全体表示

[ リスト ]

諭鶴羽山と南淡路海岸

久々のレポート。いつも走る淡路島の山越えルートです
 
冬の水仙、春の菜の花、秋の野菊...夏に走るのは初めて
 
イメージ 1
いつもの場所で記念撮影(立川水仙郷を越え、南淡路の海沿いに下りたところ)
 
霞んで沼島は全く見えません
 
防波堤のような道を進むと沖に沼島が現れます
 
 
イメージ 2
黒岩の海岸と沼島

黒岩のよろずやさんは閉まっていました。

灘山本から諭鶴羽神社への急な坂を登ります。標高差500m
気温は34度、身体中から汗が吹き出すよう...暑い中ガマンの走行
 
登るにつれて、人家から離れ自然林の中を走るようになります
 
 自然林は南国的な照葉樹林、ブナ原生林のような清々しさはなく、
「風の谷のナウシカ」の”腐界”を連想させるじめじめした森。
でも日陰はヒンヤリ涼しいので助かります。

蝉時雨...野生のテンが前を横切ります
 
かなりきつかったけれど無事に諭鶴羽神社の前に出ました
 
イメージ 3

諭鶴羽山頂は今回もパス、上田池方面へ林道を進みます
 
イメージ 4
ここからはダート区間が多く残る道(トータル1kmくらい)
ここをロードで走るといつもパンクするので押して通過
急ぐ旅でも無いので、じっくり歩きます
 
なお足回りはSPDサンダルです。ロードバイクで出掛けても、
私の場合結構歩くことが多いので、SPDペダルを使ってます。
、SPD_SLペダルと靴はレース用にと大事に保管してます
 
 
途中から快適な舗装路に変わり、上田池から三原高校の前に下りてきました。
あとは暑い下道走行、慶野松原から一宮へ海岸走行を楽しみ
津名一宮IC横の車デポ地に戻りました
 
走 行: 100km
コース: 津名一宮IC→洲本→灘山本→諭鶴羽神社→三原→慶野松原→一宮→津名一宮IC
 
走行ルート:

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

淡路島って、長い坂は無いけれど、激坂が結構あるんですよねぇ。

2011/7/24(日) 午後 10:20 papa 返信する

顔アイコン

papaさん、こんにちは
南から諭鶴羽山、柏原山へ登る激坂が何本もあります。

2011/7/25(月) 午前 6:39 [ satoyuki2 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事