どこまで行っても上り坂(^_^;)

キャンピングトレーラーで遊んでます

トレーラー快適化

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]

ガスボンベ充填

このところ、さらに小型ガスボンベの充填拒否の話を聞きます。
先月の飲酒の会で5Kgボンベが1本空になりいつものガス屋さんに恐る恐る持ち込んでみたらあっさり「良いですよ〜明日には充填所から戻ってきますよ〜」だって。何の解釈が違って良いところとダメな所があるのでしょうか?

ちょっと数十円値上がり?したかな。消費税が上がったからかな?

イメージ 1
日付未来になってます(笑)

ガス充填無事出来て良かったよかった。

開く トラックバック(0)

カセットガス断熱の2

先日作ったカセットガスコンロのガス部分の断熱ですが、お友達が使っている所を見るとなんだか使いにくそう。
と言うわけで第二弾作成!

イメージ 1
アルミ板を入れました。
断熱材も同じ大きさにして、不燃材で巻いて、アルミテープで止めて。
このままでは前回と同じ四角い板状ですが。

イメージ 2

こいつをこうやって丸めてやると

イメージ 3

アルミ板入れたおかげでRが維持できます。
これをカセットコンロのガス収納部分に被せればいいんじゃないかな?
イメージ 4

週末お渡しします。

スイカ先生。これありました。
3分2分の異形ソケット。これでガス切替器取り換えられます。ジブンデヤッテネ

イメージ 5

週末ご一緒する皆様、楽しく遊びましょう〜!

開く トラックバック(0)

ガス爆発 防止

世間は3連休らしいですが、私は仕事してます。正確に言うと職場には来ています。

あまりにも暇なので、ホームセンターうろうろしてみたり職場の混合水栓のパッキンなど交換しました。
終わってしまったらまた暇なのでブログを眺めていたらちょっと気になる事がありました。

昨年だったかな?お友達のブログにカセットガスコンロ爆発の記事がありました。なんだか大きい鍋で料理していたら輻射熱でそうなったような事が書いてありました。
そして、最近違う友達のブログにヘルシー鉄板だっけ?わりと大きなBBQ用鉄板をカセットコンロで使っている記事を見て、なんだか怖いなと思いました。その製品の箱にもカセットコンロで使っている写真が載っていたので大丈夫なように作ってあるのかもしれませんが、こんな物作ってみました。

断熱材を適当な長さに切って
イメージ 1

不燃のファイバー布。
イメージ 2

グルッと巻いてアルミテープで止めて
イメージ 3


イメージ 4
このように出来ました。
これをカセットコンロのガス部分に被せておけばかなり輻射熱は防げると思います。

でもカセットコンロに調理器具を被せて使うなと書いてあるから、これで被せて使っても大丈夫じゃないね。
自己責任でお願いします。
2枚作ったから爆発事故を起こした方と起こしそうなあの人にあげようかな。
さて、次は何しましょ?

開く トラックバック(0)

平成26年11月12日あれからもう2年経ちました。また前回と同じ陸事でトレーラーのユーザー車検を予約しました。http://blogs.yahoo.co.jp/sats120266/7814039.html
イメージ 2

2年前に約束していた、同じ月に車検が満了日を迎えるあの方と一緒に行くことになりまして、なぜだか夜に集合がかかり前日夜入り!何故だと言うと「前夜入りして気分を高める」んだそうです。

イメージ 1
陸事裏の野球場がある大きな公園横に停泊トラックターミナルに囲まれた路駐泊です(笑)
この時既に負の連鎖が始まっていたのでした。
その一。用意しておいた納税証明書を紛失。
トレの中で作戦会議を綿密に行い、何度も明日の検査をシュミレーションして26時に就寝。

朝、雨が降っています。嫌な予感がします。。。
イメージ 3

調べてみるとラッキーな事に陸事のそばに県税事務所がある事がわかり、朝一で発行してもらい事なきを得ました。
検査に並ぶ黄色のH3とトレールライト。
イメージ 4

私の場合は前回と同じように事は進み、今回の検査では車体番号確認、灯火類の確認、検査官がサイドブレーキワイヤーを車体下でつかんでサイドブレーキの作動確認。引いたままの前身確認はなし。室内確認。1秒で終了。窓の開閉確認なし。下回り検査で無事終了でした。ここまでは予定通り。

さて、その二。車体番号見つからず・・・
確かにプレートはついていますが車体ナンバーではありません。ある方にアドバイスを求めると塗装で隠れてしまっている可能性が高いといわれ、Aフレームをガリガリと塗装を剥します。ナイナイナーイ!あれを外し、これをどけてアレコレ見たけどナーイ!時すでにお昼近く。こうなったらAフレーム全て塗装剥す覚悟で臨んだら、あった!あったよ〜。良かったね。
イメージ 5

イメージ 6

その三。Aフレーム下に付けたLEDダメ。外す事。
ベリベリ、ブチッと撤去。

その四。車幅灯が無いから付けろ。
黄色い帽子さんに行ったけど無かった。スーパービバ家でトラック用が見つかりインチキ仮配線で何とかつけたらしい。

その五。フロントリフレクターもついていなくてはダメ。
両面テープで仮付け。ペタリだったらしい。

そして再検査。無事合格!良かったねスイカ先生!
私は時間の都合でその二、車体番号の捜索までお付き合いしましたがお先に仕事に向かいました。一人残されたスイカ先生は孤軍奮闘で無事検査乗り越えたのでした。

思わぬところを指摘され焦りましたがよかった〜。
さんざん負の連鎖に苦しめられたスイカ先生お疲れ様でした。

さて今回の継続検査にかかった費用は
自賠責24カ月 4650
重量税 10800
検査登録料 400
審査証紙 1400
合計 17,250-でした。
トレーラーの継続検査は安い!

イメージ 7


さて・・・続いていた負の連鎖は最終的に、、、
その六。
通勤帰りに何かを踏んでしまい、自転車リアタイヤリム打ちパンクしました。あ〜乗り移った〜!

開く コメント(16)

開く トラックバック(0)

今週末有る事を残してほとんど完成していたノッポさん監修、Neo Silent Boxを仕上げました。
まずはこちらのお店へ
 
イメージ 1
家からだと自転車で行けちゃいます。車で行くと余計な物必ず買ってしまうので助かります。(笑)
 
そして、駐車場でペタペタ。
 
ついに完成です。
 
メーカーの方、怒らないで下さい。あくまでもシャレですから・・・。もし良かったら商品化しないかね。ノッポさんパテント申請したほうがいいと思います。(笑)
 
完成したのはこちら
 
イメージ 3
ね、さりげなくです。手作り感タップリなんですがちょっと高級感増したか?(笑)
でもこれだけじゃ・・・
 
もっと行っちゃう?
 
こっち側はさびしいからね。
 
行っちゃえ〜
 
どーーーん!(ん?どこかで聞いた事ある擬音(笑)
 
イメージ 2
さすがにココまでやるとまずいかな?
自作グッズケースって事で見逃してください。
 
一応スマホのアプリで計ってみました。
そしたらなんと・・・こちら側では44dBの数値が出ました。
 
イメージ 4
 
排気側は2M離れて50dB位でした。
 
本日洗車時、掃除機の電源に活躍いたしました。
 

開く コメント(16)

開く トラックバック(0)

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事