さつきのブログ「科学と認識」

福島第一原発、アンダーコントロールで、わざと昨年の2倍の放射能を放出か

全体表示

[ リスト ]

要旨:第一論文の C = 0.15 は、伊達市民の被ばくを避ける努力の結果であり、これを一般化して被ばく線量の見積もりに用いてはならない。

 「宮崎・早野論文事件」、東京大学は論文不正事件として本格調査に入り、伊達市でも、第三者委員会の「伊達市被ばくデータ提供に関する調査委員会」が活動を開始したようだ。第二論文については、黒川さんがJRP誌へ送ったLETTER論文で指摘した科学的な疑問点について、早野さんは文科省記者クラブに張り出した「見解」で、それには全く触れずに逃げている訳だが、なぜそのような態度をとるのかについて納得の得られる調査をしてほしい。

 一方で、第一論文の方の非科学性が及ぼす実害の、例えば除染のサボタージュや初期被ばく線量を小さく見積もるのにも利用されたりする懸念があり、その内容を科学的に問い直す必要がある。折しも、Twitter ID: @clear_wtさんによる、「宮崎・早野第1論文 係数0.15のからくり」と題する記事を目にした。この記事では、具体的な検討の導入部で、「この0.15 という係数は,放射線の教科書をしっかりと読み込み自ら検討した者ほど「ありえない」と感じる数字である(ありえる,と思った人は実はほぼ間違いなく早合点している)」と書きながら、結局、C = 0.15 もアリなのだとのオチで終わっていて、そのことの問題性が理解されていないと感じる。問題は、この C の値が除染や避難の方針を議論するのに参照されようとしているが、そのように普遍的に適用可能な値であるのかという点にあり、そのことに言及しない論評は無意味だ。

 単純化して言えば、C は、個人の被ばく線量(実効線量)を、その個人が活動するエリアの屋外の空間線量で割った値である。第一論文で求められた C の値が普遍的なものであるなら、ガラスバッジで計測される線量をCで割るとガラスバッジの置かれた周辺エリアの屋外の空間線量が逆算できることになる。

 ガラスバッジのバックグラウンド0.54 mSv/yも実測値だから、この値を元にその測定がなされた周辺エリアの自然放射線の空間線量を逆算すると、
  0.54 (mSv/y) ÷ 0.15 = 3.6 (mSv/y) 
となる。ガラスバッジが宇宙線(注1)にも感度があるとしても、とんでもなく高い値である。しかもこのときの計測は、終始コンクリート2階建の建物の1階でなされたということなので、なおさらだ。

 このことは、第一論文のデータセットでは、なんらかの理由によってガラスバッジ周辺の空間線量が航空機モニタリングで得られたグリッド線量よりかなり小さな値になっていたことを示している。理由のひとつが居住空間の建物による遮蔽にあって、その影響がデータ全体に及ぼす係数として 0.6 が採用されていることは周知のことであろう(注2)。他に、身体による遮蔽効果の係数が 0.7(注3)で、二つの係数を掛け合わせると0.42 となり、C = 0.15 までにはさらに 0.35 くらいの小さな係数が必要だ。

 その最大の要因が、広い範囲の平均的な空間線量を与える航空機モニタリングによるグリッド線量と、除染された地域の生活空間での1m高空間線量の乖離にあることは、内藤論文についての牧野さんの検討でおおかた明らかにされている。より具体的には多数の実測値をもとにした奥村さんの検討があるが、地上/航空比の中央値として 0.60 と、伊達市のデータに期待されるより大きな値となっている。これは、福島県全域を対象としており、全体として除染されていない地域の割合が高いためと思われる。

 まず私は、奥村さんの解析が、まるで自然現象を扱うかのようなノリでなされていることに違和感をもった。そこで、問題を鮮明にするため、第一論文のFigure 3 b に示された2012年6月の第5回航空機モニタリングによる線量分布図に、同じ月のリアルタイム線量測定システムによる空間線量の1ヶ月の平均値を書き入れたものを作成した(図1)
 
イメージ 1


図1 第一論文のFigure 3 bの、特に高線量エリアを含む中・南部の地上1m高の実測値(単位:μSv/h)

 第一論文に「伊達市では、市民は、事故直後から、空間線量測定と学校の除染という放射線防護活動を自主的に開始し、積極的に参加した。」(黒川訳)と書かれているとおり、伊達市民は、こども達の被ばくを最小化するために特に学校の除染に力を注いだことが、この図から読み取れる。集会所等に比べて小・中学校の線量が特に小さくなっていることは、データ一覧(表1)を作成して明瞭になった

 表1 伊達市の航空機モニタリングとリアルタイム線量測定システムによる空間線量
イメージ 2


 表1に示したデータは、図1の範囲の外にも広げてあるが、低線量エリアのデータは間引いてある。航空機モニタリングによる線量を横軸に、リアルタイム線量計による地上1mの空間線量を縦軸にとったグラフに、学校、集会所等、森林公園等を分けてプロットしたものを図2に示す。

イメージ 3

図2 航空機モニタリングとリアルタイム線量計による空間線量の関係


 この図から「地上/航空比」は、学校で 0.22、集会所等で 0.50、森林公園等で 0.78 と大きく異なっていることがわかる(梁川中学校のデータは異常値として除外している)。第一論文で C を算出するのに用いられた6つのデータセットのうち、このデータセットの期間を含む最初の2つのガラスバッジのデータは、大部分15才以下のこども達のものである。これらのことから、特にこども達が念入りに除染されたところだけで生活できるよう配慮された結果として、0.15 と小さな C の値が得られたことがわかる。

 つまり、C = 0.15 は除染の努力の結果であって、これを一般化して被ばく線量の見積もりに用いることはやってはならないということになる。

 大阪大学の菊池誠さんは、「福島で避難指示が出されていない地域は被曝量も少なく、安心して暮らせます」と繰り返しツイートしているが、被曝量が少ないのは自然にそうなっているからではなく、安心できないから被ばくを最小化したいと願う市民の大変な労苦と我慢による結果であることを知るべきだ。いや、彼は単なる「迂闊な人」ではないから既に気づいているのかもしれないが、少なくとも福島に寄り添ってなどないことは明らかなので、彼の言うことを真に受けてはダメだ。

―――――――――――――――
注1)文部科学省「学校において受ける線量の計算方法について」は、宇宙線:0.29 mSv/y、大地放射線:0.38 mSv/y を採用し、
電気事業連合会の自然放射線のページでは、宇宙線:0.3 mSv/y、大地放射線:0.33 mSv/y、としている。


② 追加被ばく線量年間1ミリシーベルトを、一時間当たりに換算すると、毎時 0.19 マイ クロシーベルトと考えられる。(1日のうち屋外に8時間、屋内(遮へい効果(0.4 倍) のある木造家屋)に 16 時間滞在するという生活パターンを仮定)
※毎時 0.19 マイクロシーベルト × (8時間 + 0.4 × 16 時間) × 365 日 = 年間1ミリシーベルト

  8時間 + 0.4 × 16 時間 = 24時間  × 0.6
となり、この 0.6 が1日の被ばく線量に及ぼす遮蔽効果の係数ということになる。


注4)データは次のサイトからダウンロードした。



この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事