ここから本文です
R1200RT LCでツーリングと温泉の日々
いよいよ真夏、熱中症に注意しましょう!

西山温泉キャンプツー

7/21(土)〜22(日)の一泊二日で山梨県の西山温泉湯島の湯キャンプ場へ行って来ました。
往路のコース
イメージ 3

メンバーは同じBMW Dラーのお客さんのR1200GSさん。
イメージ 1

R1200GSのお友達のF800GSさん。
イメージ 2

東名高速の足柄SAで8時に集合し、御殿場ICでアウト。
御殿場から23〜152〜180と富士山の南側の道路を繋ぎましたが、涼しいし車は少ないし適度なコーナリングで気持ち良く走り抜けました。
上井出の交差点を右折して富士宮焼きそばの”むめさん”へ。
イメージ 4
イメージ 5

10時半の開店まで30分あるので白糸の滝を見物することに。
イメージ 6

店に戻り、ミックス焼きそば大盛りを注文。
因みに富士宮焼きそばとは
”最も特徴なのは麺のコシです!麺に弾力があるため食べ応えがあり、その食感と味にやみつきになる人多数。その他にも、肉かすが入っていること、イワシの削り粉がふりかけてあること、富士山の湧き水を使っていること”だそうです。
まさに富士宮焼きそばで美味しいんですが、大盛りがいけなかった。残したら失礼なのでやっとこさ、食べ切りました。
イメージ 9

食事の後はすぐ近所の富士ミルクランドでソフトクリーム。濃厚だった〜。
イメージ 7
イメージ 8

この後3時過ぎにキャンプ場に到着。
イメージ 10
イメージ 11

ヘリポート場に温泉が併設されており、そこにコテージがある。その周りの芝生をキャンプ場にしたって感じ?かな。
イメージ 12

現地集合で千葉県の稲毛からトリッカーで初キャンプの女性と車2台で3名の方も合流し、合計7名の所帯になりました。
イメージ 13
手前の水色のモンベルが私です。
車が2台も参加したのでバイクキャンプでは有り得ない食材と道具が一杯出てきました。皆さんがいろいろなものを持ち寄って皆でシェアして食べるパターンです。私の持ち込んだステーキからピザ/焼きおにぎり/そうめん/イカマグロ等々お腹がいっぱいになりました。
イメージ 14

上の写真を撮ったのは5時過ぎですが、山間には太陽が届かないので長袖を着ていました。ところが7時を回ると雲一つない青空から太陽がギラギラ照り付け、今日も厳しい一日が予想されます。

キャンプ場から先は行き止まりですが、テントを撤収したらちょっと上がったところの温泉に入りに行くとの事でしたが、渋滞に嵌るのが嫌なので私はここで離脱しました。

中央道の甲府南ICから入り、八王子JCTから圏央道で白岡菖蒲まで走りましたが、関越道を過ぎたあたりから気温がどんどん上がり、とうとう39.5度まで上がりました。
やっぱりこの時期、この時間帯は走っちゃダメです。

今日のキャンプのメンバーさんはR1200GSさん以外は初めてお会いする方ばかりでしたが、全く気を遣わずにとても楽しいキャンプでした。

2日間の走行距離502km、燃費22.61km/L

この記事に

開くトラックバック(0)

木賊温泉から大内宿へ

7/14(土)、2週間前に南会津を暫くぶりに走った快感が忘れられずに再び走ってきました。

今回のコース。
イメージ 1

自宅を4時50分に出発し、東北道久喜ICから東北道にINし、西那須野塩原ICout400号〜121号〜352号と繋いで南会津に入りましたがここまでは前回と全く一緒。最初に寄ったのは水引曲家集落。7軒の茅葺民家が有りました。正直なところ、寄らなくっても良かったかな??
イメージ 2
イメージ 3

次は木賊温泉岩風呂です。やっぱり岩風呂、最高です!
駐車場に水戸ナンバーの黒いBMW R1200STが置いてあったので、岩風呂の先客の方にお聞きしたところ、案の定STのライダーさんでした。
イメージ 4
イメージ 5

同じBMW乗りと言うこともあり色々お話させて頂きました。弟さんが阿字ヶ浦の干物屋さんの大喜やさんに居るそうなので今度寄らせて貰います。
イメージ 6

温泉から上がったら熱い体をクールダウンさせる為に駐車場向かいの平野物産店で休憩が定番です。温泉で一緒だった1200STさんも一緒です。
イメージ 7

ここの女将さん、美人でしょ!カメラ目線頂きました。クールダウンしながらの女将さんとの会話が癒される〜!
イメージ 8

屏風岩で写真撮りましたが、今一?
イメージ 9

只見川の橋の上から撮った写真ですが、後の景色が私的には”オーストリア”っぽいと思ってます。(電線が邪魔です)
イメージ 10

次はJR只見線の会津大塩駅そばの”大塩天然炭酸場”です。2年ぶりの訪問です。
井戸の底の方の炭酸水をロープに繋がったやかんで掬います。2年前に来たときは普通に売ってるのと同じと感じましたが、今回は錆びた鉄の味がしました。後でネットで検索したら”若干の鉄分が感じられ”とあるので前回は気が付かなかったのかな?
イメージ 11
イメージ 12
イメージ 13

道の駅 からむし織の里しょうわの”郷土食伝承館 苧麻庵(ちょまあん)”でせいろを食べましたが、極々普通でした。
イメージ 14

食事の後は定番のソフトクリーム。この後、表のベンチでアイマスクと耳栓して50分間爆睡してましたが、膝から下が猛烈に暑いことで目が覚めました。太陽が動いてそこだけ直射日光が当たってました。暑かった〜!
イメージ 15

次は2週間前にも寄った、”長寿の水”。ここの水は冷たくて美味い。大きな水筒を満タンにしました。
イメージ 16
イメージ 17

大内宿の手前の131号で見付けた”八幡のケヤキ”です。樹齢950年で胴周りが12mもある大きなケヤキです。バイクと比べると大きさが分かりますね。
イメージ 18

大内宿に到着。15時過ぎの大内宿です。
前回と違って道路わきの旗が有りません。また、前回の8時半より人が多いですが観光バスなどは帰った後だそうです。
イメージ 19
6月30日 8時半の様子
イメージ 20

前回美味しかった山形屋さんの”ぬれかりソフト”が品切れで”ぬれかり煎餅”を買いました。おばちゃん、いい味出してます。
イメージ 21
イメージ 22

小腹が空いたので、山本屋さんの焼だんごを購入。米粉の団子の”もちもち感”とえごま味噌の”あまじょっぱさ”が美味しかった。
イメージ 23
イメージ 24

大内宿からは118号を通って羽鳥湖へ。羽鳥湖からは37号を抜けて白川ICから東北道に乗りました。3連休の初日なので渋滞ゼロで快適なクルージングが出来ました。
イメージ 25

この日の埼玉は38度近い気温が予想されてましたが、朝早く出発し7時半には福島に入っているのでそれほどの暑さは感じませんでした。しかし、いつも通り夕方に帰宅すると酷暑の東北道が辛いと思い、白河ICを17時半に乗ったのでそれほど暑さを意識せずに今日のツーリングを終えることが出来ました。やはり真夏は朝早く出発し涼しくなってから帰宅するが鉄則ですね。

本日の走行距離574km、燃費21.83km/L

この記事に

2日目は友人のcopenでドライブです。早朝こそ若干涼しかったですが、その後は山の爽やかな風をいっぱいに受けて最高の気分でした。このcopen、軽ですが結構早いんです!
イメージ 1


今日の1件目は大内宿。近くの道は何回も通ってますが来るのは初めてです。朝が早いので観光客が殆ど居ません。写真撮影には持って来いです。
イメージ 2


山形屋さんの”なんぼかんめいからくってみっせ”の看板が気になり、店のおばちゃんに”かんめいって何??”って聞いたら、なんぼか、んめいから(うんめいから)って読むんだって!! ”ん”で始まる言葉が存在するなんて〜!!
イメージ 3


冷たい麦茶をご馳走になり、ぬれかりソフト煎餅を購入。これが美味かった!絶対おすすめ。
イメージ 4


個人情報保護のために画像は加工してあります。
イメージ 5

別のお店の写真です。手作りの?ですが、色遣いが綺麗でしょ!
イメージ 6


この後、急な階段をヒイヒイ言いながら宿場全体が撮れるところでお決まりの一枚。
イメージ 7


次は塔のへつり。に掛かっているつり橋。
イメージ 8

つり橋を渡った奇岩の間にあるたくさんの石。どういう意味が有るんでしょう??
イメージ 9


午後からは那須の蕎麦屋の”小椋”です。
イメージ 10


表通りから一本裏に入ったところのお店です。目立たないから隠れ家的で、落ち着ける良い店です。オーナーさんかな?息子さんかな?私のバイクをじーっと見てたので聞いたところCB400に乗ってるとの事。親近感湧くな〜!
イメージ 12

蕎麦も、つゆも、そば湯もみんな美味しかった。ごちそう様。
イメージ 11

ここで友人と再会を約束して帰路につきました。

12日で気のおけない友人と暫くぶりに過ごした楽しい2日間でした。
日々のストレスから解放され明日からの活力を貯めることが出来た最高の2日間でした。友人に感謝!!

二日間の走行距離537km、燃費21.77km/L


この記事に

木賊温泉から那須へ(1)

6/30はバイクで会津を満喫し、7/1は友人の車で福島をドライブしました。
 
今回のコース。
イメージ 21

6/30(土)自宅を4時50分に出発し、東北道久喜ICから東北道にINし、西那須野塩原ICout400号〜121号〜352号と繋いで南会津舘岩地区の前沢曲家集落。
イメージ 1

次の目的地の木賊温泉に行く際はいつも手前を曲がってしまうため、今までは全く知りませんでしたが、改めて会津の観光ポイントを検索していて見つけました。曲家とはL字形の平面を持つ民家のことだそうです。朝が早かったので無料で入れましたが本来は入場料が300円です。
イメージ 2


水車小屋や
イメージ 3

バッタリ小屋が有り、良い雰囲気です。
イメージ 4

こんな急な山道を10分ほど登ると集落全体が見渡せる展望台が有ります。
イメージ 5

写真で見るとミニ白川郷?みたいな・・・・・。
イメージ 6


次は今日の本命の木賊温泉 岩風呂です。
イメージ 7


23年振りに来ましたが新築になっていました。先客の方に聞いたところ、昨年の大水で前の建物が流されてしまい昨年新築したそうです。
ここは混浴ですが滅多に女性にお会いしません。しかし、今回はパンツをは履き終えたところで中年のご夫婦が入って来られ、汗びっしょりのまま慌てて服を着て出てきました。びっくりした〜!!
イメージ 8


次の温泉目指して会津の道を流しましたが、青い空、新緑、澄んだ空気、渋滞知らずの道、どれをとっても最高でした。会津の道ってこんなに気持ち良かったっけ??と自問自答しながらテンションMAXで走っていました。
イメージ 9
イメージ 10

今日の2湯目は南郷スキー場と只見の真ん中にある、深沢温泉 むら湯です。
イメージ 11

貸し切りだったので湯舟を撮影しました。ここは高台に有って窓が大きいので景色が最高なんです。お湯はしょっぱくて茶色いです。
イメージ 12


次の訪問地への移動途中でひめさゆりの旗が何本も立ってたので予定変更し見に来ました。
イメージ 13

受付のおばちゃんに”まだ咲いてるの〜??”って聞いたら、”もう殆ど終わった〜”との返答。”でもお金取るんでしょ??”って聞いたら、”取らない〜”だって。なら、見に行きましょう!
で、入ってみたけど、確かに殆ど咲いていませんでした。
イメージ 14

ようやく綺麗なのを見つけて撮りました。
イメージ 15

お金払って無いのに入場券は記念にくれました。
イメージ 16


次の目的地は高倉山の長寿の水。冷たくて美味しかった。友人宅で飲むコーヒー用にペットボトル1本分だけ分けて貰いました。
イメージ 17
イメージ 18

16時過ぎに那須に有る友人の別荘に到着。今晩はこちらでお世話になります。
素敵なログハウスです。お世話になるのは今日で6回目かな?
イメージ 19

本日の3湯目は那須温泉の自在荘。内湯&露天とも掛け流しで良い温泉です。と言うことで本日は3つの温泉を堪能しました。贅沢ですね〜。
イメージ 20

(2)に続く

この記事に

R1200RT LC プチカスタム3

前々から気になっていたトップケース用LEDブレーキランプを買ってしまいました。
イメージ 1

併せてメッキカバーも買ってしまいました。合わせて44000円弱。高いですね〜!
イメージ 2

メッキカバーに仮止めされてる黒いプラスチック。壊さずに取ろうと思いましたが、構造が分からずドリルでばらして見たらこんな感じのリベットでした。
イメージ 3

メッキカバーとLEDランプを組み合わせてセット完了。
トップカバーに元々付いている黒いカバーを取り外すのは至って簡単でした。
カバーを外すと電源が来てたので、新しいLEDと繋げれば接続完了でここまでは至極スムース。
イメージ 4

ところが新しいメッキカバーをねじ止めするのがやたら大変でした。とにかくねじが入っていかない。トップケースの蓋を外すなりの良い体勢ならまだしも、横着で蓋が半開きの状態なので、ねじ穴がどっちに向いてるのかが分からず2本のビスを止めるのに30分近く掛かったような・・・・・。

でも、苦労の末に取り付けて、LEDの点灯を見た際は”自己満足”の権化でした。
イメージ 5

これで大型トラックなどの視点の高い車両からの視認性がアップすると思います。
イメージ 6

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事