さつきのブログ「科学と認識」

福島第一原発、アンダーコントロールで、わざと昨年の2倍の放射能を放出か

全体表示

[ リスト ]

参議院選挙雑感

 明日7月4日に参議院選挙が公示されるので、思うところを書いておきたい。選挙というと、かつて(2009年11月)このブログに次の記事を書いた頃を思い出す。



 ちょっとした苦い思い出だが、水面下では、2007年の東京都知事選挙をめぐって、元宮城県知事の浅野史郎氏を推す市民グループが、票の分散を避けて石原三選を阻止するために共産党は立候補を取りさげるべきだという主張をしていて、この点をめぐっての対立があり、私としてそうした不可解な「論」に対する反発もあった。不可解な「論」というより、選挙への出馬において現下の世論の支持を何より優先する発想は、民主主義の自殺行為にほかならない。全ての言説はおおかれすくなかれ政治的な意味を持ち、全ての政治的な言説は、世論の趨勢を変えることをこそ目的としてなされる。このことは、ごく常識的なことではなかったか。

 当時、「票の分散」を批判していた者達は、先の東京都議会選挙で共産党が第三党になったことを受けて、今後は、共産党以外の弱小党派に立候補の取り下げを進言したりするのであろうか。きっとそうではないだろう。共産党に対する強いアレルギーのようなものが見え隠れする。

 私自身も、共産党に対するいろいろな疑念はある。なによりこの党には、反核運動の分裂を招いた前科と、原発推進に荷担した前科がある。だから、それまでの選挙では共産党にしか入れたことがなかったのに、1980年代に「緑の党」系列の複数の政党が結成された時に、そのどれかに一度だけ期待して投票したことがある。しかし、それらの党派は離合集散を繰り返して、糸の切れた凧のようになってしまった。

 「緑の党」が掲げる政策が実現されるような世の中になることは、革命的な出来事である筈だ。しかし、それらの党に集う人々に、革命を起こそうとの気概を見出すことはできなかった。だから最近「みどりのナントカ」という政党が結成されても、またかと思うだけである。

 私は大学教員だから、当然のこととして、各政党の大学政策、科学・技術政策がどうなっているかが気になる。そして、かつての自民党政権がおこなった国立大学の法人化や、民主党政権が追認してきた、基盤研究費を減らして競争的資金に回すような政策は間違っていると考えている。では、どの党の政策が良いかと調べると、共産党の掲げる政策が一番優れていると考えている。というより、他の政党のこの分野についての政策は貧困過ぎて、比較にもならない。


 もちろん、それだけで投票先を判断する訳ではないが、自分が良く知る分野について、各政党がどのような提言を行っているか調べ、比較することは、投票先を決めるにあたって必要なことではあろう。

 次に気になるのは、「日本維新の会」がどれくらいの支持を集めるかという点である。この点については、「きまぐれな日々」のkojitakenさんによる次のブログ記事に賛意を表明しておきたい。


 6月7日に拙ブログにて、橋下徹氏を批判する記事をあげたが、その後、6月23日の沖縄の慰霊の日の式典に押しかけた橋本氏は、浦添市での講演会で「(当時内務省は)特殊慰安施設協会を作って沖縄にも置いた。沖縄県民の女性がその多くの女性や子供たちを守るために、まあある意味防波堤みたいな形になってそこで食い止めてくれる。(略)それを米軍が利用していたことも事実。」と語った。これは二重、三重に犯罪的な妄言である。



 もはや橋下氏の語る言葉は全てが支離滅裂であることからすると、この人と「維新」は、やがてマンガ的な仕方で自滅するだろうと思うのだが、願わくばその日が早く訪れますように。

 ところで、「維新」の参院比例区から立候補予定のアントニオ猪木氏であるが、YouTubeにアップされている佐高信氏の講演でとんでもないことが暴露されている。


 20年程前の青森県知事選挙で、原発反対派、一次凍結派、推進派の候補が争ったが、一次凍結派が150万円でアントニオ猪木氏を応援演説に頼んだ。ところが、電事連がバックにいる推進派は、もっと報酬をはずむからこちらの応援演説を頼むということになった。アントニオ猪木は、その誘いを聞いて、あわてて150万円を返して推進派の応援にまわった。さて推進派はいくら払ったか。なんと一億円だという。法律のことは良く知らないが、これは公選法違反にならないのだろうか。いずれにしても酷い話だ。

閉じる コメント(6)

顔アイコン

さつきさん、お久しぶりです。このエントリの第2段落に「共産党が相対的多数党になった後の時点で、他の弱小政党が共産党に票を集中させるか」という趣旨の発言がありました。私は、都民で現在でも新聞の配達や集金を僅かながら担ってもいますが、「弱小政党」は無理でも、都民の投票行動ではまさにこの動きが、今回の都議選では見られたのです。現に何人もから、「『今度は』共産党に入れました。分散を防がなければね」といわれたのです。記録的な低投票率と併せて考えると、民衆の中で民主主義政治過程に確信を持っている層は、決して反共的行動を支持はしていません。

2013/7/4(木) 午後 6:56 [ 樹々の緑 ]

顔アイコン

あるNPOで、社民党系やその他の政治傾向の人たちと一緒に活動もしていますが、確かにその中には、共産党だけは忌避する向きもあるように感じます。しかし、それらの人たちの中にも、共同の必要性を従来の立場を超えて意識する人たちが増えつつあることは、確実に言えることです。ですから、むしろ「上から目線」でこれら諸傾向の人たちの「反共意識の残滓」だとか「政治的不十分性」だとかを指摘することには、某党もいっそう神経を使わなければならないと思っています。そういう意味では、少なくとも首都圏の某党の動きは、非常に権威主義的で感心できませんし、逆に遠慮し過ぎのところもあり、複雑です。

2013/7/4(木) 午後 7:03 [ 樹々の緑 ]

顔アイコン

樹々の緑さん、コメントありがとうございます。

ご指摘の件、私の認識不足でした。
なにしろこちらは「反共意識」バリバリのところに住んでいるものですから。
もちろん、重要な課題で票を集中させようとの動きが、有権者個々人の自発的な意志によってなされることは歓迎すべきことです。

一方で私は、票が分散するから「立候補を辞退せよ」という主張へは、どのような情勢の元であっても批判的な視点を堅持すべきだと考えています。
たとえ、故意に票の分散を狙って立った候補者がいたとしても、そのことへの評価は、有権者個々人の自発的な投票行動によって示されるべきだと考えています。
そういう趣旨からの発言でした。

2013/7/4(木) 午後 8:28 [ さつき ]

顔アイコン

同感です。上のコメントも、さつきさんの趣旨を否定する意味でしたのではなくて、選挙ニヒリズムに陥らずに投票した民衆の中に、かなり自覚的に「全体の力関係を変えるためにどこを勝たせるか」という意識で投票行動を取った人たちがいたことに、今後の展望を見出せることをお伝えしたかったというだけです。単純に「自共対決」の認識が民衆に広がったために共産党が倍増以上の躍進をしたという理解をする人たちがいて、困ってもいるのです。前々回の都知事選で「立候補を辞退せよ」というのは確かに問題でしたが、結局事前の共同の幅が極めて狭く、選挙戦でも他者の不十分点をあげつらうだけで全体の政治的力関係をどう変えるかという視点が圧倒的に不足していたと思います。そこに「上から目線」の弊害を痛感しているのです。

2013/7/4(木) 午後 11:14 [ 樹々の緑 ]

顔アイコン

付記しておくと、「ワタミ氏」に引っ込めと言う人もいるけれど、↑ だから、いいんじゃないかと思います。自民党らしくて、その方が有権者も判断しやすい。

それにしても、末尾に書いたアントニオ猪木氏にかかわること、これは公選法違反にならないのですかね、ホントに。

東京選挙区のことで言えば、テレビの影響力は侮れないので、山本太郎氏は結構票を取ると思います。 こう書くと、山本氏の支持者には叱られるかな。

2013/7/5(金) 午後 7:23 [ さつき ]

顔アイコン

「科学政策ニュースクリップ」に「参院選2013 各党の科学技術政策に関する公約ピックアップ」と題して、各政党の大学政策、科学技術政策がまとめられています。
各政党の大学政策について良く知らないと言う大学の人間は多いようです。

http://d.hatena.ne.jp/scicom/20130707

2013/7/8(月) 午後 10:39 [ さつき ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事