ここから本文です
サツキ浪漫
もうすぐ、サクラマス・・・いや、その前に平目

書庫サーフ

記事検索
検索

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]

2017年の初釣りは・・・

イメージ 1


あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

1月2日は今年の初釣りに行ってきました。

サーフの条件はよくないので家でのんびりしようと思ってた所に、ポットマンマスターから連絡があり、サーフへ行きたいとのリクエスト。

折角の休みなので、行ってみる事にしました。

今回同行するPマスターはサーフ初心者、ロッドは投げ竿でチャレンジです。

波は高くありませんが、波足が長いの釣りにくい。

Pマスターに釣りポイントを教えて、まずはキャスティングの練習。

明るくなってから、払い出しのあるポイントへ移動。

僕とPマスターで払い出しを挟んでキャスティング。

Pマスターも特訓により、ルアーが遠投出来る様になってきました。

周りのアングラーに釣果の気配は全くありませんが、僕達のこの場所だけはきっと釣れるはず。((((*^o^*)†~~~

バイで遠投すると
イメージ 2
初釣果はコノシロ。(^_^;)

イメージ 3
良いサイズのシーバス。

Pマスターの釣果は、残念ながら魚はダメでしたが。水中で海鳥をヒットさせました。w(゚o゚)w

この方は不思議な方で、知多提の先端で鮒も釣っておられます。

10時前までキャスティング練習をして終了。

平目は無理でしたが、初釣りからズルムケなくてよかったわ〜。♪
イメージ 1


今季のサーフは、条件にも恵まれず、未だヒラメに出会えていません。

今週は仕事が立て続き、水曜日に最終戦に出撃。

今回は水面直下での勝負に拘りたいので、シャローミノーのみで勝負。

早朝は4時からサーフに立ち、良さげなポイントを探し回るが、見つけられません。

潮の動きがいつもと違うのか?横の流れを探せません。

波立ちも、まずまずな感じで今季一番の好条件だと思います。

やがて、夜明け近くなり、一番の釣れる時間帯。

誰一人地形変化を妄想しながら、気合入れてルアーを飛ばすが、反応無し。

ワームも使ってみたいが、ここは我慢、我慢。(^_^;)

釣り人も多くなり、思う様にポイントも移動出来ない状態になってきました。

このままでは今年最後の釣りがズルムケてしまう。(゚_゚i)タラー・・・

良い時間は刻々と過ぎていくんですが・・・(涙)

8時を回り、ランガン開始。

気温もグングン上昇し出し、真冬モードの戦闘服では暑くなってくる。

暫く歩き回り、今日一のポイントをハケーン!!

足元10メートル付近から沖へ払い出す力強いカレント。

「ここで出なかったらダメだろうな〜」

3投目、波のてっぺん付近で

ゴンッ!!

喰い上がってきました。♪

離岸流がきつく、少しドラグが出ましたが、魚は小さいので、一気
に巻き上げて回収。
イメージ 2
ソゲちゃんとは5年後に固く再開の約束をして、再びキャスティング

ゴンッ!!

先程とは若干アタリは強かったが、先程と同サイズ。
イメージ 3
さっき約束したばかりなのに・・・
と思ったが、ちょっと痩せ気味なので、別の個体でした。

この力強い流れで、この程度の魚しか居ないのか?

その後はボーラーがサーフを占領し出したので、9時過ぎに仕上がりました。

本命ヒラメは残念ながら、来年に持ち越しですね。Σ( ̄ε ̄;|||・・・

バカ盛り

月曜日はちかすけさん、だいぞうさんと一緒に表浜へ出掛けてきました。

本当は越前か御前崎方面に行きたかったのですが、太平洋も日本海も荒れ模様なので、比較的マシな場所を選んだつもり。

午前4時半過ぎに現地に到着すると、やっぱり波が高く、ブレイクが遠いです。

初めての場所なので、3人並んでキャストします。

僕のミノーでは辛うじて波のブレイク向こう側に着水するのがやっと。(^_^;)

引き波が強烈、リトリーブしているルアーには、まるでヒラメが掛かった様なトルクがかかります。

周りも全く反応の無い状態で日の出を迎える。

「今日は無理だろうなぁ〜」って思っていると、横に居ただいぞうさんが大きな魚体を引き上げているではありませんか!!
イメージ 1
ランカーサイズのナイスな魚体のシーバスです。

流石はシーバスの名手。やりますね〜♪

残された僕とちかすけさんも頑張って振り続けますが、全く反応がありません。

その後ポイントを移動してやってみますが、3人とも異常無しで10時前に釣りは終了。

次は、釣り人のちょっと遅めの朝マズメ。

先日の釣行でコージーさんに教えて頂いた、大盛天丼の食堂へ向かいます。

まだ朝方なので、営業しているかどうか分かりませんでしたが、10時から営業してました。

メニューの写真を見ると、確かに量が多いです。

大盛は自信が無かったので、僕は並みを注文、限界までお腹を空かせた2人は、大盛を注文。

イメージ 2
これが並盛。ちょっと無理かも・・・(^_^;)

そして、
イメージ 3
これがランカーサイズ。(゚_゚i)タラー・・・

僕は、なんとか並み盛りを完食しましたが、帰宅後、胸やけで寝込みました。

二人は、ゴールの見えない死闘を繰り広げていますが。(笑)

周りの客をみると、タッパ持参で食べ切れない分を詰め込んでいます。

やっぱりそうだよね。(^_^;)

結局、大盛に挑んだ二人は敗北を喫し次回のリベンジを誓い、お店を後にしました。
イメージ 1
月曜日は波・風予報はあまり良くありませんでしたが、表浜へ行ってきました。 

今回はブログ仲間のコージーさんを無理矢理誘いました。(笑)

コージーさんはGTや20キロオーバーのカンパチと戦ってきた、奄美帰りの凄腕アングラーです。(〃゚O゚)

3時に待ち合わせし、朝4時の暗闇の中、釣りスタート。

波は高めですがうねりも無く、風は追い風、14センチミノーが良く飛びます。

明るくなる寸前に初ヒット!!

しかし、おもクソ首を振っているので本命ではありません。
イメージ 2
ブレイク辺りで粘りをみせていますがサイズは小さめ、ズリ上げてゲット。

その後はさっぱりアタリがありません。

コージーさんの所へ行くと、僕のヒットと同じ時間にヒットがあったがバラシてしまったみたい。

僕と同じくワンヒットのみで、アタリは無い様です。

最後にコージーさんと並んでキャストしますが、かすりもしません。

これがいつもの遠州灘の釣り、全てとは言いませんが砂遊びは一瞬の時合いを逃したら、坊主です。(^_^;)

周りが全く反応すら無い状況下、コージーさんのガイドのお陰で、魚を拝む事が出来ました。
イメージ 3
流石は百戦錬磨のアングラーです。

道中、奄美の色んな話を聞かせてもらい、楽しい釣行となりました。

コージーさん、今度はヒラメを狙って東へ向かいましょうね。!!

初釣り

もう、2ヶ月は竿を振っていなかったので。昨日は初釣りに行ってきました。
 
北陸のサーフに行くつもりでしたが、向こうは雪の予報。
 
例年なら九頭竜に備えてスタッドレスに履き替えるのですが、今年は来月からの九頭竜釣行予定の目処が未だに立たず、面倒なので履き替えてません。
 
よって、今回は静岡方面へ。
イメージ 1
夜明けと共に、地元アングラーも続々集まってきます。
 
真冬と言っても解禁時の九頭竜に比べれば、全然比較にならないくらいのぬるま湯コンディション。
 
朝焼けに輝く初富士はとても綺麗でした。

「富士山ってそろそろ噴火するのかなぁ」
「宝永噴火の時はこの辺りまで噴石飛んで来たのかなぁ・・・・」
「マグマって触るとやっぱ熱いよなぁ・・・」
「子供の時に青木ヶ原の樹海で溶岩持ち帰ったら、母親に怒られたなぁ・・・」
「60hz/50hzの境界ってなんで富士川なんだろう・・・・」
「・・・・」

富士山を眺めながら妄想する事2時間、誰一人として竿は曲がりません。
 
そろそろシャクリ疲れた腕とジグ2本がボロボロになってきました。
 
今度は波のブレイク向こう側を狙って、プラグを投げてみた。
 
バイブレーションを投げてみた。
 
ワームを
 
・・・・・
・・・・・
・・・・・
 
 
 
 
 
 
もう、ネタ切れです。(T-T)
 
それでも実釣4時間半、富士山を望みながら良い散歩になりました。
イメージ 2
車に戻る途中、危うく飛行機とぶつかりそうになりましたよ。w(゚o゚)w オオー!
 
でも、このセスナ何か変だぞ。
 
分かりますか?
 
散歩のし過ぎでお腹も空いたのでランチをしてから帰る事にしました。
 
さわやかの「げんこつハンバーグ」、マルマン食堂の「まるまん海鮮丼大盛り」
 
候補が2つあったので、コインで選択。
 
今回は「まるまん海鮮丼大盛り」に決定です。
 
海鮮9種のネタが載って850円。生シラスも乗っているのでお得感大です。
 
シャリの大盛りが無料なのはシャリ好きの僕にとってはとても有難い。
 
今回は期待通りの坊主釣行でしたね。(×。×)

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事