前後不覚

キティちゃんじゃなーい(泣)

全体表示

[ リスト ]

『The Hours』☆☆☆☆★

ここんとこの外出禁止令のおかげで、引きこもっています。


ビデオやら本を貸してくれたカップ嬢に感謝します。

ありがとう。



日本でのタイトルは『めぐりあう時間たち』と記憶しています。

違ったらごめんなさい。



さて本題。

この物語は、異なる時代に生きる3人の女性のそれぞれの一日が同時に進行します。


1920年代のイギリス。

片田舎で本の執筆活動をしているVirginia(ニコール・キッドマン)最後の一日。

彼女がこの日に書きあげた本「Mrs.Dalloway」が、

登場する3人の女性を結び、この映画の軸となっています。


1950年代のロサンゼルス。

家族があるLaura(ジュリアン・ムーア)は、

「Mrs.Dalloway」を読み進むにつれ、別の生き方を見つけ、変えたいと苦悩する。


2001年、現在のニューヨーク。

エイズにおかされ、死が目前にせまっている元旦那の介護と仕事場を何往復もし、

肉体的にも精神的にも疲れきっているClarissa(メリル・ストリープ)は、現代版「Mrs.Dalloway」。




3人の主演女優の共演はかなりの見ごたえあり。

音楽も衣装もいい。

ラストは、まさに衝撃的。

ニコール・キッドマンの「つけ鼻」も、ある意味、衝撃的。

どんな意味あるんだ、あれに。

う〜。知りたい。



とにかく、迫真の演技は見もの。

ストーリー的にも一瞬も見のがせません。

腰を落ち着けて、じっくり鑑賞したい映画です。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事