全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全436ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

鹿児島市電 9500形9506号

あけましておめでとうございます!
年末年始、鹿児島に車で帰省し、高校時代の仲間と飲み歩きました。
そして年始、新たな職場で初出勤し、この3連休は長らく保知してた服の更新をしていました。
ってことで、お久しぶりですw
超放置しててすみません。
電子レンジ買ったのでこれでご飯の出てこない休日も安心です!←何の話!?

イメージ 1

2017年11月29日 鹿児島駅前で撮影
使用機材:Canon EOS 7D Mark II + Canon EF-S 15-85mm F3.5-5.6 IS USM
今年は初めて?年始のヘッドマークを付けた市電の撮影をしませんでした。
てか1月2日までしか滞在していなくて割とハードなスケジュールだったのも一因ですけどね。

ってことで早速鹿児島市電9500形9506号。
明治維新150年を記念したラッピングの同車。
割と汚れが目立つので一昨年ぐらいからこのラッピングだった?
鹿児島市交通局では定期観光バスと市電、そして鹿児島交通はまち巡りバスで西郷篤姫系のラッピングを纏っていますが、それだけ歴史に親密な街である鹿児島。
歴史上の偉人が今でも大きな存在感を誇っています。
背景の桜島、その前に並んだ偉人たち、これこそ鹿児島の縮図そのもの!?
ってぐらいに歴史上の偉人と非常に近く感じれる鹿児島。
ちょこっと鹿児島市街地を散歩したら偉人達の銅像に出会えるのでそのように思えてしまいます。
歴史深き鹿児島。
それをどれだけアピール出来るかが今後の鍵なのかなと思ってしまいます。


ワンクリックご協力お願いします!



Photo / Kagoshimajin All Rights Reserved

この記事に

開く コメント(0)

こんばんはー
日本に帰ってきてから久々に友達、同僚などと呑む機会が増えました。
そして…見事に太りました。
11月には63キロ台まで落ちたのに今や67キロ台。
ありゃ、こりゃヤバい。
最近名古屋の気温が低くてランニングを止めていましたが体重計乗ってから気持ちが変わって帰宅後にランニングするようになりました。
67キロはヤバい。
確定してるのは土曜日も飲み、もしかしたら明日も飲みと言う状況。
頑張って年末までに痩せなければ!

イメージ 1

2017年11月29日 鹿児島駅前で撮影
使用機材:Canon EOS 7D Mark II + Canon EF-S 15-85mm F3.5-5.6 IS USM
アメリカ出張の途中でESO 50DからEOS 7D Mark IIへバトンタッチしましたが50Dは手放した訳ではなく実家保管。
そして日本に帰国したときに50Dを持って名古屋に戻ったので実は今2機持ちとなっています。
場合によっては片方手持ち、片方三脚とかを想定しての処置です。
落ち着いたらレリーズの購入、三脚のグレードアップも考えてます。
神戸に行ってからもアクティブに活動しますよ〜

箸休め?ってことで、鹿児島市電の9505号。
以前は白いボディに水色のカラーリングでしたが、今回車ピックアップの為に鹿児島入りした際には御覧のようにヤクルトの広告車になっていました。
さんふらわあまで時間があったので鹿駅前で撮影してましたが、天気が悪かったので流しの練習をしてましたw
強烈な色は使用しておらず、街並みに馴染みやすい広告なのかなと思いました。
小さいころよく飲んだヤクルト。
てか今でもたまに飲んでますが、そのヤクルトの広告車、非常に親近感が沸きます。
たまにはヤクルト飲んでみようかな♪

ワンクリックご協力お願いします!


Photo / Kagoshimajin All Rights Reserved

この記事に

開く コメント(0)

サンディエゴLRT MTS 2017

こんばんはー
アメリカで4LDK?っていう一人暮らしには似つかない部屋で生活していたのでよく「帰国して寮だと部屋が狭くてつらいんじゃない?」って言われてました。
改めて思いますが、一人暮らしの4ベッドルームって普通じゃないですよね。
自分の寮の部屋に帰ってきて2週間。やっぱり快適!
部屋にソファとキッチンが無いのが痛いですが、すべての物に1歩で手が届く!
ベッドでゴロゴロしながらテレビ見れる!
テレビが1.5メートルくらいの程良い距離にあるからパソコンの画面を映して作業しやすい!
狭いって素敵…
限られたスペースを生かすのが得意な日本人だからでしょうか、無駄に広い部屋も持て余してダメだなと思ってしまった今日でした。

イメージ 1

2017年8月31日 サンディエゴで撮影
使用機材:Canon EOS 7D Mark II + Canon EF-S 15-85mm F3.5-5.6 IS USM
サンディエゴLRT、MTSの続き…
サンディエゴ市内南部ですれ違うオレンジラインとブルーライン。
アメリカ西海岸でも南端に位置するサンディエゴ。
市街地でも専用軌道を有しており、「芝生軌道でも進んでいるのかな?」と思ったら案外ピンクのコンクリ?が主流。
これはこれで南国っぽくてアリ?

イメージ 2

2017年8月31日 サンディエゴで撮影
使用機材:Canon EOS 7D Mark II + Canon EF-S 15-85mm F3.5-5.6 IS USM
公園の池?ライトレール!そして背景にはヤシの木と高層ビル!
分かりやすいサンディエゴの縮図でしょうか?
西海岸南端のサンディエゴですが、高層ビルが立ち並ぶ非常に大きな町。
そしてロスへの近郊鉄道、長編成、高頻度で使いやすいライトレールも走る市街地。
西海岸の年の中でも人口に対してズバ抜けて公共交通機関が発達している街だと思います。
自分が抱いたサンディエゴのイメージそのものです。

イメージ 3

2017年8月31日 サンディエゴで撮影
使用機材:Canon EOS 7D Mark II + Canon EF-S 15-85mm F3.5-5.6 IS USM
場所は戻ってSanta Fe駅。
カラフルな広告車先頭の編成。

イメージ 4

2017年8月31日 サンディエゴで撮影
使用機材:Canon EOS 7D Mark II + Canon EF-S 15-85mm F3.5-5.6 IS USM
市街地から南に少し外れたところ。
車庫から出庫してきたブルーラインの車両。
画面左側が車庫となっています。
4000系が先頭のこの編成。
中間には2000系が組まれています。
シーメンス製の車両で溢れるサンディエゴ。
実はU2タイプの1000形が撮りたくてサンディエゴへ行きました。
U2はドイツ本土、フランクフルトやカナダのカルガリーなどに導入されている車体が割と丸っこい古い車両。
しかし、実際には両先頭車は基本的に4000系!(ごく稀に3000系)。
1000系は車庫で眠ってて走れるのかも不明、そして2000系も写真のように中間車として使用されるのみ。
最新型の車両が元気に活躍姿を見れたのは良かったですが、一番見たかった古い車両たちの姿を全然見れず、だいぶショックを受けました。
これからサンディエゴへ行こうと思っている方へ一言。
1000系の運用はほぼ皆無、2000系は中間に挟まれ顔は撮れないですよ〜

イメージ 5

2017年8月31日 サンディエゴで撮影
使用機材:Canon EOS 7D Mark II + Canon EF-S 15-85mm F3.5-5.6 IS USM
高頻度、長編成のサンディエゴLRTを分かりやすく撮影した一枚。
ここはオレンジライン、ブルーラインが走行する市街地中心部ですが、各線10分置き近くで走行している為、このように同時に4列車見ることが出来ました。
各列車3編成連結…単純計算、この画面内に12編成写ってるんですね。
日本と規模が違い過ぎてぞっとしました。
写真の先頭車はヘッドライトがLED化されています。
他の年でもそうですが、日本国内の路線バスのように後からLEDヘッドライトへ改造されている車両をちょくちょく見かけることが出来ました。
アメリカ旅行の中では最後に訪れた路面電車運行都市、サンディエゴ。
他の都市と比べ南国色が強く、他のどの都市よりもLRTの需要というものが大きかったという風に感じました。
サンディエゴLRT、今後の発展に期待です!


ワンクリックご協力お願いします!


Photo / Kagoshimajin All Rights Reserved

この記事に

開く コメント(0)

サンディエゴLRT MTS 2017

こんにちは〜
今朝は喫茶店にモーニング食べに行った後温泉に行き、昼飯にナッツと外国系のビールを飲みながら今に至ります。
見事な廃人です。おっさんです。
割と満足(笑)
このあと友達と映画からの飲みというスケジュール。
充実した一日になりそうです。たぶん。

イメージ 1

2017年8月31日 サンディエゴで撮影
使用機材:Canon EOS 7D Mark II + Canon EF-S 15-85mm F3.5-5.6 IS USM
サンディエゴLRTのMTS。
そのMTSのブルーラインの終点はメキシコとの国境San Ysidroへと続いています。
そのSan Ysidroの光景。
平日の朝9時くらいですが多くの人で賑わっています。
近くにアウトレットがありますが、それ以上に国境へ向かう人が多いように思います。
電停は南国の雰囲気です。

イメージ 2

2017年8月31日 サンディエゴで撮影
使用機材:Canon EOS 7D Mark II + Canon EF-S 15-85mm F3.5-5.6 IS USM
電車の奥に見える終点とMexcoと書かれた看板。
ここから徒歩にてメキシコの国境を超えることが出来ます。
このほかに車で国境を越えられますが、メキシコからアメリカに入る際は数時間コースの渋滞に巻き込まれるので、ティファナへ行く場合は徒歩をお勧めします。

イメージ 3

2017年8月31日 サンディエゴで撮影
使用機材:Canon EOS 7D Mark II + Canon EF-S 15-85mm F3.5-5.6 IS USM
「To Mexco」と非常に分かりやすい看板に従い道を進んでいきます。
アメリカ全土に言えることですが、日本と比べ遥かに湿気が少なく、砂漠、或いは荒野の景色を頻繁に見ることが出来ます。
都心部でも割と乾いた景色が続いており、アメリカに行って日本は亜熱帯気候だなと思ってしまいました。

イメージ 4

2017年8月31日 サンディエゴで撮影
使用機材:Canon EOS 7D Mark II + Canon EF-S 15-85mm F3.5-5.6 IS USM
メキシコの国境。
ここを潜ると戻ることは出来ません。
普通国境では質問とかあるハズなのですが、メキシコに入る際は一切質問も無く、ただ一枚紙を渡されて終わりでした。
…逆に不安になります。
後からわかったのですが、観光地ティファナの街の最寄りの国境入り口はここではなかったらしく、入国後道に迷い、本来15分で就くところ1時間かけてなんとか辿り着いたという思い出があります。
普段観光客が立ち入らない庶民的なエリアを歩けたのは良い経験でしたが、本気で身の危険を感じたのも事実。
それも貴重な経験だったのかな?

イメージ 5

2017年8月31日 サンディエゴで撮影
使用機材:Canon EOS 7D Mark II + Canon EF-S 15-85mm F3.5-5.6 IS USM
なんとかメキシコ国内でタコスとマルガリータを頂戴して無事アメリカに戻ってきました。
そのあとサンディエゴ市内を散策。
たまたま「SAN DIEGO」とご当地感たっぷりの看板を沿線に見つけたのでそれを入れてLRTを撮影。
それっぽい木々も植えられていてそれっぽい感じが出てるのでは無いでしょうか。

3編成連結のLRVが走るサンディエゴですが、その殆どは道路の真ん中を走る専用軌道のようなもの。
「これなら安全だな〜」と思っていましたが、後日シアトル市内で撮影したら3編成繋げた車両が普通に道路の真ん中を走っていました。
編成長余裕で100メートル超えてるやん。笑
日本も30メートル上限の法律を撤廃して、もう少し長い車両を許容しても良いのでは?と思ってしまいました。
あと、信頼乗車の普及ですね。
この2つを改善するだけで日本の路面電車、或いは地方鉄道は大きく変わるのではないかと思います。
自動車大国アメリカ、でもそこを走る路面電車は日本よりも進んでいるように思えてしまいました。

ワンクリックご協力お願いします!


Photo / Kagoshimajin All Rights Reserved

この記事に

開く コメント(0)

サンディエゴLRT MTS 2017

こんばんはー
帰国後初の更新です。
11月30日に名古屋の寮に辿り着いたのですが、全ての荷物が散らばっている状況。
この休日に整理してようやく昨日パソコンが開けるぐらい整理することが出来ました。
ってことで、今日からサンディエゴシリーズ、4,5記事程度更新させていただきます。

寮に戻り自炊から一転、おばちゃんの作った美味しいご飯が提供される環境。
しかし毎日定時。…酒が飲みたい。
アメリカで日々メシ作りながら酒を飲むのが日課になっていたので、酒を飲まないってのが考えられないんですよね。
簡単に言うとアルコール依存状態。
なので昨日夕食後ランニングしたあと酒を飲まずに寝ましたが違和感大。
アルコール離れしないと人間的にヤバそうです…

イメージ 1

2017年8月30日 サンディエゴで撮影
使用機材:Canon EOS 7D Mark II + Canon EF-S 15-85mm F3.5-5.6 IS USM
サンディエゴのダウンタウン西部に位置するSanta Fe駅。
名称間違ってたらすみません。
ここからはLos Angles方面のAmtrak等の近郊鉄道と接続する交通結束点。
故にサンディエゴのLRTシステムであるMTSの全3路線が終結する場でもあります。
サンディエゴはアメリカ西海岸でも最南端に位置する都市。
駅の雰囲気、木々などから南国な雰囲気を感じられます。
そして派手な赤いLRV。この派手なカラーリングも「南国らしい」カラーリングなのでしょうか。
写真はサンディエゴ北部へ向かうグリーンラインの車両。

イメージ 2

2017年8月30日 サンディエゴで撮影
使用機材:Canon EOS 7D Mark II + Canon EF-S 15-85mm F3.5-5.6 IS USM
Santa Feの駅前には別途LRTのターミナル駅が建造されており、写真のように結構近代的な造りとなっています。
このターミナルから発着しているのがオレンジラインとブルーライン。
サンディエゴ西部及び南部へ結ぶ路線です。
サンディエゴのLRTは結構最新型の車両で統一されており、両先頭の編成は基本的に2009年以降に製造された4000形がメインです。

イメージ 3

2017年8月30日 サンディエゴで撮影
使用機材:Canon EOS 7D Mark II + Canon EF-S 15-85mm F3.5-5.6 IS USM
ダウンタウンでブルーラインとすれ違うオレンジライン。
サンディエゴのLRVは基本的に4000形が先頭。
そして真ん中にツー…スリーステップの2000形が挟まれているスタイルを多く見ることが出来ます。
2000形?簡単に言えばコイツのライトの配置が違う赤い奴です。
アメリカ全土で共通して言える事ですが、シーメンス製の車両を多数見ることが出来ます。

イメージ 4

2017年8月30日 サンディエゴで撮影
使用機材:Canon EOS 7D Mark II + Canon EF-S 15-85mm F3.5-5.6 IS USM
あまり在籍数の無い3000形先頭の編成。
ライトの位置が若干違いますがポートランドMAXの400形とほぼ同じ外観ですね。
これでもか!ってくらい3編成連結の編成で来るのでそのインパクトは絶大です。
おまけに各路線15分おきに運行されており非常に便利!
日本みたいに小さい車両で高頻度運転 or アメリカみたいに大きな車両で等間隔運転。
う〜ん…やっぱり日本!

イメージ 5

2017年8月30日 サンディエゴで撮影
使用機材:Canon EOS 7D Mark II + Canon EF-S 15-85mm F3.5-5.6 IS USM
Santa Fe駅に再び訪れてみました。
21時ごろまで15分間隔で運行されていますが、それ以降は運転本数は少なくなります。
オレンジ色の街灯がどこか寂しさを感じます。
西海岸の都市のLRTを見てきましたが、ここではLEDの運行案内板が各電停に設置されており、さらに何分遅れなのか表示されており非常に先進的です。
一般的な日本の都市近郊路線と同等の設備を有しているのがサンディエゴのLRTの特徴だと思います。

南国サンディエゴのLRTは赤色、南国鹿児島の市営バスは黄色…南国は派手なカラーリングが好きなのかなと思った今日この頃でした。


ワンクリックご協力お願いします!


Photo / Kagoshimajin All Rights Reserved

この記事に

開く コメント(0)

全436ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事