前後不覚

キティちゃんじゃなーい(泣)

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

ミャンマーのこと。

イメージ 1

最近、ミャンマーのニュースを目にすることが多くなった。

ミャンマー?

この国の名を知らなくとも、

民主化運動の指導者である、アウンサン・スー・チー女史の名は聞いたことがあると思います。



現在、同国中部に位置するピンマナに首都機能を移転中なのを御存知でしょうか。

昨年11月に、突然首都移転を発表し、

とうとう、今月27日に同地で国軍記念パレードが行われました。


ピンマナは、これまでの首都ヤンゴンから北西に350キロ。

はっきり言って、山奥。

しかも、かなりです。

分かりやすく日本で例えるならば、

首都がいきなり岐阜県山中になったようなもんです。


話しは少しそれますが、

名古屋から国道41号線を岐阜に向かい、

これより岐阜県の看板を越えたあたりに、

首都移転のキャッチフレーズ『東京から東濃へ』の大看板がある。

癒し系の看板としては最高だ。


それはさておき、

そんなことを本気でやる国は、とことんすごい。

4月1日から、公務員の給料が最大で13倍にも跳ね上がるというのだ。

ドが付くほどの田舎であるピンマナに転勤させられる各省庁役人達の懐柔策である。


世界からどんどん孤立してます。

アメリカ様にも名指しされたりして、

最近はASEANにまでも見放されつつあるようです。

このままでは、北朝鮮のようになってしまいます。


なんとかならんもんですか。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

スーチーさん情報や国内問題の詳しくは、このサイトがおすすめです。

http://www.burmainfo.org/

ちなみに、このサイト内のキャンペーンの紹介欄に、

スーチーさんをはじめ、

民主化活動に参加し拘束された人達の解放を求む署名ができるサイトへのリンクがあります。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

このブログで一度スーチーさんについて書いたことがあります。

もしよかったら、見て下さい。

http://blogs.yahoo.co.jp/saw_e_wa/5338431.html

チーズーべー ノ。

開く コメント(2)

WBC:Dear 王監督

イメージ 1

王監督、おめでとうございます!



今大会はまさに波瀾に満ちていました。

韓国に2連敗したり、

誤審と思われるケースが重要なところで出たり、

アメリカが負けて決勝にでたり、

日本ベンチは相次ぐ故障者もでました。


なにが起こるかわからないのが野球ですが、

いろいろありすぎでした。


それでも、あなたはいつも情熱的で冷静でしたね。


不調が続き、いらだつイチローが、らしからぬ発言をしても、

暖かく見守り続けていましたね。

アメリカに渡ってからというもの、

チームプレーを忘れていたあのイチローがリーダーシップを発揮していました。

彼があんなに素直に熱く野球をしている姿を見たのは、

名電以来です。


福留が絶不調でも使い続けましたね。

まわりからは、何故だと言われ続けたことでしょう。

それが決勝リーグでの活躍につながったことは、

誰もが認めるところです。

監督の期待に応えたいと言う気持ちがびんびん伝わってきてました。


決勝で、川崎がエラーをしまくりました。

初戦から活躍し続けた彼でしたが、今日は緊張もあったのか打つ方までも絶不調。

1点差に追い詰められた9回表、

私は、金城と彼の所に代打が出ることを予想しました。

私はバカです。お許し下さい。



技術うんぬんよりも、

選手との心のつながりを大事にした王監督の采配こそが、

世界1という結果を導いたのだと思います。



野球ファンでよかったと心から思えました。

ありがとうございましたっ!



最後に。

王監督、あなたは私の母と同じ誕生日です。

ありがとうございます。

開く コメント(2)

今日は映画を見に行きました。

なんと、日本でも話題だったSAYURIが上映されていたのです。

たまには映画館で映画を見るというのはいいものです。


映画が終わって会場が明るくなった瞬間、

欧米人らしき人も数多くいましたが、会場の雰囲気はかなりどんよりしていたように感じました。

私もその1人でした。


全編英語のため(あたりまえです)、どこまで理解できていたのか疑問が残りますが、

ま、とりあえず感想。

日本を舞台にしたアメリカ映画にしては、

かなりよい出来だったのではないかと思います。

が、

これでもか!!!、と日本の風景美が強調されていて、

後半はちょっとゲンナリ。

ツッコミどころも数知れず。


日本の家のまわりにゃ、あんな景色はありゃしませんが、

それでも、ちょっぴりホームシック。


子役の娘、かわいかったねぇ。

主役のチャン・ツィーイーにも似ててよかった。

まったく似てないとさめちゃったりするもんね。


ストーリーのほうは、

時代に翻弄されながら生きていく芸者さんのお話なので、ありがちといえばありがちな内容。

見てない人もいると思うので、

詳しくは書きませんが、

ありがちな内容です。


アメリカ的な日本の美を堪能したい方は是非御覧下さい。

芸者さんの踊りや着物はもちろんのこと、桜、紅葉、雪景色、お寺や日本家屋など、たっぷりです。

個人的な意見としては、総合的に見て「今さらねぇ」といったとこですかね。


最後に、これから見る人に1つアドバイスを。

芸者さんの着物が似合ってないのを気にしてはいけません。

開く コメント(4)

WBC:決勝進出!

イメージ 1

4様は王様には勝てないのです!


ようやく韓国に勝ててホッとしたねぇ〜。

勝因は、上原。

写真は福留です。

中日ファンとしましては、涙が出るほどの喜びです。

安打製造機だった福留が、貧打中日の4番に座らされ、

ホームランバッターに見事に成長してしまいました。

こんなところで、このように活躍するとは夢にも思いませんでした。

不振の3番、敗因を背負わされた福留でしたが、これで帳消しでしょう。

ありがとうございました。



さて。

決勝の相手はアマチュア野球で無敵のキューバ。

03’W杯1位
04’アテネ五輪 金 
05’W杯1位

強すぎです。


今大会の勝ち上がり方はというと、

1次リーグ プールC
1位 プエルトリコ 3勝
2位 キューバ   2勝1敗

1次リーグ プールD
1位 ドミニカ   3勝
2位 ベネズエラ  2勝1敗

2次リーグ プール2
1位 ドミニカ   2勝1敗
2位 キューバ   2勝1敗
3位 ベネズエラ  1勝2敗
4位 プエルトリコ 1勝2敗

もうお分かりでしょう。

日本と同じ、2位通過です。

これでホッとしていてはいけません。

同じように見える2位通過ですが、実は大きく違います。


めちゃめちゃ厳しいリーグを勝ち上がっているのです。

今大会、優勝候補の筆頭はアメリカでした。

メジャーリーガー、しかも1流プレーヤーばかりなのですから、実力的にはトップでした。

その次に優勝候補だったのが、もう1つの予選2次リーグに集中していました。

ドミニカの超強力打線はアメリカ以上で、優勝候補の本命でしたし、

ベネズエラは投打のバランスがよく、野球大国の名にふさわしいメンバーでした。

ちなみに、日本で活躍しているカブレラ(西武)やラミちゃん(ヤクルト)はベネズエラ出身。

そして、プエルトリコは投手力に不安があったものの、1次予選でキューバを倒すなど実力を発揮。

このメジャーオールスターを相手に勝ち上がってきたのが、試合巧者キューバなのです。


圧倒的な強さはないものの、ここぞ!と言う時には必ず勝っているのがキューバ。

1次予選
プエルトリコ 2ー12で負け

2次予選
ベネズエラ  7ー2で勝ち
ドミニカ   3ー7で負け
プエルトリコ 4ー3で勝ち

そして、韓国戦の前に行われたドミニカ対キューバ。

3ー1で勝って、決勝進出したわけなんですが、

注目すべきはドミニカには2次予選で負けているんです。

1次予選で負けたプエルトリコには2次予選で勝っている。

これがキューバの強さなのです。


長くなってきました。

興奮中。


対する日本。

今日は1番青木、3番にイチローが入りました。

このメンバーで、彼らの調子を考慮すれば、おのずと導かれるのが3番イチロー。

1番候補は青木、川崎と人材豊富で調子もよい。

3番候補はみな調子が上がってこない。

勇気がいる決断だったと思いますが、これがベストオーダーであることは、

野球ファンならみな気付いていたはずです。

代打で福留が使えるというのも大きな魅力。

書くまでもありませんが、ベストは1番イチローです。


キューバにはアテネ五輪の予選で松坂が9回途中まで投げて2失点、

和田(西武)、中村(オリ)、城島(マリナーズ)などの活躍で6ー3で勝ちました。

しかし、決勝トーナメントの準決勝でオーストラリアなんかに負けたために、

その後対戦していません。

同じ相手に2度負けないキューバと、

21日 11時(日本時間)プレイボール。


ローテーションからいくと渡辺が投げることになる。

が、ここはやはり松坂で勝負となるだろう。

大舞台がこれほど似合う男は松坂しかいない。

松坂が崩れたら、即、渡辺にスイッチ。

その後もワンポイントで和田やら杉内やらどんどん注ぎ込めばいい。

最後なのだから。


日本打線が爆発しそうな予感がするのはわたしだけですか?



思い込みってすごいね。

爆発しますから。

12点ぐらいとるから。

なので、WBC初代チャンピオンは日本で間違いなし!


やったー!

開く コメント(6)

韓国と3回も対戦するなんて誰も予想できなかっただろう。

韓国に2連敗するなんて誰が予想した?


そして!

アメリカが予選敗退って何?


びっくりしました。

日本があの状況から決勝トーナメントに進んだ時、

うれしさよりも、

アメリカが負けたことの方が驚きでした。


アメリカが順調に勝てるように仕組まれてあるかのような予選の組み合わせ。

もしかしたら負けちゃうかも・・・的な相手はすべて決勝まで行かないとあたらないように調整。

世界1の実力と自覚があるわりには、自国開催までもつけて、まさに万全。

アメリカによるアメリカのためのWBCが出来上がったのでありました。


プレーする選手は大変なプレッシャーだったでしょうね。

結果が物語ってますもんね。


そんな中、まったく相手にされていない日本でしたが、

それでも王監督は世界の野球の未来のために、この大事な時期に出場を決めたのでした。

でかいよ、でかすぎるよ。

カッコイイを軽く通り越しすぎです。

だって、

2年連続でプレーオフで負けてんですよ?

去年は井口、今年は城島がアメリカに渡り、

この状況でソフトバンクの主力選手のほとんどが日本代表にはいり、

(馬原まで呼び寄せちゃいましたね、そういえば)

シーズンでこけても不思議じゃないですよ、この状況は。

孫さんと王さん、最高です。

優勝したら、首都は福岡に移転してもいいと思います。


相次ぐ日本人メジャーリーガーや日本の主力選手の出場辞退にも負けず、

初の野球W杯をまかされた以上は全力を尽くす!!!

この闘志を尊敬&信頼しないでいられますか?

そんな王さんの下に、本職を犠牲にして馳せ参じた彼らを応援しないでいられますか?


チャンスは巡ってきたのです。

19日の12時(日本時間)、決勝トーナメント、いよいよプレイボール。


王さんと日本が一丸となれば勝ちます。


絶対に勝ちます。


応援しようぜ!!!

開く コメント(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事