https://artexhibition.jp/prado2018/

「東京⇔沖縄 池袋モンパルナスとニシムイ美術村」(2月24日(土)〜4月15日(日)板橋区立美術館)
http://www.itabashiartmuseum.jp/exhibition/ex180224.html

「生誕140年記念特別展 「木島櫻谷」PART1 近代動物画の冒険」(2月24日(土)〜4月8日(日)泉屋博物館分館)


「FACE展2018」(2月24日(土)〜3月30日(金)(東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館)


「くまのもの 隈研吾とささやく物質、かたる物質」(3月3日(土)〜5月6日(日)東京ステーションギャラリー)
http://www.ejrcf.or.jp/gallery/exhibition/201803_kengo.html

「 桜 さくら SAKURA 2018 ―美術館でお花見!― 」(3月10日(土)〜5月6日(日)山種美術館)

「リアル 最大の奇抜」(3月10日(土)〜5月6日(日)府中市美術館)


「猪熊弦一郎展 猫たち」(3月20日(火)〜4月18日(水)Bunkamura ザ・ミュージアム)
http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/18_inokuma.html

「NODE ヌード 英国テート・コレクションより」(3月24日(土)〜6月24日(日)横浜美術館)
https://artexhibition.jp/nude2018/


「東西美人画の名作 上村松園『序の舞』への系譜」(3月31日(土)〜5月6日(日)東京藝術大学大学美術館)
http://bijinga2018.jp/


「創業100周年特別記念展 日本の四季 近代絵画の巨匠たち」(4月2日(月)〜4月15日(日)パナソニック汐留ミュージアム)
https://panasonic.co.jp/es/museum/exhibition/18/180402/

「百花繚乱列島 江戸諸国絵師めぐり」(4月6日(金)〜5月20日(日)千葉市美術館)

「名作誕生 つながる日本美術」(4月13日(金)〜5月27日(日)東京国立博物館)
http://meisaku2018.jp/

「生誕150年 横山大観展」(4月13日(金)〜5月27日(日)東京国立近代美術館)
http://taikan2018.exhn.jp/

「人間・高山辰雄展」(4月14日(土)〜6月17日(日)世田谷美術館)

「光琳と乾山」(4月14日(土)〜5月13日(日)根津美術館)

「プーシキン美術館展 旅するフランス風景画」(4月14日(土)〜7月8日(日)東京都美術館)
http://pushkin2018.jp/
 

「生誕140年記念特別展 「木島櫻谷」PART2 木島櫻谷の『四季連作屏風』+『近代花鳥図屏風尽し』(4月14日(土)〜5月6日(日)泉屋博古館分館)


「没後200年 松平不昧公展」(4月21日(土)〜6月17日(日)三井記念美術館) 


「酒器の美に酔う」(4月24日(火)〜6月17日(日)静嘉堂文庫美術館)


「ターナー 風景の詩」(4月24日(火)〜7月1日(日)(東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館)


「ガレも愛した〜清朝皇帝のガラス」(4月25日(水)〜7月1日(日)(サントリ−美術館)


「建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの」(4月25日(水)〜9月17日(月)森美術館)

「ジョルジュ・ブラック展 絵画から立体への変容 メタモルフォーシス」(4月28日(土)〜6月24日(日)パナソニック汐留ミュージアム)


「琳派 ―俵屋宗達から田中一光へ―(5月12日(土)〜7月8日(日)山種美術館)

「竹久夢二展」(5月19日(土)〜7月1日(日)東京ステーションギャラリー)

「ルーヴル美術館展 肖像芸術 人は人をどう表現してきたか」」(5月30日(水)〜9月3日(月)国立新美術館)
http://www.ntv.co.jp/louvre2018/

「岡本神草の時代展」(5月30日(水)〜7月8日(日)千葉市美術館)

「うるしの彩り −漆黒と金銀が織りなす美の世界−」(6月2日(土)〜7月16日(月)泉屋博古館分館)

「イスラエル博物館所蔵 ミラクル エッシャー展」(6月6日(水)〜7月29日(日)上野の森美術館)
http://www.escher.jp/

「ミケランジェロと理想の身体」(6月19日(火)〜9月24日(月)国立西洋美術館)
https://artexhibition.jp/michelangelo2018/

「ゴードン・マッタ-クラーク回顧展」(6月19日(火)〜9月17日(月)東京国立近代美術館)


「ショーメ展:パリのティアラ、ジュエリーの魅力」(6月28日(木)〜9月17日(月)三菱一号館美術館)


「濱田庄司展 大阪市立東洋陶磁美術館所蔵堀雄幹雄コレクションを中心に」(6月30日(土)〜8月26日(日)世田谷美術館)

「金剛宗家の能面と能装束」(6月30日(土)〜9月2日(日)三井記念美術館)


「縄文―1万年の美の鼓動」(7月3日(火)〜9月2日(日)東京国立博物館)


「生誕100年 いわさきちひろ、絵描きです。」(7月14日(土)〜9月9日(日)東京ステーションギャラリー)
https://100.chihiro.jp/exhibitions/special/181


「木版画の神様 平塚運一展」(7月14日(土)〜9月9日(日)千葉市美術館)

「イサム・ノグチ ─ 彫刻から身体・庭へ」(7月14日(土)〜9月24日(月)東京オペラシティアートギャラリー)

「水を描く 広重の雨、玉堂のせせらぎ、土牛のうずしお」(7月14日(土)〜9月6日(木)山種美術館)


「モネ それからの100年」(7月14日(土) 〜 9月24日(月)横浜美術館)
http://monet2018yokohama.jp/

「明治150年記念 明治からの贈り物」(7月16日(月)〜9月2日(日)静嘉堂文庫美術館)

「琉球王国の美」(7月18日(水)〜9月2日(日)サントリー美術館)


「『江戸名所図屏風』と都市の華やぎ」(7月28日(土)〜9月9日(日)出光美術館)


「没後50年 藤田嗣治展」(7月31日(火)〜10月8日(月)東京都美術館)

「狩野芳崖と四天王 −近代日本画、もうひとつの水脈−」(9月15日(土)〜10月28日(日)泉屋博古館分館)

「日本美術院設立120周年記念 日本画の革新者たち 大観、春草、御舟」(9月15日(土)〜11月11日(日)山種美術館)


「仏像の姿 微笑む・飾る・踊る」(9月15日(土)〜10月25日(木)三井記念美術館)


「醍醐寺の名宝」(9月19日(水)〜11月11日(日)(サントリー美術館)


「1968年 激動の時代の美術」(9月19日(水)〜11月11日(日)千葉市美術館)


「生誕200年記念 松浦武四郎展」(9月24日(月)〜12月9日(日)静嘉堂文庫美術館)

「大報恩寺」(10月2日(火)〜12月9日(日)東京国立博物館)


「田根 剛 Archaeology of the Future」(10月19日(金)〜12月24日(月)東京オペラシティアートギャラリー)


「生誕170年 東山魁夷展」(10月24日(水)〜12月3日(月)国立新美術館)

「神々の宿る器 −中国青銅器の文様」(11月17日(土)〜12月24日(月)泉屋博古館分館)

2018年〜2019年

「フェルメール展」(10月5日(金)〜2月3日(日)上野の森美術館)
https://www.vermeer.jp/

「フィリップス・コレクション展」(10月17日(水)〜2月3日(日)三菱一号館美術館)

「ムンク展」(10月27日(土)〜1月20日(日)東京都美術館)

「ルーベンス展 バロックの誕生」(10月16日(火)〜1月20日(日)国立西洋美術館)
http://www.tbs.co.jp/rubens2018/

「御即位記念特別展 皇室ゆかりの美術」(11月17日(土)〜1月20日(日)山種美術館)

「生誕135年 石井林響」(11月23日(金)〜1月14日(月)(千葉市美術館)


「扇の国、日本」(11月28日(水)〜1月20日(日)サントリー美術館)

「国宝 雪松図と動物アート」(12月13日(水)〜1月31日(木)三井記念美術館)

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1
ヴィム・デルモワ作『リモワスーツケース』

皆様、明けましておめでとうございます。東京都庭園美術館にて2月25日迄開催されている魅惑の大展覧会「装飾は流転する 「今」と向き合う7つの方法」展に行って参りました。その感想です。

装飾は人類と共に常に存在してきました。弔いの儀式や呪術的なタトゥーなどに始まり、ときに形骸化しながらも、時代とともにまた新しい意味を伴い変化を繰り返し生き残ってきました。それはまさに生々流転と言えるでしょう。
この展覧会には7組のアーティストたちが登場します。彼らは年齢も国籍もジャンルも多様です。その表現もゴシック装飾を施したダンプカーや、様々な文化圏の模様をリミックスした絨毯、窓のたたずまいからそこに住む人の生活や性格を想像した絵画など多彩なものです。彼らは全く異なる時代や価値観を対峙させたり、実際には存在しない世界を思い描いたり、日常生活の中の「装飾」を読み取ろうとしたりしています。彼らの試みを見る時、私たちは装飾という行為が、生々しい現実を複雑なまま認識するために必要な切り札だということに気がつくのです。

イメージ 2
ヴィム・デルモワ作『タイヤ』

イメージ 3
ヴィム・デルモワ作『低床トレーラー』

イメージ 4
ヴィム・デルモワ作『ノーチラス』

イメージ 5
山縣良和作『インバネスコート』

イメージ 6
ニンケ・コスター作『時のエレメント』

イメージ 7
コア・ポア作

イメージ 8
高田安規子・政子作『切り札』

イメージ 9
高田安規子・政子作『カットグラス』




建物そのものが美術品である旧朝香宮邸にて繰り広げられる7人のアーティストによる華麗なる饗宴とも言うべき展覧会でして、何と全作品&朝香宮邸が写真撮り放題なのであります。今回の展覧会で痺れまくったのはヴィム・デルヴォワさまの彫刻と申しますか造形なのでありますが、この人の手に掛かるとタイヤですら芸術品となってしまうのであります。日本人で気をはいていたのは山縣良和さまでありまして数多くの衣装で魅了されましたし、眦聴袖子・政子さまの作品も小品ながらも手間暇が掛かっていて見飽きることがありません。半年間改装の為休館中だったのが全て帳消しになる位にやり切った展覧会でして2017年度のベスト候補に入れたいと考えております。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事