さつきのブログ「科学と認識」

福島第一原発、アンダーコントロールで、わざと昨年の2倍の放射能を放出か

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

 JpGU(日本地球惑星科学連合)が発行しているニュスレター誌 JGL (Japan Geoscience Letters) のVol. 13, No. 3(8月1日発行)に、2017年度JpGUフェロー受賞者による抱負が掲載されている。受賞者には、「原発震災」への警鐘を鳴らし続けてこられた石橋克彦さんがいらして、大変喜ばしい。

 同じくフェローを受賞された島崎邦彦さんによる「抱負」は、政府の諮問委員会の中で科学が捻じ曲げられるということが度々起った、その現場からの告発となっており、若い人へ向けた「檄文」となっている。JGLのこの号は間もなくウェブ上でも公開される筈なので、多くの人に読んでいただきたく、ここに紹介する。

 島崎さんの「檄文」は、「研究の面白さに,はまってしまった人へ」と題して、次の書き出しで始まる。

 パズルが得意だったり,ミステリーが好きだったり,数学が面白かったり,あるいは一体,何がきっかけだったのか? とにかく研究の面白さに,はまってしまった人,のめり込んでいる人,そんな人に,思いがけない落とし穴が待っている.
 はまると,いつの間にか,あっという間に時間が過ぎる.だから時間が足りず,社会に目を向ける暇がない.

 (途中略)、それでも・・・

 漠然とした社会に役立ちたいという意識.あるいは鮮明に,役立ちたいと思っているあなた.あなたが社会に影響を,(たとえ少しでも,)与えることができるようになった時,認められて,やっとここまで来たという感慨を覚えるかもしれない.

 この文章は、そんな「あたな」へ向けられている。

 良く知らない,興味がない,これまで放っておいた,そういう社会の現実が突然,目の前に現れるだろう.成果が全ての人々に歓迎されるとは限らないからだ.この世には,自分にとって都合の良いことだけが,科学的に正しいことだと,(そのとおりには言わないが)公言する人が,多数いる.あなたの得た成果が,ある人々にとっては「不都合な真実」でありうることを忘れてはならない.

(略)ここで、ご自身の経験が語られる。

 この間少なくとも三度,おかしいと思ったことがある.
 最新の例でいえば,2011年3月9日(東日本大震災発生前2日)の地震調査委員会,貞観地震の調査結果に基づく長期評価改訂案の承認は,議題が多いので4月に延期して欲しいと事務局に言われて了承した.ところが,その議題が多いはずの委員会はいつもより早く終了した.重要な議題の延期は,電力会社への内容説明(3月3日)後の修正のためと後に判明(東京電力福島原子力発電所における事故調査・検証委員会事務局による聴取結果書110別紙12;橋本他,地震学会モノグラフ「日本の原子力発電と地球科学」p.34-44, 2015).
 最も古い例は,2002年7月10日の地震調査委員会のことである.内閣府の防災担当から圧力が加えられ,「三陸沖から房総沖へかけての地震活動の長期評価について」の公表が月末まで遅れた.発表時の表紙には,「防災対策の検討など」には「地震の規模」の「誤差」に「十分留意」を含む一段落が突然事務局により加えられた.
 もう一つの例は地震調査委員会の外で起こったが,上述の「三陸沖から・・・長期評価について」に関連している.2004年2月9日の中央防災会議日本海溝・千島海溝周辺海溝型地震に関する専門調査会(島崎,科学,2011年10月号,p.1002-1006).また,私が司会を務める長期評価部会開催中に開かれた2005年6月22日同専門調査会,会議後,中間発表の記者会見が行われて確定という手回しの良さ.
 これらはいずれも,福島県を含む太平洋岸の津波と地震に関する「不都合な真実」を覆い隠そうとする意図によるものだと思われる.東日本大震災が発生して福島第一原発で重大事故が起こった結果,国会や政府等の事故調査委員会により明らかにされた事実に基づく推論である.
 未来ある人々に知って欲しい.科学的におかしなことが大手を振っている場が存在することを.社会の役に立ちたいというnaiveな思いが全く通じない場があることを.こちらが研究者仲間と思っていても,上司の命に逆らえない立場もあることを.練達の行政マンにとって,世間を知らない研究者を操ることは容易だ.

 島崎さんの結論は、こうだ。

 未来ある人は,そのような場を避ける知恵を持って欲しい.

 (略)

 しかし,社会に役立ちたいと真摯に思うなら,私は,外からwatchすることをお勧めする.そして科学的におかしなことがないのか,何が正しいのか,見張ること.外からでは十分わからないことも多い.しかし,焦ることはない.報告書などをじっくり吟味することが重要だ.そしておかしなことは,科学の場で,学会で,批判せよ.◯◯委員となるより,ずっと重要な社会への貢献だと思う.
 科学的におかしなことは,科学の場で,学会で,批判せよ.

 この文章に読点が多いのは、書きならが思わず力が入ったことを示しているだろう。最後の一文は、まさにその通りだと思う。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事