前後不覚

キティちゃんじゃなーい(泣)

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全45ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

今回のおすすめは、

linkin park マイク・シノダのソロプロジェクトアルバム『the rising tied』の中からの

シングルカットPVです。


それにしても、

せつねー。

なんてせつないんでしょう。

曲もビデオもせつないったらないね。

ビデオに出てくる子供達の表情っつったら、もう、、、

たまんないよ。

悲しすぎて。


単身赴任の世の男性諸君、痛いよ。

忙しいであろうマイクの奥さんが書いたんじゃないかと疑いたくなるような歌詞が、

まじ泣けてくる。

そして、まじ痛い。


歌詞訳(抜粋&意訳)

どこに行ったのとても恋しいわ
あんたがずっといないような気持ちなの
お願いだから帰ってきて
なぜあなたはいつも留守なの
うまくやっているけど旅が長く感じて
いつも電話の傍で待っている自分がいる
声を聞くと孤独感がなくなる
だけどかかってくる電話のために一日の予定を決めて
電話に出るとあまり話すことがない自分がバカみたい
だから少し納得いかないってわかってほしい
ここで待っていないといけないなんて
時々あなたとその仕事に
もうウンザリだって言うか言うまいか悩む
私とここにいる家族で
あなたはどこに行ったのかと歌っている


うるうる。

ほんとすいません。


かなりスローな曲に、Holly Brookの儚く美しい歌声とマイクのラップが凄くあってて、

非常に耳に残る名曲です。

半年ほど前に出た曲なんですが、PVを探すのに苦労しまして、

ようやく見つけだしたので見て下さい。

http://www.youtube.com/watch?v=8zBybdnDQCI


そんなこんなで終わりにします。

歌詞を下にはっつけておきますんで、見てみて下さーい。



『Where'd you go』

[holly]
Where'd you go?
I miss you so,
Seems like it's been forever,
That you've been gone.

[mike]
She said "Some days I feel like shit,
Some days I wanna quit, and just be normal for a bit,"
I don't understand why you have to always be gone,
I get along but the trips always feel so long,
And, I find myself tryna stay by the phone,
'Cause your voice always helps me when I feel so alone,
But I feel like an idiot, workin' my day around the call,
But when I pick up I don't have much to say,
So, I want you to know it's a little fucked up,
That I'm stuck here waitin', at times debatin',
Tellin' you that I've had it with you and your career,
Me and the rest of the family here singing "Where'd you go?"

[holly]
I miss you so,
Seems like it's been forever,
That you've been gone.
Where'd you go?
I miss you so,
Seems like it's been forever,
That you've been gone,
Please come back home...

[mike]
You know the place where you used to live,
Used to barbeque up burgers and ribs,
Used to have a little party every Hallowe'en with candy by the pile,
But now, you only stop by every once in a while,
Shit, I find myself just fillin' my time,
Anything to keep the thought of you from my mind,
I'm doin' fine, I plan to keep it that way,
You can call me if you find you have somethin' to say,
And I'll tell you, I want you to know it's a little fucked up,
That I'm stuck here waitin', at times debatin',
Tellin' you that I've had it with you and your career,
Me and the rest of the family here singing "Where'd you go?"

[holly]
I miss you so,
Seems like it's been forever,
That you've been gone.
Where'd you go?
I miss you so,
Seems like it's been forever,
That you've been gone,
Please come back home...

[mike]
I want you to know it's a little fucked up,
That I'm stuck here waitin', no longer debatin',
Tired of sittin' and hatin' and makin' these excuses,
For while you're not around, and feeling so useless,
It seems one thing has been true all along,
You don't really know what you got 'til it's gone,
I guess I've had it with you and your career,
When you come back I won't be here and you'll can sing it...

[holly]
Where'd you go?
I miss you so,
Seems like it's been forever,
That you've been gone.
Where'd you go?
I miss you so,
Seems like it's been forever,
That you've been gone,
Please come back home...
Please come back home...
Please come back home...
Please come back home...
Please come back home...

開く コメント(28)

ピース!

イメージ 1

昨日21日の午後9時ぐらいだったでしょうか。

左が首相のコイララさんで、右がマオイストのプラチャンダ書記長です。

恒久的な和平協定の調印式を終えた2人が握手した、と言う写真です。


この調印式の模様をテレビ中継で見ていました。

この二人が束になってる書面に次々にサインをしていくのですが、

首相は高齢で手もおぼつかない感じで紙をめくるのも1人でできていないのに対し、

となりで署名していたプラチャンダの方は早い早い。

さっさと終わらして、手持ち無沙汰。

署名後の演説も、ワンフレーズごとに肩を上げ下げして喋りまくる力強いプラチャンダに対し、

コイララさんは座ったまま、ぼそぼそとスピーチ。

それだけなんですけど、かなり印象的でした。


内戦はこれで終結しました。(詳しくはニュース等を見て下さい)

残るは国王様。

王制廃止を強調するマオと、

権限を縮小するが王制は維持していく考えの主要7政党率いる現政府。


半年後の選挙しだいということです。


なにはともあれ、ピースッ!

新たなマオの出現までは、ピースッ!

よかった、よかった。

開く コメント(4)

開く トラックバック(28)

「おい、マオバディ(マオイスト:ネパール共産党毛沢東主義派)!」

「ハジュール! サール、僕はマオバディじゃないってばぁ・・・」


返事をしないわけにはいかないので、とりあえず「はい」と返事をするところがえらい。


「なんだ。お前はマオバディだろ?」

「ちがうってばぁ。マオバディは人をいっぱい殺したから嫌いなんだよ」

「今は違うんだろ?今日もバラジューチョーク(カトマンズ内の主要交差点の1つ)で笛ふいてたぞ」

「交通整理して、違反車捕まえてどうするの?政府(の警察)に渡すだけだよ?」

「あれはそんなことやってんの?賄賂でも要求して小遣い稼ぎでもしてるのかと思ったよ」

「もちろん、賄賂も要求してると思うけど」


現在、いたるところで交通整理するマオなるものがあるらしく、

私の場合は、信号がなく渋滞が激しい交差点で、西と南は警察、東と北はマオというのを見た。

マオのほうは赤のサンバイザーが目印なだけであるが、

なんだか警戒しているのか、警察が笛を吹くよりもマオの笛の方が効果は高いようだった。

分かりやすく書くと、

お姉さんの警察<お兄さんの警察<マオ 

が、渋滞緩和能力は、

お姉さんの警察=お兄さんの警察=マオ

なので、

乗る人が変わるしかないらしい=救いようがない

よって、

みんなかわれ。

そういうこと。



「おい、マヘンドラ。お前はマオバディか?」

「うん。サポーターだよ」

「なに!まぢ?」

「だって、今のままじゃ何も変わらないよ。変わらなきゃダメなんだよ」


ちょっとアツイ感じなアイツ。


「王様どうすんだ」

「海外にお金いっぱいためてあるんだから、どうなったっていいよ」


ラージェスもこれには同意らしく、激しく相づち。

うんうんうんうんうん。


「マヘンドラ。お前そー言えば、このまえバイクの鍵とられて立ち往生させられてたじゃねーか」

「あの時は僕のミスだ」


ミスか?


私の仕事場では長老のパンチャさんが通りかかったので、聞いてみた。

「パンダイはマオバディどう思うの?」

「あん?」

最近、耳が遠い。

「マオバディだよ、マ、オ、バ、ディ!」

「あ〜」

「パンダイはマオバディ?」

「今は違うけど、半年後に選挙があるから、その頃はマオバディのサポーターかもね」

「え?だって、息子さんがマオバディに何もしてないのに殴られたばっかでしょ?」

「あれは、息子のミスだ」


ミスか?


「そういえば、パンダイのところにもマオバディが寝かせろだの飯喰わせろだのって来るの?」

「あー、来たよ。でも地域のみんなでデモしたから来なくなったよ」

「こないだマオバディの事務所につっこんだの、まさかパンダイなの?」

「違うけど、おれたちだ」

その日のそのデモ後、マオバディ書記長さんからカトマンズ市民に向けて謝罪があったのでした。

デモってみるもんだね。



そんなわけで、とりとめもない話になってしまいましたが、

私のまわりにもマオが浸透しつつある状況です。

というお話でした。

開く コメント(2)

昨日のメール。


大使館からのお知らせ
11月7日(06−79)

マオイストの集会
1.マオイストの大規模集会
 マオイストは11月10日(金)、カトマンズ市のトゥンディケルにあるオープンシアターにおいて中央レベルの大規模集会を実施すると発表しています。当日は、プラチャンダが公の場でスピーチを行うことから、カトマンズ盆地外からも多数のマオイスト関係者が動員(強制的に動員されるものも含む)され、また、マオイストは集会開始前に市内をラリーすることを計画しているとの情報があります。従って、カトマンズ市内の交通に大きく影響が出る可能性があります。
(1)日程等(マオイストプレスリリースから抜粋)
●ラリー
 日時:11月10日(金)午前10時から12時まで
場所:バラジュ、ゴンガブ、スワヤンブナート、チャバヒル、ドムバライ、ナヤンバ    ネショワール、シーフォール、ジャワラケル、マンガルバザール
   から集会会場に向けてラリーを実施します。
●集会
 日時:同日午後0時から
 場所:トゥンディケルにあるオープンシアター(ラトナパーク近く)
(2)注意事項
●当日は、車両での外出を控える
●ラリーが行われている周辺には近づかない
2.マオイストの宿舎要求行為
(1)宿舎要求行為
 マオイストは、地方から動員するマオイスト関係者に宿泊先を提供するためにカトマンズ盆地内の一般家庭に宿泊させることを要求する事案が発生しており、在留邦人の家庭にもそのような要求事案が発生しています。
 マオイストは公式的には強制ではなく、任意的な協力を求める旨表明していますが、下部レベルの活動家まで全て統制がとれ、紳士的に要求するとは限りませんので、慎重に対応することをお勧めします。
(2)対応要領
● 個人で対処することなく、近隣等と相談して意思統一を図り、地域又は集団で対処 する。
● 相手をできるだけ刺激しない。特に拒否する場合はより丁重に断る。
 例:日本人はネパールで参政権も有しておらず、日本人一個人としてネパールの政   治に関与できないこと等を明確に説明する。
● 相手に譲歩し、要求を受け入れる場合でも必要最小限度の協力に止める。
 例:宿泊はさせず、食物、毛布などの提供に止める
● 具体的な案件については、大使館領事・警備班に相談して下さい。
 
※ 大使館 電話(代表) 4426680
 領事担当      98510−20−158
 警備担当 98510−20−150





今日のメール。


大使館からのお知らせ
11月8日(06−80)

マオイストの大規模集会の中止
 
 11月10日(金)カトマンズ市のトゥンディケルにあるオープンシアターで開催予定であったマオイストの大規模集会は、中止となりました。
 また、マオイストは11月7日深夜、政府との和平交渉に合意に達したことを祝して、大規模集会に代えて、ネパール全土でビクトリーラリーを行う旨発表しています。10日に予定されていた大規模集会に比べて交通網等への影響は少ないと思われますが、ラリーを実施している周辺では、交通渋滞が発生する可能性がありますので、車両での外出時はご注意下さい。
 また、大規模集会の中止に伴い、宿舎の提供要求もなくなると思われますが、今後、何らかの目的・理由でマオイストが在留邦人の皆様に対して食事、宿舎の提供を要求してきた場合には、大使館領事・警備班に連絡して下さい。
 
※ 大使館 電話(代表) 4426680
 領事担当      98510−20−158
 警備担当 98510−20−150





どうなるのかねぇ。。。


それにしても、大使館の方々、

本当に御苦労様です。

開く コメント(2)

それにしてもいろんなところに行った。

東京・神奈川・千葉・福島・山形・新潟・岐阜・愛知・高知・愛媛・福岡。

15公演ぐらいについてまわったのだが、

あたりまえだが、どこに行っても会場の構造は全く違い、

そのつどあたふたしながら調理をしていた。

そんな目のまわるような忙しい1ヶ月のあいだに、

一度だけ会場の客席からトリニティを見る機会があった。

忘れもしない、宇和島のなんとか会館だ。

うまい具合に手があいたので、主催者の人に聞いてみたら、

「是非、見て下さい」と快諾。

おそるおそる真っ暗な会場に入った。

そして、始まった。

色とりどりの衣装を着て舞台をところ狭しと飛び回る元気はつらつのダンサー達。

真剣に楽しんでる様子が伝わってきて、すぐに舞台にのめり込んでしまった。

揃った動き、ジャンプの高さ、アイリッシュダンスの特徴の1つである足の動き。

マフィアメガネの照明が効果的に場を盛り上げていた。

そしてなんといっても生演奏なのがいい。

バグパイプあり、なんか古そうなフルート、ギターにドラム。

ダンスはつづく。

アイリッシュダンスの世界大会優勝者の華麗なタップのソロ。

圧倒されるしかない。

見覚えのあるスカートも出てきた。

輪になったり、飛んだり、跳ねたり、タータンチェックは休む暇がない。

ちょっと変わった感じの創作ダンスみたいなプログラムもあり、

飽きさせない。


しかし素晴らしい舞台の影では、こんなこともあった。

ツアーの中盤あたりの公演に行った時だったと思うが、

なんだか有名なスポーツトレーナーの先生がきて、マッサージやら整体?やらをやっていた。

この時はダンサーの女の子たちは列を作って並んでた。

いつも元気なダンサー達だったが、かなりハードなダンスで体はボロボロだったのだろう。


2時間は、あっというまだった。

いつも顔を合わしていたから情がうつるということもあるが、

本当にいい経験ができたと思う。

素晴らしい舞台だった。

疲れも何もかもふっとんだ。



最後に。

現地についてからの会場の人にはかなりお世話になりました。

買い出しのこと、電気のこと、調理場のことなどなど。

ありがとうございました。


そして、何と言っても主催者の方をはじめ関係者の方々には多大な御迷惑をおかけしました。

ホントにすいませんでした。

そしてホントにありがとうございました。


おわり!


来日公演日程やチケット詳細はこちら。
http://www.trinity-japan.jp/profile.html

トリニティのHPはこちら。
http://www.trinitydancers.com/



PS がんばってね。

開く コメント(1)

全45ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事