ここから本文です
R1200RT LCでツーリングと温泉の日々
そろそろ秋本番、一番良いシーズンが到来です!

那須の別荘で紅葉

先月に引き継ぎ友人の那須の別荘にお邪魔し、紅葉を見に行くことにしました。

紅葉で有名な栃木の”日塩もみじライン”でしたが、早過ぎで殆ど紅葉していませんでした。峠の茶屋のもみじはこんな感じ。
イメージ 1

茶屋隣の白滝もこんな感じ。
イメージ 2

閉鎖されたエーデルワイススキー場脇の紅葉です。まだまだです。
イメージ 3

奥塩原温泉の”寺の湯”です。300円で源泉かけ流しの硫黄の湯です。混浴ですが女性に会ったことはありません。手前の建物が温泉で奥はトイレです。ほぼ、同じ大きさです。
イメージ 4

丁度昼に友人宅に到着し、腹ペコの私にために早速ランチの準備。
イメージ 5

エビが香ばしくて美味い!
イメージ 6

翌朝は別荘を6時に出発し、標高1300mの茶臼岳駐車場まできました。
1300mでもまだこの程度。
イメージ 7
イメージ 8

次は”駒止の滝”ですが、やはり残念賞。
イメージ 9

最後は”沼原湿原”
イメージ 10

戦場ヶ原や尾瀬の超小型版。
イメージ 11

別荘に戻ってランチです。ウッドデッキでお洒落なスペシャルランチです。樹々に囲まれての食事は本当に”美味い”つい食べ過ぎで体重が気になります。
イメージ 12

ランチが終わって2時過ぎに帰路につきました。渋滞前にすいすいと走ることが出来て快適でした。

今回も1泊2日でお世話になりました。目的の紅葉はさすがに早過ぎたようで残念でした。次はいつお邪魔させてもらうかな?

この記事に

ブロ友の方のブログを見て、新橋 光村のあなご丼をチャンスがあったら是非食べたいと思っていました。

今日はすぐ近所で商談が有ったので夜の部の5時半にお邪魔しました。

イメージ 1

夜の部もランチタイムと同じ値段で出してくれます。違いはタバコOKでアルコールが出る事ですかね。

私は食事だけでしたが、後に来た方達はつまみとアルコールで居酒屋として使ってました。

頼んだのはもちろん活あなご天丼。因みにメニューでは丼ですが実際はお重です。

イメージ 2


あなごがでかい!お重からはみ出しています。

イメージ 3


ご飯の大盛とお代わり自由と有りましたが、正直なところ大盛にしなくて良かったと思いました。

次回は鰻だな!で、店を後にしました。

この記事に

蓼科湖でキャンプ

10/7&8に蓼科湖にキャンプに行って来ました。
ご一緒頂いたのは名古屋のZ1000さん。このZ1000さんとは今年のGWの九州ツーリングで別府でお会いし、その後はLINEでやり取りはしていたものの、ちょこっとお話ししただけの殆ど初対面のような方です。

集合は中央道小淵沢ICすぐの”道の駅 こぶちざわ”。ここから清里の清泉寮へ向かうも八ヶ岳高原ラインが通行止めで大きく迂回し、今年の5月に新しくなった清泉寮で定番のソフトクリーム。400円と高目だけど濃厚で美味しかった〜!
イメージ 1

信州と言ったら”蕎麦”でしょ!と言うことで清里駅前の蕎麦屋へ。しかし、外見はどう見ても喫茶店。嫌な予感がしつつも腹ペコなのでモリそばを注文。近所のコンビニから買って来たかのような”味”!もう二度と行きません!
イメージ 2

国道299号(メルヘン街道)からちょっとそれたところにある、八千穂レイク。
イメージ 3

ちょこっと紅葉していました。あと1週間ってとこですかね。
イメージ 4

この後、白駒の池駐車場にバイクを停めましたが、紅葉で有名なスポットなので駐車場へ入ろうとする車で大渋滞。激混みです。つくづくバイクで良かったと思う瞬間でした。

残念なことにちょっと遅かったようです。
イメージ 5

ほぼ同じアングルで最盛期の写真。
イメージ 6

赤が茶色になっていました。
イメージ 7

ほぼ同じアングルで最盛期の写真。ドウダンツツジが見事です。正に燃えるような赤。
イメージ 8

今晩のキャンプ場は蓼科湖畔の”蓼の花キャンプ場”。ここの売りは敷地内に温泉があることです。車乗入が可でゆったりサイトで4000円。私たちのサイトは湖が全く見えない残念サイトでした。まあまあでした。
キャンプのメインイベントのBBQがスタート。キャンプ場で食べる焼肉ってなんでこんなに美味いんだろう!!
イメージ 9

飲めない二人がソフトドリンクとゼリーを片手に語り合い夜は更けていきました。
イメージ 10

翌朝は霧で真っ白。
イメージ 11

蓼科湖も真っ白で何にも見えません。
イメージ 12

晴れてから撮った写真がこちら。こじんまりした人造湖です。
イメージ 13

朝食はウィンナーエッグとみそ汁、ご飯。美味しく頂きました。
イメージ 17

今朝はビーナスラインを走るつもりでしたが、山の上は霧が濃いと判断し諏訪湖へ向かうことにしました。
イメージ 14

途中のワインディングでお互いの走行写真を撮影。
イメージ 15

今日の昼食は、信州と言ったら”蕎麦”でしょ!Part2と言う事で諏訪大社門前の”宮前”。かけそば400円也。安くて美味い!昨日のリベンジが出来ました。
イメージ 16

食事の後は、明治19年創業の下諏訪温泉”菅野温泉”。なんともレトロで最高!しかも入浴料230円!!裏の駐車場の駐車券にゴム印を押してもらうと駐車料金がタダになるんです。
イメージ 18
イメージ 19

最後に諏訪湖をバックに記念撮影をし、再会を約束して帰路に付きました。
イメージ 20

九州ツーの後に今度はキャンプご一緒しましょう。とZ1000さんと約束してから雨で2回延期となり、今日が3度目の正直。今朝の霧は想定外でしたが、まあまあ蓼科の道を堪能できたし、何よりZ1000さんと色々話す事が出来たのが今回の一番の収穫。名古屋と埼玉なのでなかなかご一緒する機会は無いと思いますが、またよろしくお願いいたします。

この記事に

那須の別荘で避暑

”那須の別荘で避暑”なんて、タイトル付けると”別荘持ってるの?”と聞かれそうですが、”残念ながら、友人の別荘です!”と言う、オチです。

まだまだ暑い埼玉から那須へワープし、友人の別荘へ。
イメージ 1

夕方からは炭を起こしてBBQ!
ホルモン、那須和牛、ピザ、焼きトウモロコシ、エビの塩焼き、焼きマシュマロ、野菜焼き等々豪華食材が並んだんですが、お腹ぺこぺこで夢中で食べたので写真撮り忘れました。

翌日は早起きして駒止の滝へ。10月中旬になると紅葉が綺麗だそうです。
イメージ 3

Webから拝借しました。
イメージ 4

昨日の反省を踏まえて今朝はしっかり撮影!
ベーコンエッグ、トースト、お手製梨ジャム、トマトサラダ、サイフォンで煎れたコーヒー、ヨーグルトと高原のホテルのブレックファーストのようです!
イメージ 2

因みに木製テーブルは自作です。
イメージ 5

1時間以上かけてブレックファーストをゆっくり味わい、午後からは塩原温泉へ。
塩原温泉の隠れた名瀑”竜化の滝”へ友人夫婦をご案内。結構評判が良かったです。
イメージ 7

途中の”風挙の滝”
イメージ 6

小腹が減ったので釜彦でB級グルメの”スープ入り焼きそば”と思いましたが長蛇の列で即諦めて日塩有料道路を走って奥塩原温泉へ向かいました。ここには3軒の日帰り温泉がありますが、今日は奥さんも一緒なので男女別の”中の湯”へ。300円で入れる硫黄臭の強い源泉かけ流しの白濁湯です。ちょー気持ち良い!
イメージ 8

この後は日塩有料道路の途中にある、峠の茶屋に寄りましたが残念ながら休業中でした。大分お腹が減ったので、日塩有料道路の出口にあるお蕎麦屋さんでおおもりを頂きました。
イメージ 9

想像以上に量が多くて驚きましたが、美味しいんで全部行けました。
イメージ 11

お金を支払う際に目に飛び込んで来たのは下の写真。
イメージ 10上の写真は、正に今日休業中だった峠の茶屋。お店の方に伺ったところ、昨年12月に旦那さんが亡くなり店を続けることが出来なくなり、この店を開店したそうです。
しかし、今年の10月からは改めて峠の茶屋を再開するそうで、ぜひ来て欲しいと言われました。日塩有料道路は紅葉が綺麗なので秋になったら寄らせて貰います。

3か月ぶりでお邪魔した友人の別荘ですが、気兼ねなくお邪魔できる私にとっての癒しスポットです。秋の高原らしい爽やかな空気の中で食べる食事は本当に”美味い”。天気も久し振りに晴れて全てが最高の2日間でした。

この記事に

東伊豆 磯辺のアジ丼

今週は蓼科でキャンプの予定でしたがどうも天気が怪しい。先週のBMW MOTORRAD DAYS JAPAN 2018は2日とも大雨で今週も濡れるのは勘弁と言う事で泣く泣くキャンセルしました。

ところが、天気予報が快方に向かったため、急きょ出撃する事に。さーて、どこへ行こうかな?で9/16は2年前に食べた東伊豆の磯辺のアジ丼を食べに行くことにしました。

コースは東名から小田原厚木道路→箱根新道→伊豆スカイラインと決めました。
今日のコース
イメージ 12

小田原厚木道路の途中で車両火災渋滞中のメッセージを確認しましたが、あまり気にせず進んでいたところ、渋滞が始まるとともに通行止めのメッセージが・・・・・。
渋滞ならまだしも通行止めじゃ話が違うじゃん!と思いつつ結構前の方まで進みました。真ん中を緊急車両が通ったと見えて、車が両脇に寄ってます。前方に黄色や緑や黒のポルシェが並んでますが事故ったのもポルシェのようです。
私は事故現場に着いてほんの10分ほどで通行止め解除になりましたが、先頭の方は45分近く待ったそうです。事故現場にはフレームとフロントグリルしか残っていない真っ黒焦げのピンクのポルシェが無残な姿を晒していました。
イメージ 1

この後、箱根新道で箱根に向かいましたが標高が上がるにつれ霧が出てきました。あたり一面真っ白です。
イメージ 2

その内、霧が雨に変わりました。私のスクリーンは大きめなので一番上まで立てると走ってる分には濡れません。ところがワイパーが無いので運転しずらい事甚だしい。下の写真はスクリーン越しです。殆ど見えないのでスクリーンを下げて運転しました。
イメージ 3
イメージ 4

最悪なところはもっと真っ白でしたが、バイクを停めて写真を撮るリスクが大きくて断念しました。
イメージ 5

無事10時過ぎに磯辺に到着。
イメージ 6

10時から開店ですが、私がトップ入店で入店と同時に灯りが付きました。
イメージ 7

注文したのは名物のアジ丼。値段は同じ1700円(税別)だけど2年前に比べてタワーが低くなった?味は変わっておらず、甘めのたれで付け込まれているアジとショウガのバランスが最高です
イメージ 8

下の写真は2年前のもの。
イメージ 9

帰り掛けに伊豆の国市奈古谷にある、源泉 駒の湯荘(400円)で汗を流して帰路につきました。内湯と露天が一旦服を着ないと行けないのがマイナスポイントです。
イメージ 10
イメージ 11

結局今週もカッパを着る羽目になりました。秋雨前線の影響のようですが、早くすっきりと晴れて欲しいものです。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事