さつきのブログ「科学と認識」

福島第一原発、アンダーコントロールで、わざと昨年の2倍の放射能を放出か

全体表示

[ リスト ]

だまされゆく人達


 毎日新聞の5月24日のスクープ要約すると、内閣府原子力委員会の、「核燃料サイクル技術等検討小委員会」において、4月24日、原子力推進派ばかりを集めた秘密会議が開かれ、そこに、委員にはまだ公開されていなかった報告案の原案が配布され、検討の結果、その原案が書き換えられた最終案が作成されたというもの。今後の使用済み燃料の処理方法について、原案では「全量再処理」「全量直接処分」が総費用において優位」と明快に言い切っていたのが、書き換え後は、「優位になる可能性が高い」と後退する一方、「再処理・直接処分併存(併用)」の利点を強調する表現に改められたという。

 冒頭にリンクしたtogetterでは、毎日新聞斗ヶ沢秀俊記者のまとめに対して、小委員会の座長を務め、「秘密会議」にも出席していた鈴木達治郎氏が反論、途中から、江川紹子氏なども加わってインタビュー形式のやりとりとなる。

 翌25日には、一連の鈴木氏の反論をまとめたような内容の「見解」が、内閣府原子力委員会のHPにおいて公表された。鈴木氏側の主張の要点は二つある。

1)「秘密会議」ではなく、最終報告書のとりまとめに必要なデータを関係者に提示してもらうための作業部会である。データを持っているのは関連行政官庁と事業者に限られるので、当然あのようなメンバー構成となる。こうした会合は技術的な問題のからむ政府答申のとりまとめに際しては不可欠のもので、この小委員会に関係しても過去20回以上開催されている。何らやましいところはない。

2)秘密の会合で報告書案が修正されたというのは事実ではない。報告書案はすべて検討小委委員の確認を経て作られていくので、特定の立場を反映するような運営はしていない。

 この間の経緯は、「見解」において、次のように説明されている。

 4月24日の会合に提出した資料の中に、「総合評価案」と題するものが含まれていたのは事実ですが、これはその後何度か用意された原案の一つです。実際、4月24日の会合の後、小委員会の委員のご意見を踏まえて改めて別の原案が作成・修正された上で会議に提出されました。その過程は以下の通りです。4月27日の検討小委で座長は、5月8日の会合にむけて、「総合評価案」作成のための意見書を5月2日までに提出するよう各委員に依頼しました。その意見書を踏まえて、座長は原案を作成し、会合前の5月7日に小委員会委員にそれを配布し、コメントをいただき、最終原案を5月8日の小委員会に提出しました。 

 5月8日の会議(公開)では、提出された最終原案の審議が行われ、その後、座長は委員各位のご意見をできるだけ反映した最終報告書案を作成し、全委員に修正内容を確認していす。また、この作業は5月16日の会議の後にも行っています。したがって、この検討小委員会の報告書を、「特定の事業者や立場に有利なように書き換えた」ということは事実無根です。 

 さて、twitterを通しての「インタビュー」において江川氏は、4月27日の検討小委員会では「原案」は示されなかったという重要な事実を引き出している。事業者側にはそれより前の24日の「秘密会議」において「原案」が配布されたのに、27日の当の委員会では、「原案」が委員に提示されないまま5月2日までの意見書の提出が求められたというのである。これは調べればすぐにわかることなので江川氏の功績というには値しないが、このtogetterの最大の山場ではある。


 当然、この事実は、鈴木氏側にとって大変具合が悪い。もし私が委員であったなら(あり得ないが)、毎日新聞のスクープと上記の「見解」を読んだら激怒しただろう。原子力推進側だけは、予め「原案」の理路を知らされ、これに修正を加えるべく自らの主張に都合の良いデータを十分な時間を使って収集し、作戦を練ることができたのに、慎重派や反対派は場当たり的な対応に追われることになったからだ。慎重派や反対派も単なる素人ではなく、それなりのデータを持っているのだから、予め「原案」の理路を知っていれば、より的確な意見書を準備することができた筈だと考えるのが常識的な理解であろう。

 そこで苦し紛れの弁明がなされる。上記に引用した「見解」では、「4月24日の会合に提出した資料の中に、「総合評価案」と題するものが含まれていたのは事実ですが、これはその後何度か用意された原案の一つです」と書かれている。

 これは大変奇妙な日本語である。「原案の一つです」という文言からは、いくつも併存する(数ある)「原案」の一つに過ぎないとの印象を受ける。しかし、「その後何度か用意された原案の一つ」という表現をよくよく吟味してみると、これは、時系列的に書き換えられて行く途上にあるものということになる。事実として、この事案に対して「原案」は一つしか存在しなかった。それを、「原案の一つです」と書くことで、大した書類ではないとの印象操作をおこなっているのだ。

 報告書案が、すべて検討小委委員の確認を経て作られたというのも欺瞞である。5月2日の期限で提出され、5月8日の会議で配布された「原子力発電・核燃料サイクル技術等検討小委員会メンバー からの提出資料」には、原子力資料情報室の伴英幸委員の意見書が収録されているが、この意見などは、最終案にはほとんど反映されていない。「委員の確認を経て」というのは、単に、「意見は意見としてお伺いしました」というほどの意味にすぎない。

 親委員会「新大綱策定会議」の委員である金子勝氏の5月24日のtwitterから引用しておく。

藤村官房長官は秘密会議を認めたが、電気事業者による修正はないと発言。だが4月24日の新大綱策定会議で、核燃料サイクル技術小委員である伴委員が、政策転換費用を加えないと委員長らが言っていたのに修正されたと指摘。私は財務の視点から問題を指摘。


 鈴木氏側の「見解」には、「公正な運営に最大限尽くしてきた」と書かれているが、このような欺瞞に騙される者などいない、と、思っていた。ところが、件のtogetterのコメント欄を読んで唖然とした。ほとんどが、鈴木氏と江川氏の「冷静なやりとり」に感心し、毎日新聞の記事を誤報扱いし、この事件に怒っている飯田哲也氏を揶揄している。鈴木氏の反論にすっかり感化され、そうだそうだと大合唱している。まんまと騙されているのである。

 むしろ、これを極秘にしておかなければならない理由と、それが発覚してしまったことの重大さを正しく理解しているのは、ほかならぬ近藤駿介委員長だ。毎日新聞によると、近藤氏は、「(報告案を配っているなら)度を越えている。私の監督責任にかかわる問題」と述べたという。ところが、その近藤氏も、「秘密会議」に出席していたことが発覚する。こうした「秘密会議」は現行の原子力政策大綱作成準備期間中の04年にも頻繁に行われ、出席した近藤氏は「表に出た瞬間にやめる」と発言したとされる。

原子力委:04年にも秘密会議「露見なら解散」(毎日jp 2012年05月26日 02時30分)

 本日はまた、本体の「新大綱策定会議」の議案も、既に2月16日、秘密会議で事前に配布されていたことが発覚した。


 内閣府原子力委員会が原発推進側だけを集め「勉強会」と称する秘密会議を開いていた問題で、原子力委の「新大綱策定会議」で使用する議案の原案が2月16日、秘密会議で事前に配布され、その後内容が追加されていたことが分かった。核燃サイクル政策を論議する小委員会への関与は発覚していたが、原子力政策全般を対象にした策定会議への影響が判明したのは初めて。問題が小委員会にとどまるとの原子力委の説明は虚偽で、批判は一層厳しくなりそうだ。

 原子力委は毎日新聞の報道で秘密会議の存在が発覚した翌日の5月25日、「見解」と題した文書をホームページにアップし「(秘密会議は)小委員会の資料準備のための作業連絡」の場と説明。近藤駿介原子力委員長も5月29日の策定会議で「小委員会の作業をするため、小委員会の座長である鈴木達治郎・委員長代理に提案して(秘密会議を)設置した」と述べ、自らが議長を務める策定会議との関係を否定していた。

 これが露見してしまったことの重大さを理解している原子力委員会は、そのHP上で、6月5日に予定されていた次回の新大綱策定会議(第21回)の中止を告知した。一から出直すべきだ。

 さて、件のtogetter のコメント欄の、毎日新聞のスクープを誤報扱いする諸氏はどうだろう。原子力政策に特別に重く課せられた「自主・民主・公開」の原則の意味を理解せず、なし崩し的に再処理政策を温存しようと目論む原子力推進派の、その策動に荷担する世論の担い手となり、これに反対する意見を持つ者を攻撃しているのである。

 仮に彼らが、「またもやだまされた哀れな人達」だとして、何の罪もないだろうか。自分は元より原子力推進派であると主張するならまだしも、騙した方が悪いとの言い訳は社会人としては通用しない。もちろん、一番悪いのは騙した方である。

閉じる コメント(4)

結果として騙された方が、悪いのよ。それが我が国の歴史ですよね。

2012/6/2(土) 午後 8:53 [ 短足おじさん ] 返信する

顔アイコン

騙された方が悪いというのは、私にはよくわかりません。我が国の歴史にある具体例を挙げていただければ、わかるかもしれません。 削除

2012/6/2(土) 午後 9:18 [ さつき ] 返信する

顔アイコン

kojitakenさんの「きまぐれな日々」に引用いただいたようです。

お礼のコメントを書き込もうとしたのですが、送信ボタンを押すとpasswordが違っているとのメッセージで、送れないようですので、こちらに書いておきます。ありがとうございました。昨日から急にアクセス数が増えたので、どこかでやり玉にあがっているのだろうかと思っていました。

それにしても、今朝の毎日新聞の世論調査の記事に、次期衆院選の投票先として「維新」がダントツ28%の支持とあるのを読んで、またもや暗鬱たる気分になりました。

自民党に騙されたと民主党に移り、民主党に騙されたと維新に移り、次は維新に騙されて、とうとう破滅でしょうか。 削除

2012/6/4(月) 午後 11:50 [ さつき ] 返信する

顔アイコン

本文中(二段落目)に重大なミスを発見、訂正しておきました。

誤)原案では「全量再処理」が総費用において優位」



正)原案では「全量直接処分」が総費用において優位」 削除

2012/6/5(火) 午前 7:08 [ さつき ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事