全体表示

[ リスト ]

 昨日(4月14日)21時26分頃熊本地方を震源とするマグニチュード6.5の直下型地震が発生した。震源は北緯32.7度、東経130.8度、深さ11 kmで、気象庁はこの地震を「H28年熊本地震」と命名したとのこと。震央に位置する益城(ましき)町では震度7、鉛直方向の最大加速度1580galに達し、死者9名、負傷者1,000名以上となっている模様。被害の全貌がわかるにはもうしばらくかかるであろう。妻の友人が震央近くに住んでいて、無事だと確認できたのは丸1日が経過したつい先ほどの事である。この地震の報道やWeb上での発言に関連していくつか気になることがあったので、以下にメモを残しておく。

1)活断層の活動セグメント
 気象庁等の発表によると、この地震は日奈久(ひなぐ)断層帯と布田川(ふたがわ)断層帯の接合部付近を震源として発生しているそうである。マスコミの報道でしばしば引用される活断層分布図は、地震調査研究推進本部によるものであるが、説明書を良く読めばわかるように、布田川断層帯の西側3分の2は地表活断層の存在しない実体のはっきりしないもので、重力異常などから「地下活断層」の存在が想像されているだけのものである。そのため、図ではその部分が幅の広いグレーの帯として描かれている。下にその図の一部を拡大して示した。

イメージ 1

図1 地震調査研究推進本部による布田川ー日奈久断層帯の分布図

 ところがこのグレーの部分を、他の実体のある活断層より太い濃い赤色で塗色した図が出回っている。これではまるでそちらの方が活断層としての「実力」が上であるかのように誤解されない。昨日来、誰か注意する専門家はいないのかと不思議でならない。

 活断層の正確な分布図として統一されたものは存在しないが、最新のデータをまとめたサイトとしては産総研地質情報総合センターの「活断層データーベース」がベストであろう。同センターが運用している地質図Naviでは、そのほとんどを地質図に重ねて表示させることができるが、孤立した活断層で10km未満のものは割愛されていることがある。活断層研究のコミュニティはいくつか異なるものがあって、たとえば防災科学技術研究所が運用しているHi-net高感度地震観測網の公開サイトが使用している分布図は、産総研の編集したものと異なっている。
 下に示す図は、地質図Naviによる地質図に活断層と重力異常のコンターを重ね、さらにHi-net の余震分布範囲を図示したものである。

イメージ 2

図2 産総研地質図Naviによる地質図と余震分布域

 この図をみると、余震分布から予想される震源断層は布田川断層帯から日奈久断層帯へとゆるく屈曲しながら連続して動いているように見える。それが事実であるなら、従来の活動セグメントの認識は、地震調査研究推進本部よるものも、産総研によるものもの、どちらも正しくないということになる。活断層の活動セグメントの認識はそれくらい難しく、これまで出回っている図もあまり当てにはならないと考えた方が良いだろう。

 なお、2000年6月8日にほぼ同じ場所でM4.9の地震がおこっており、やや詳しい解析もなされている点は注目して良いかもしれない。

2)布田川ー日奈久断層帯の地体構造論的位置づけ
 今回動いた活断層を中央構造線の一部とする報道があったが、その認識は大変難しい問題を多々含んでいるので、整理しておきたい。中央構造線の多義性の問題については、こちらでも簡単に触れたが、九州に至るとさらに複雑化する。以下に示す図3は、四国西端から九州にかけて分布する構造線を図示したものである。

イメージ 3

図3 九州における構造線の分布

 中央構造線の発生時期は白亜紀の中頃までさかのぼることがわかっているが、それより古い可能性もあって、まだよくわかっていないことが多い。いずれにしても、四国から紀伊半島にかけての部分では、西南日本外帯の三波川変成帯(南側)と西南日本内帯の和泉層群(北側)が接している。三波川変成帯は白亜紀後期に海洋プレートの沈み込みによって形成された低温高圧型の変成帯で、和泉層群はやはり白亜紀後期に中央構造線の運動によって形成された横ずれ堆積盆(pull-apart basin)の浅海・汽水相の砂岩主体の地層である。

 四国の和泉層群の西端部は愛媛県伊予市に分布することが知られているが、その西方延長は伊方原発の建設時および最近の再稼働申請に向けた調査によって、佐多岬の北岸をかすめた海底下に伏在していることがわかっている。佐多岬の陸上部は全て三波川変成岩が分布しているので、図3に示すように、この部分の中央構造線は伊方原発をかすめた沿岸部付近を通ることになる。

 ところが、九州へ至ると泉層群の西方延長と考えられている後期白亜紀の大野川層群が臼杵市の辺りに分布し、その北側の佐賀関半島に三波川帯の結晶片岩類が分布し、南北が逆になっている。両者の間には南傾斜の佐志生(さしう)断層があって、これは、本来低角度で北へ傾斜していた中央構造線が褶曲によって南傾斜になった部分と考えられている。佐賀関半島の西方で三波川帯の延長は途絶えるが、佐多岬から佐賀関半島へ至る三波川帯をそのまま西へ延長した長崎に白亜紀後期の結晶片岩の孤立した分布が知られており、これを三波川変成岩に対比する考えがある。この場合の中央構造線は、おおよそ、松山ー伊万里構造線付近を通ることになるが、これ自体は実体のはっきりしないものである。

 一方、臼杵の大野川層群を切って臼杵川火成岩が細長く分布する部分を構造線ととらえ、その西方延長が八代地域の秩父帯と肥後帯の境界部に至るとの考えから、古くより、臼杵ー八代構造線が提唱され、これが本来の中央構造線であるとする考えも根強く残っている。さらにまた、中央構造線活断層系と一括されるものは、伊予灘セグメントまでははっきりしているが、伊予灘においては、本来の中央構造線から北へ数km 離れたところを通っている。別府湾の活断層帯を経て、その西では大分ー熊本(構造)線が提唱されており、九州における第四期の中央構造線であるとする考えもあり、その西方延長がこの度の布田川ー日奈久断層帯へ連続するとされている。ただし、大分ー熊本(構造)線もまた、実体のはっきりしないものである。

 このように、九州における中央構造線は、その歴史性の複雑さからまだわかっていないことが多く、定義さへはっきりと定められていないので、「中央構造線」という言葉を用いた議論には固執しない方が良いだろう。

以下、追記(4月16日21:00)
 上記は15日夜の10時頃書き始め、四苦八苦しながら日付が変わって午前1時05分にアップ完了。ところがその20分後にM7.3の地震がおこり、こちらの方が本震で、それまでの地震は皆前震ということになってしまった。さらに朝起きてみると阿蘇より東方および大分県の湯布院の辺りに飛び火したように震源域が拡大している。これは全く予想外のことであった。これらの震源域を防災科研のHi-net観測網で見てみると一続きの帯状に連なって、九州が真っ二つに割れてでもいるかのように見える。中央構造線のからみで言えば、上記図3の大分熊本線に沿っているようにも見える。その後、産総研の地質図Naviの「データ表示」の項目に「2016年熊本地震」が追加されているのを知り、震央をプロットしてみると、やや詳しい分布がわかった。その図を編集したものを以下に示す。

イメージ 4


図4 産総研の地質図Naviによる2016年4月16日17:00頃の震央分布図

 この図をみると、阿蘇の東までは大分ー熊本(構造)線に近いところを通っているが、大分県の地震は「別府−万年山(はねやま)断層帯」と呼ばれる別系統の活断層帯にあたることがわかった。いわゆる誘発地震(の連動)として説明できるものだと思う。今夜は大雨の予報もあるが、これ以上被害が拡大しないよう願うばかりである。

この記事に

閉じる コメント(14)

顔アイコン

自己レスです。
4月17日夕方の報道ステーションSunday で東洋大の渡辺満久さんは、布田川断層と日奈久断層が(一つのセグメントとして)繋がっていることは地震の前から分かっていたことで、最初の地震がおこった時にかなり小さすぎると感じた、と発言されている。

このことはここに書いた私の認識と同じであるが、現在報道されている、最初の地震で日奈久断層が動き、本震で布田川断層が動いたととする気象庁などの見解とは異なっている。 削除

2016/4/17(日) 午後 5:24 [ さつき ] 返信する

顔アイコン

自己レス2

IWJが渡辺満久さんに電話取材していたようです。
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/297511

「国の地震調査研究推進本部は、日奈久断層帯と布田川断層帯を2つの別の断層帯として見ているようだが、これは地震学の常識から言えばありえない。2つは連続した断層帯だ。

連続した断層帯として見ていれば、14日の時点でM6.4の地震が起きた時、『本震にしては小さすぎる』と考える余地ができたはずであり、推進本部の断層帯の見方の誤りこそが、M.7.3の本震を想定できず、被害を大きくした可能性がある。

地震は、中央構造線の方へ移動してきており、このままでは伊方原発も楽観視できない。川内原発も日奈久断層帯での地震が南下すれば、安全とは言えないだろう」

2016/4/17(日) 午後 6:15 [ さつき ] 返信する

顔アイコン

お言葉ですが日奈久断層帯より南の中央構造線(これも微妙だが・・)のルートははっきりしないのではないでしょうか。。
川内や伊方の原発は廃炉した方がいいと思いますが、仏像構造線と言う主要な構造線を見逃して川内を中央構造線上に含めて考えるのは混同であると思います。
あとさつきさんお伊万里方面に中央構造線が伸びてるかもしれないという指摘は正しいかもしれませんよ。
四国に複数の構造線があるように、九州も複数の構造線が並立していると考えてよろしんではないでしょうか。
また熊本・大分構造線に沿った別府‐島原地溝帯は島原半島を抜けて沖縄トラフに延長する可能性が高いです。 削除

2016/4/18(月) 午前 6:55 [ おとこ ] 返信する

顔アイコン

>おとこ さん
コメントありがとうございます。

日奈久断層より南の中央構造線の「ルート」がはっきりしないのは、その通りです。私は、その事については何も書いていなくて、むしろ、「中央構造線」という言葉に拘らない方が良いというのがここでの趣旨です。

仏像構造線は、九州では、ほとんど水平に近い衝上断層で、活断層としての再動は認められていません。

それから、別府ー島原地溝帯は沖縄トラフの延長であり、大分ー熊本(構造)線が、その地溝帯の南縁を画する構造体であることは多くの専門家が認めるところです。

2016/4/18(月) 午後 9:39 [ さつき ] 返信する

顔アイコン

返信ありがとうございます。

仏像、中央の両構造線を混同した地図が出回っており、このブログの記事は大変有意義であると思います。
現状誘発地震というものを私は信じていません。地震を引き起こすトリガーが分からないのに、なぜ誘発したとと言えるのかが証明できないと思うからです。
ただ将来的に地震はトリガーが分かれば予知は無理かもしれないけど、誘発地震の推移などに一定の予測がつくようになるのではないかと言う淡い期待も持っております。 削除

2016/4/18(月) 午後 10:46 [ おとこ ] 返信する

顔アイコン

熊本地震の前兆現象について

今回、熊本県南部のアメダスさんの電卓に3月中旬に
エラー表示が10数年で初めて観察されました。
URLはKS氏のホームページ内の重要警戒情報掲示板です。

そちらに、アメダスさんと私の書き込みがありますので、
お忙しいところを恐縮ですが、
是非、ご一読くださいますようにご案内致します。

No.4669,No.4670,No.4675,No.4676の末尾をご参照ください。

ttp://www.progoo.com/rental/normal_bbs/bbs.php?pid=21179

今回は、残念な結果に終わりましたが、
今後の可能性を大いに感じる出来事でした。 削除

2016/5/13(金) 午前 2:04 [ 埼玉「うさぎ」 ] 返信する

顔アイコン

> 埼玉「うさぎ」さん
コメントありがとうございます。
地震被害軽減のために大変案な努力をされている一般の方々が大勢いらっしゃることを、私は良く存じ上げています。
そうした努力についての私の考えは以下のエントリに書いていますので、先ずこれをお読みになって下さい。
「民間地震予知」が抱える問題」
http://blogs.yahoo.co.jp/satsuki_327/34301369.html
「地震予知」は、1)いつ、2)どこで、3)どれくらい規模の地震がおこるのかを三点セットで正確に言い当てることができなければ、かえって社会の混乱のもとになる場合もあることをご理解頂ければと思います。

2016/5/13(金) 午後 10:53 [ さつき ] 返信する

顔アイコン

さつきさん

地震予知の3要素は、当然です。
しかし、2要素でも規模が大きければ、地震国にとっては、十分に有用だと思います。
311を振り返れば、自明です。場所は不明でも、世界の地震帯で、例えば、10日以内に、M8.5以上の地震が発生すると想定できたら、地震国日本では、政府、原発関係者、自衛隊、警察等々が、【念の為】、スタンバイし、いろいろと再点検して、不備があれば対策をとることが出来ると思います。
むしろ、この2要素対応が、実用化しルーチン化すれば、大いに有用でしょう。突発的に実際に迫る危険とどれだけ対峙できるかが、大事だと思います。
「社会の混乱」を懸念されるのはわかりますが、混乱の生じないように、様々な施策・対策を打てばよいのです。

さて、熊本県南部のアメダスさんの電卓エラーは、10数年で、今回(3月中旬に2回)が初めてとのことですから、近距離反応型の電卓だと思います。まるで、田んぼで暴れるナマズのように、3要素を満たしているのではないでしょうか。
5月上旬にも、アメダスさんの電卓に異常表示が発生した由。熊本県を中心に、対応が必要と思います。 削除

2016/5/14(土) 午前 1:51 [ 埼玉「うさぎ」 ] 返信する

顔アイコン

たしかに、世界のどこかは分からなくても、「10日以内に、M8.5以上の地震が発生すると想定できたら」役に立つでしょうね。
架空の話なので、これ以上議論しようがないですが・・・

>5月上旬にも、アメダスさんの電卓に異常表示が発生した由。熊本県を中心に、対応が必要と思います。

この場合、どのような予測が成り立つのでしょうか?

2016/5/14(土) 午後 10:55 [ さつき ] 返信する

顔アイコン

熊本県南部のアメダスさんの中国製電卓D-1012の異常表示と熊本地震
16/3/16 表示A
16/3/19 表示B
(1)16/4/14 21:26=熊本D11km,M6.5震度7
(2)16/4/15 00:03=熊本D7km,M6.4震度6強
(3)16/4/16 01:25=熊本D12km,M7.3震度7
(1)(2)については時間的に近いのでまとめて取扱い、計算上、4/15日発生と見做す。

3/16 表示A+30日後=4/15
3/16 表示A+31日後=4/16
3/19 表示B+27日後=4/15
3/19 表示B+28日後=4/16

16/5/01 表示B
16/5/06 表示C
5/01 表示B+30日後=5/31
5/01 表示B+31日後=6/01
5/06 表示C+27日後=6/02
5/06 表示C+28日後=6/03

表示Bのタイムラグは固有のものと仮定すると、
5/01 B表示+27日後=5/28
5/01 B表示+28日後=5/29

大雑把に、5/28〜6/3にM6.5〜M7.3の地震発生を想定。 削除

2016/5/15(日) 午前 2:46 [ 埼玉「うさぎ」 ] 返信する

顔アイコン

仮に電卓のエラー表示が地震の発生と何らかの関係があったとしても、たった一人のたった1回の経験から、時期、場所、規模の3要素を同時に決める法則が導かれる筈がありません。

「表示Bのタイムラグは固有のものと仮定すると」、とありますが、同じ規模のマグニチュードだけに反応するという仮定もありますね。

この予測が熊本周辺の地震についてのものであるなら、近隣地域の地震にのみ反応するという仮定もありますね。

これらの仮定が妥当なものであるという証拠がない限り、誰も信用しないと思いますよ。

予測内容に「場所」を含まないのであれば、これくらいの規模の地震は世界中でけっこう頻繁におこっているので、やはり誰も注目しないと思います。
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/foreign_entries

2016/5/15(日) 午前 10:39 [ さつき ] 返信する

顔アイコン

> さつきさん
書込みの500字制限に引っ掛かり、何回も、字句を削って書き込みしました。
場所は、熊本県を中心とした地域と書いたつもりでしたが、
話の流れでは当然事項ですので、削除の過程で、省略したものと思います。
KS氏の重要警戒情報掲示板に、字句を追加して書き込みしてありますので、下記URLのNo.4699をご参照ください。

ttp://www.progoo.com/rental/normal_bbs/bbs.php?pid=21179

該当の電卓の3月中旬の異常表示は、10数年で初めてだった由です。
ですから、今回の熊本地震の前兆刺激に反応した近距離反応型の電卓として、注目しているのですが…。
田んぼのナマズが大地震の前に暴れると言われているように、
この電卓も、現地(近隣)で反応して、3要素を満たしているのではないかという仮説です。 削除

2016/5/15(日) 午後 0:08 [ 埼玉「うさぎ」 ] 返信する

顔アイコン

>3要素を満たしているのではないかという仮説です。

この仮説に何らかの意味のある可能性があるかどうか、待つことにしましょう。

ちなみに前の記事に書きましたように、東京都水産試験所の実験では、ナマズが地震の前になんらかの反応を示すことは確認されたけれど、これを用いて地震予知の三要素を満たすことは絶望的であるとの結論に至り、実験が打ち切られたという経緯があります。

かなり長期の大がかりな実験の結果、「意味はあるが役に立たない」と判断されたのですから、これを役に立つように改良するためには、実験・観測態勢をさらに大がかりなものにするか、これまでとは根本的に異なる何か特別の工夫をこらした研究にするか、そうした転換が必要でしょう。

この種の研究では、漫然と現象を記録し続けるだけではダメなような気がします。

2016/5/15(日) 午後 1:38 [ さつき ] 返信する

顔アイコン

熊本県南部のアメダスさんの電卓に異常表示

熊本地震の1ヶ月前に、10数年で初めて異常表示が現れた電卓に、11/11に異常表示が観察されたそうです。
但し、2週間前から新電卓に切り替えたため、いつ異常表示が出たかは不明とのことです。
詳細は、KS氏の[重要警戒情報掲示板]No.4934,No.4935をご覧ください。
ttp://www.progoo.com/rental/normal_bbs/bbs.php?pid=21179 削除

2016/11/12(土) 午前 2:44 [ 埼玉「うさぎ」 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事