ここから本文です
R1200RTでツーリングと温泉の日々
いよいよ梅雨明け、夏本番。熱中症にご注意を!
昨日テントを日陰に移動したため、テント内が涼しかったこともあり、久し振りの爆睡で気力充実。

そろそろ帰宅を考慮し東へ移動しようと、先ずは道後温泉本館を目指すことに。

松山市内に着いて最初に目に入ったのは伊予鉄の側面上部の「年中無休であなたがだいすき!」。いやぁ、誰が考えたんでしょうか?とっても癒されました。思わず追っかけて写真撮りました。後で調べたら松山市の「ことばのちから事業」の広告スペースだそうです。
イメージ 1
イメージ 2

道後温泉に着きました。車は駐車場待ちで大渋滞でしたがバイクは歩道に無料で止めさせてくれ、とっても優しい対応でした。
先日テレビでは温泉に入るだけで1時間待ちも、と言う事でしたがそんなに待つのなら即退散と思っていましたが、入浴だけの410円コースだったせいかすんなり入浴。
イメージ 3

その後は付近を散策し、イ〇(イマル)で鯛めし。生卵を出汁醤油で溶いて、その中に鯛の刺身を入れ良く混ぜてご飯に掛けて食べます。出汁醤油がちょっと甘くて、美味い!
イメージ 4

その後はライダーの走りたい道NO1になった”しまなみ海道”を走って四国を後にしました。
イメージ 5

しまなみ海道を渡った時は、このまま帰ることを決意してました。
今朝四万十川のキャンプ場を出たのは7時半、道後温泉を出たのは丁度お昼。
途中トイレ休憩だけで春日部の自宅に着いたのは夜中の0時半。走ること12時間半、距離で約1000km。何か所かの渋滞にはまりながらで、いやぁ遠かった〜。

前日まで青森に行く筈が雨予報で急きょ四国に変更したものの余りにも準備不足。

でも、天気には恵まれてずーっと晴れ。(余りにも暑過ぎたので、夏以外にまた行きたい)
なかなか行けないのに、準備不足が今となってはちょっと勿体無かったかな?

***************************************昨日まででアップ出来なかった写真を数枚。
祖谷渓の小便小僧とV字型の渓谷。
イメージ 6
イメージ 7

祖谷のかずら橋で売っていたすだちサイダー、さっぱりして美味しかった。
イメージ 9

最後に初日の徳山道で遭遇した4重事故の写真。
片側1車線の対面通行区間で前方の車がハザード点けてるので先頭まで移動したところ、ご覧のようにベンツのSUVがひっくり返っていました。脇には娘さんが割れたガラスで切ったのか顔など素肌が出ていたところから血が出ていました。

ガソリンが漏れてて危険なので何人かで娘さんを安全な所まで移動させました。
右奥に見える軽はエンジンが10mほど離れた場所まで吹き飛んでたので相当大きな衝撃だったんだと思います。見たところ重傷者は居ないようだったので一安心。
私はそーっと脇をすり抜けて目的地に向かいました。居眠りでしょうか?自分も気を付けなくては!
イメージ 8

この記事に

開くトラックバック(0)

四国3日目

夕べ宴会をやった皆さんを送り出したものの、余りの暑さに思考は停止しバイクに乗る気力がなかなか沸かない中、10時過ぎにやっと出発。

最初は沈下橋。
イメージ 1

イメージ 3



沈下橋の上から皆さん飛び込んで気持ち良さそう。
イメージ 2


今日の目的地は足摺岬。ですが、展望台のそばで食べた練乳イチゴがすごーく美味かった。
イメージ 4


一応足摺岬
イメージ 5


足摺岬からキャンプ場に戻る途中の日帰り温泉で汗を流し、今日の走行距離は239km。

この記事に

開くトラックバック(0)

四国2日目

今日は美馬のキャンプ場から四万十を目指します。

最初のポイントはキャンプ場から30分くらいの祖谷渓。
人が集まってる所はバイクを止めて撮影。
一番人が多かったのはしょんべん小僧。景色の良い崖の上に何でしょんべん小僧が居るんだろう?なんて思いながら走ってたら、そこが祖谷渓だったとは。
残念!なのでスマホの写真無し。

次は祖谷のかずら橋。折角だから渡ろうと思ったのに凄い渋滞で即パス。
イメージ 1


次は四国カルスト。草原地帯に大きな岩がゴロゴロしてて、そこに牛が放牧されてるのがとっても違和感。でも、景色は良かった。
イメージ 2


ちょっと遅めで四万十川のキャンプ場にチェックイン。

たまたま隣合わせたライダー2人とドライバーお1人の4人で11時過ぎまで宴会が盛り上がりました。

今日の走行距離は283km。

この記事に

開くトラックバック(0)

四国、初見参!

今日から盆休み。
一昨日までは北東北に行くつもりでしっかりプランニングしていましたが、雨予報。もともとキャンプだからホテルのキャンセルもないので、急遽四国に変更。

春日部を朝3時に出発し渋滞にはまりまくって13時に淡路島着。淡路島のコンビニで夕べ慌てて買ったツーリングマップル、旅行ガイド、日帰り温泉の本とにらめっこしながら徳島県美馬のキャンプ場に決定。

しかし、昼間は暑かった〜。
今もテントの中は28℃。



コンビニからの青い空。

イメージ 1


鳴門の渦潮。

イメージ 2


今日は760km走ったから、ぐっすり眠れそう。

明日はどこ行こう?

この記事に

開くトラックバック(0)

湯西川温泉

7/15(土)4時に起きて湯西川温泉に行って来ました。

急ぐ旅では無いので春日部から湯西川温泉までず〜っと下道で行きました。この写真は今市手前の日光街道の杉並木です。6時過ぎなので車の通りも少ないです。
イメージ 1

今日の温泉1件目は日塩有料道路の奥塩原温泉にある共同浴場の”寺の湯”です。手前の茶色い建物が温泉です。トイレじゃありませんよ〜!
イメージ 2
イメージ 3

朝が早かったので貸し切りでした。濁り湯の硫黄泉でちょっとピリピリします。
奥の透明な浴槽は75度ほどの源泉がどんどん掛け流しになっていたので殺人的な熱さでした。手前は41度ぐらいで適温でした。
イメージ 4

今日の2件目は本命の湯西川温泉の共同浴場の”薬師の湯”です。橋の上からの写真ですがこれもトイレに見えてしまいますね。手前の川は湯西川です。透明度抜群の綺麗さでした。
イメージ 5

ところが生憎の掃除中で、お湯が溜まるまで1時間掛かると言われて諦めました。
イメージ 6

こちらは”薬師の湯”の対岸にある”薬研の湯”です。岩をくりぬいただけの温泉でロケーションは最高なんですが、対岸の旅館や橋の上から丸見えなのでこちらも諦めました。
イメージ 7
イメージ 8

仕方なくUターンし、先ほど通ってきた”湯西川水の郷”へ戻りました。
源泉掛け流しの日帰り温泉、食事処、お土産屋などを備えた観光施設ですが、道の駅のような作りです。
イメージ 11

水の郷と言うだけあって大きな水車がお出迎えです。
イメージ 10

湯西川ダックツアーの派手なバスとツーショット。
イメージ 9

結構長い本格的なつり橋が有ったので渡ってみましたが予想通り何もありませんでした。
イメージ 12

この後は大笹牧場でソフトクリーム休憩。暫く行ってなかったら自販機で食券は買うは、値上げになってるはで驚きました。でも味は相変わらずで美味しかった!
イメージ 13

キスゲ平園地でニッコウキスゲが満開との事だったので寄ってみました。山頂まで登るとたくさんの花が見られたようですが、私はちょっとしか上らなかったのでご覧のようにスカスカでした。
イメージ 14
イメージ 15

朝が早い時間帯は良かったのですが、昼からの暑さと地元に近づくにつれて気温がどんどん上がるのには参りました。まぁ、夏だから仕方ありませんが。

湯西川温泉はアルカリ性が強くPHが9.5もあり、お肌がつるつるになる美肌の湯と言う事で入りましたが、インパクトが薄かったな〜。入れなかった薬師の湯はどんなお湯なんでしょうか?次回に持ち越します。

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事