さつきのブログ「科学と認識」

福島第一原発、アンダーコントロールで、わざと昨年の2倍の放射能を放出か

全体表示

[ リスト ]

 東電原発事故によって大量に溜まり続けている「トリチウム汚染水」の海洋放出の可能性が問題になっている。問題の本質は、隅田金属日誌さんによる次の記事にあると思う。

 まあ、カミオカンデのタンクの容量は3000トンしかないので、ここに流し込んでも焼け石に水だが、論旨に賛同する。

 ちなみに、2016年2月時点で保管されていた汚染水の総量は約78万トンで、このうちALPSでの処理水は約61万トンであったのが、今年2月時点では90万トンを超え、貯蔵タンクは1000基に上るという。

 いろいろとひどい議論がまかり通っているが、ここでは、たまたま目にした林 智裕 @NonbeeKumasanさんの「ソジウムクロライド」のtweetを取り上げよう。

なお、トリチウムを希釈する海水にはソジウムクロライドという強い毒性を示す物質が元々含まれており、「飲んでみろ」でいうなら、トリチウムよりもその悪影響の方が直接的に出てきますよ。
海水中に平均3.5%程度も含まれており、土壌が汚染されると植物も枯れます。大さじ数杯で子供の死亡例も。

 一瞬なんの話かと思ったが、「海水中に平均 3.5%」のところで「ソジウムクロライド」が塩化ナトリウムを意味するとわかった。海棲生物は3.5%程度の塩分濃度に適応して元気に生きているけれど、その濃度が限度を超えて変化したら生きていけなくなるし、逆に淡水生物は海水中では生きていけない。また、ナトリウムはほとんどすべての生物の生命維持活動になくてはならないもので、人もまた、塩化ナトリウムを摂取することでそれを補っている。それに比べてトリチウムは害しかない・・・、等々のことは多くの人が常識として知っているので、これを読んだほとんどの人は、何を言っているのかと不審に思ったに違いない。

ソジウムクロライドは恐ろしいことに、毒性の強さから保存料として食品添加物にも使われているんですよね。
しかも、たとえばおにぎりに添加すると、多くの子供達が無添加のものより美味しいと答えてしまう。
中毒性もある上に、長期間にわたっての慢性的摂取によりガンや高血圧リスクも高まる。

 保存料として食品添加物に使われるのは人にとって毒性がないからであるし、普通におにぎりに添加するのは調味料として、また、塩分補給にも不可欠であるからに決まっている。ガンや高血圧のリスクが高まるのはとりすぎによるもので、逆に不足しないよう継続的な摂取が必要なものであることも、多くの人は常識として知っている筈だ。

 だいたい、すべての物質は限度を超えて摂取したら体に悪いに決まっている。水だって例外ではないし致死量だってある。「したがって全ての物質は毒物である」と言うか。答えはNoである。そんな理屈は馬鹿げているし、ほとんどの人はそんなふうには思わない。塩化ナトリウムが毒物でないことは常識なので、希釈などせずにその結晶を舐めたりもするし、それで何の問題もない。何しろ生体に必須のものだ。だから、これを読んだほとんどの人は、なんて馬鹿なことをと思ったに違いない。

しかし、これだけ高い毒性のソジウムクロライドも、希釈し、適正な使用をすることでそのリスクを低減させることが出来る。
同様に、自然界でも毎日大量に生成されているトリチウムを、自然界と同等のリスクまで低減させて自然界に還すことも、そういうことに繋がるのだと思いますけどね。

 限度を超えて摂取したら体に悪いが毒物ではないもの、例えば塩や砂糖や醤油などと、どんなに微量でも微量なりの毒性を有する放射性物質とを一緒くたにして限度が問題と結論する論法がネット界の片隅で流行っているらしい。しかしこれは、問題の本質を何も理解していないことを告白しているに過ぎないものである。

(しかし、このソジウムクロライドのネタでは何年か前にも遊んだけど、トリチウムを社会が必要以上に恐れているのって、ソジウムクロライドをやたらと恐れて税金を湯水のように使っているのと大差が無い訳で、なんだか笑うに笑えませんよね。
そんな栗を拾うのでさえ、大炎上。誰が得してるのか…)

 結局この人は、何度もこのネタで遊んでいる訳だ。ここ  に書いた、巨大噴火で大量の放射性物質が放出されるという「釣り」をする人と同じである。それで誰が得をするのか・・・

念の為言うと、ソジウムクロライドの小ネタは誰かを馬鹿にする意図で使ったのでは無く、「同じものでも身近かどうか、知っているかどうかで、全然感じ方違うよね」というのを実例で示したかっただけだったりする。
「トリチウム」も、よく知らずに騒がず、みんなが知ろうとすることが大切だよね。

 誰かを馬鹿にする意図はないと言いつつ、騒いでいるのはトリチウムのことを良く知らないからだと馬鹿にしているのである。

 そんなにトリチウムに詳しいのなら、管理対象となる基準値がトリチウムについて、総量が10億 Bq、かつ濃度が100万 Bq/g(注1)となっている根拠を説明してほしい。

 トリチウムの実効線量換算係数が、吸入・経口摂取ともに、水の場合で 1.8 E-8 mSv/Bq、有機物の場合で 4.1 E-8 mSv/Bq(注1) と、およそ 2.3 倍の開きがあるが、なぜ 2.3 倍なのか説明してほしい。トリチウムの結合した有機物を介して数千倍の生物濃縮があるとの報告(注2)があるが、本当に2.3倍で良いのか説明してほしい。

 トリチウムは処理する術がないため原発から多量に放出されているらしいが、もし簡単に処理できるものであるなら、本来どれくらいの規制基準にすべきものであるか、教えてほしい。

 「みんなが知ろうとすることが大切だよね。」という意見に賛成である。もし知っていたらぜひ教えてほしい。

―――――――――――――――――――――――――――

他にも多数

閉じる コメント(2)

顔アイコン

この林智裕氏、なんとデマ撲滅という名目のクラウドファンディングで金を集めた上、自らデマを撒いているのだから驚きです。
https://camp-fire.jp/projects/view/26293

2017/7/28(金) 午後 6:31 [ dog**ninet*i*s ] 返信する

顔アイコン

なるほど、開沼氏のお仲間でしたか。
「放射能デマ狩り」をやっている人たちは、科学の何たるかを知らない人ばかりだと思っていましたが、むしろ倫理観の欠如の方が深刻でしょうね。

2017/7/28(金) 午後 10:12 [ さつき ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事