どこまで行っても上り坂(^_^;)

キャンピングトレーラーで遊んでます

トレーラー快適化

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 前のページ | 次のページ ]

破損窓の現在

この前GWでの出来事。
トレーラーのアクリル窓が破損。
現在は、某メーカー経由でスロベニアADRIAへ問い合わせして頂いていますが、同じ色の物が今でも有るかどうか?
金額はおそらく「やわわわわ円」位だろうと言われています。
 
破損窓は養生テープで雨仕舞いして有りましたが、昨日の雨はチョット心配でした。
そこで、今日会社にあったこんなものを更に養生しました。
イメージ 1
 
グラス繊維布にアルミ箔蒸着シート。確か耐火シートだった気がします。
やっぱり養生テープがなんだか情けなさをかもし出していますが まぁいいか。
オーダーが確定しても1ヶ月は最低でもかかるようですのでまだしばらくこの状態が続くみたい。
いまだ、確定もしてないし・・・。
 
さて、スーパーで美味そうなサバが一本売りしていたので、前からやってみようと考えていた、シメサバを作ってみました。シメサバ好きなんですが、買ってきたシメサバと寿司屋で食べるシメサバはどうして、こうも違うのかと不思議でした。
3枚卸して、大量の塩を振り、10分くらい冷やし、洗い落とし、酢ジメします。20分もしたらOK!
ほら、どうでしょ!
イメージ 2
 
ほらほら、寿司屋で見るようなシメサバに見える?
イメージ 3
 
アラはアラ汁にしていただきました。
これ、いいかも!次回は昆布で巻いてシメてみよう!
酒がススム〜
 
まったく関係性のない2つのネタでした。(笑)
 
あっ、今日は母の日だった!全国、全世界のお母様、いつもありがとう!

開く コメント(22)

開く トラックバック(0)

チーズオフへ参加のためふもとっぱらへ向けて新東名新富士インターから富士宮道路の登坂路を走っている時エンジン不調に気が付きました。アクセルは一定に踏んでいるのですが息継ぎしながら登っていく感じでした。
オフ会が終わって帰り道、あらためて症状を検証すると、アイドリング時、特にDレンジに入れている時や、ACコンプレッサーが回った時にミスファイヤーのような症状。
2000rpm位まで負荷をかけたときにミスファイヤーのような症状が出る
2500回転以上になると症状は出ない。
 
ウォーターポンプを交換した時にバッテリー、エアフィルター類を脱着している。
アッセンブリ後、エンジン暖気してラジエターのエア抜きに3000回転キープで10分位無負荷で回した。作業終了で自宅まで3分程度一般道を走って帰った。その後はトレーラーを付けて高速道路3時間走った。坂道でかなりの負荷をかけている時にエンジンの息継ぎのような症状を軽度に感じた。
 
予想として、
点火系であればコンデンサー不良、プラグコードのリーク、プラグ不良などがあるが、2000回転時の症状が出るときにバックファイヤーはないのでちょっと違う気がする。夜、暗い所でエンジンかけてリークしているコードがあればパチパチ放電が見れるはず。
 
もう一度ECUリセットをかけてみる。これも可能性は低いと思う。
エアフローセンサーの電圧チェック、アッセンブリーした時にCRCがかかってしまったかも?症状的に燃調がリーン状態で失火しているかも。
 
PVCバルブ、スロットルセンサーは?
 
 
一応、ECUリセットとエアフローセンサーのクリーニングをしてみましたが変化なし。
これ以上調べるにはダイアグテスター使うしかない!この車はOBD共通プラグではなくて変換プラグが必要な旧型タイプです。私の会社で販売しているダイアグテスターを拝借して、つないでみました。
診断結果はO2センサーのバンク1がヒーター異常、バンク2がヒーター不良だって!なるほどアイドリング時排気温度が下がってくると空燃比が狂ってリッチ状態になり、プラグがかぶり状態になる事と、高負荷低回転の時も空燃比が狂って失火状態になるみたいです。逆に3000回転くらい回しているとO2センサーの信号は関係なくなるので、気持ち良く回るわけですね。最初からダイアグかければよかった・・・。
イメージ 1

イメージ 2

 
ということで、O2センサーを取り換えることにしますが、この車2個故障しています。しかも純正部品は高い!
調べると汎用パーツがあるようです。適合型番を問い合わせました。
ボッシュの汎用センサーで適合するそうです。1個5000円以下で買えました。
今日出荷のお知らせもメールがありましたので明日にでも届くでしょう。問題は作業性だな・・・。簡単に外れないんだろうな・・・。
これで直ればいいな。


文字ばかりですみません。備忘録なのでお許しを。

開く トラックバック(0)

我が家のキャンピングトレーラーADRIA390DBがやってきて2年が過ぎようとしています。
前オーナーに引き渡し前に車検をお願いしたので、今回の車検が自分で通す初体験。
ネットやブログで先輩たちの経験談を勉強させていただき、スイカ先生にも、アドバイス頂き・・・。

とうとうこの日がやって来ました。
仕事の調整などで決めた11月14日、ネットで2週間前に予約しました。
1ラウンド8:45〜10:15を予約して半休頂き行って来ました。
前の夜に知り合いの工場で自賠責更新してもらい、連結して出動準備完了。
当日朝は7時ジャストに出発、途中渋滞が少しありましたが7時40分には到着です。
春○○陸運事務所です。まだ殆ど来てる人はいませんが、ゲートは開いていたのでとりあえず大型枠に駐車。
イメージ 6

イメージ 7

窓口の様子を一通り見て、ぼちぼちやって来た職員にキャンピングトレーラーの検査コースを聞いてそちらに並びました。大型検査コースが2レーン有りどちらでも良いそうです。私は2番目に並びました。ユーザー車検代行業者みたいでしょ。
イメージ 8


重量税納付書と検査依頼書をもらって重量税の印紙と検査手数料を支払います。
住所、氏名、電話番号、車体番号など記入してユーザー車検受付窓口15番へ提出。予約番号を聞かれて答え、「じゃぁコースへ並んで」と言われましたがすでに並べてあるし・・・。ウッシシッ

イメージ 9

やっぱりお役所ですね。9時にならないと検査始まりません。

イメージ 10

検査が始まり、すぐに私の番になりました。
検査官に書類を渡してスモールランプつけて、ハザード、右、左ウインカー点滅、ブレーキ踏んでバックギア入れて灯火類確認OK。検査官は車体を一回りしている時に検査ハンマーでホイールの緩みをコンコン!とチェック、車体番号確認して、エントランスドアを開けて室内を覘いてキャンピング仕様の設備があるか3秒間でチェック終了。窓開閉、グレータンク、シンクの栓など見ませんでした。

その後、サイドブレーキの確認でサイドブレーキ引いたままちょっと前進させます。ブォ〜ン!とアクセル空けたら前に走っちゃったけどOKだそうです。効いてりゃいいよ、みたいな感じでした。アクセルはゆっくり開けましょうね。(笑

「レーン最後のピットで下回りだけ検査しますからそのまま前進してください」と言われ、検査官がレーン担当検査官に無線で「トレーラー入りまーす。ピット検査のみ!」と連絡してました。
サイドスリップ、ブレーキテスター、スピードメーターテスター、排気テスター、ヘッドライトテスター、ぜーんぶスルーして、ピットに止めて検査してもらいます。普通下回り検査はコンコン、カンカン車体から音がしますがなんせトレーラーだからぜんぜん分かりません。検査は数秒で終了。検査依頼書を機械に入れてガシャンとピット検査終了印を押したら、ピット担当官に書類を渡して検査は全て終了。この時9時11分です。

イメージ 11


検査依頼書、検査証(車検証)、重量税納付書、OCRシートを最初の受付窓口のとなり16番へ提出して、1分も掛からず新しい車検証とステッカー頂いて9時20分頃無事終了でした。

イメージ 3

掛かった費用は
自賠責保険24ヶ月分 5100円
自動車重量税 8200円
検査手数料 1400円
検査証発行手数料 400円
OCRシートは知り合いから頂きました。
合計15100円でした。 こんなに安いの?びっくりでした。

帰りは下道で自宅まで、途中大渋滞。後から分かりましたがこの日は埼玉県民の日で、学校が休みでした。
回り道して渋滞回避して自宅到着11時少し前。
あっブレーキ鳴き解消されてました。でもしばらく走らないと分かりませんけどね。

着替えて、会社に行く途中昼食を。これはチャンスとばかりに行ってきました。
こちら、ラーメン二郎小岩店です。
イメージ 1

着いた時は8人くらい並んでました。15分位で入店。
イメージ 2

コールはなし。ニンニクもなし。だってこれから仕事だから・・・。
イメージ 4

今回ももちろん小・豚2枚700円の控えめオーダーですが、、、これです。コールなしだから標準です。これで!
イメージ 5


さすがラーメン二郎、お腹一杯です。がんばったご褒美にスーパーハイカロリーもたまには良いでしょう!

開く コメント(26)

開く トラックバック(0)

いよいよ、今週14日にトレーラーのユーザー車検に行く予定です。
春日部車検場もネットで予約済み。
 
この前開けたブレーキドラムですが、ブレーキ泣きが止まらなかったのでもう一度OHします。
今回は工場借りちゃいました。
イメージ 2
 
今回はハブのセンターナットちゃんと新品に交換しました。ロックタイトも塗りましたよ。トミーさんありがとうございました。
イメージ 1
 
全バラシして、バックプレートもきれいに掃除して、今回はライニングの角落とし徹底してみました。コレでブレーキ泣きが収まればいいんだけど・・・。
イメージ 3
稼動部分には給油して、惰性ブレーキ周りはグリスアップして、灯火類の確認して終了。
 
それから、側壁のウインドーの開閉も制限するように一応つけておきました。
電気コードを圧着端子つけただけのごまかしですけど・・・。
イメージ 4
 
イメージ 5
あとは、何とかなるかな?水曜日1Rを予約しました。一発で終わりますように・・・。
 
車検と関係ないけどいつもの燃料屋さんでガスの充填もしてもらいました。
今回も5Kgボンベで1360円。恵まれた環境に居るみたいで感謝です。
イメージ 6
 
車検が終われば、いよいよ飲酒の会忘年会です。
今回はこれらを持参する予定です。
イメージ 7
バーボンウィスキー、スコッチウィスキー、芋焼酎、宝焼酎、泡盛古酒、ウオッカ、ジン、ベルモットはドライ・ビアンコ・ロッソの3種類。飲酒の会にふさわしい面々です。
これで、ドライマティーニ、ウォッカマティーニ、ブラッディメアリー、マンハッタン等のカクテルでも飲もうかと思いますが、多分、酔っ払ってハイボールばっかり飲んでるんじゃないかと予想してます。

開く コメント(28)

開く トラックバック(0)

昨晩、我が家は焼き肉しました。焼きながら考えた事。
イメージ 8
 
炉端大将が仲間の間で流行中。
私が買ったのは何年前だったか?
自宅ではやはり煙が凄くて使えない。
キャンプに行けば炭火が圧倒的に楽なんです。
 
それは、後片付け!
 
先日、頂いた鉄板!おいしく焼けるのは分かってるんですが、更に後片付けが大変そう。
それは、網ならばある程度は汁受けに油が落ちるんですが、鉄板だとどうしても端っこ?隅の所?縁から油がたれると汁受けに入らず本体を汚す事になる・・・。
 
いくつか考えました。鉄板を頂いた方にもお伝えして有ります。ですが、一番手間のかからない方法を思いつきました。
 
イメージ 1
鉄板を置く前にアルミホイルを敷きます。
 
一度鉄板を置くと形が残るのでわかりやすいかな。
イメージ 2
 
そして切れ目を入れます、H型です。
イメージ 3
 
Hに切ったら、輻射版、バーナーの下に入れ込みます。と言うより下げるだけです。
イメージ 4
 
そして鉄板セット!
イメージ 5
 
こーしておけば、縁からたれる油もアルミホイルが汁受けに誘導してくれるんじゃないかと思います。
結構汚れる本体の縁もホイルでカバーできるし!
イメージ 6
 
いいんじゃないでしょうか?
イメージ 7
問題は使ってみないとわかりません。ちゃんと焼けるのか?片付けは楽になるのか?
どなたか、試してみてください。
ただ、毎回これをやるのもどーだろう?

開く コメント(20)

開く トラックバック(0)

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事