前後不覚

キティちゃんじゃなーい(泣)

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

まずは、用語の説明から。

バンダ:ネパール語で閉じる、閉まるの意。ナマステの次に覚える単語。
    今回の場合は、ゼネラルストライキと訳されている。
    本来ストとは自主的なものであると思われがちだが、ここでは問答無用の状態を言うようだ。
    多くの商店や交通機関が強制的に営業をストップさせられている。
    それでも営業したい場合は、シャッターを半分だけ下げておくのが常套手段。
    見回りの人には閉めていると答え、お客さんには開いていると答えることができるからだ。
    だが、それなりの報復措置が取られることもあるので注意が必要。
    今回は反国王強権政治(=民主化)を目指している主要政党の呼び掛けで始まっている。

カーフュー:英語。外出禁止令の意。英語圏にいた時には聞いたこともなかったが、
      ここでは使用頻度が非常に高いため、ず〜っとネパール語だと思っていた。
      反政府組織による大規模デモの抑止のたびに発令される。
      一応、バンダもしくはデモの予告に追っかけで発表されるケースが多い。
      カーフュー中、警察は棒で人を叩いてもいいらしい。
      外に出れないので精神的にはつらいが、早寝早起きを強いられるために、目覚めが良い。     

ラトナパーク:王宮にほど近い大広場。
       軍隊の行進も行われるが、馬も走るしクリケットの練習や昼寝も行われている。
       戦車が脇に置いてある、柵で囲われている総合エンターテイメント多目的はらっぱ。
       


「おい、サントス。今日のカーフューの発表はまだか?」

「サル(オレの名はサル)、カーフューは解除になったよ」

「え?ってことは、バンダも?」

「うん」

「まだデモやってんじゃねーのかよ」

「やってるよ」

「なんでカーフュー解除なんだ?」

「デモの規模が小さいからじゃないかなぁ」

「なんだよ、それ。じゃ、ラジューさんとお茶でも飲みに行ってくるか」

(「お茶を飲みに行く」と「そのお茶屋のお姉さんをひやかしに行く」は同義語である)

「ラジューは帰ったよ」

「ああん」(怒)

「3時からファイティンだから」

「ファイティン(グ)?」

「うん。政党がラトナパークを占領するんだってさ」

「なにー!」

「でも、すでに軍人がいっぱいいるみたいだから、占拠なんてできっこないよ」

「あぶねーなー。ラジューの家は近いんじゃねーか?早く帰れって言って来い」

「だー、かー、らー・・・」



「ところで、明日はどうだ?」

「わかんない」

「だな」

開く コメント(5)

どうなるの?

今日、渦中の人、国王様がカトマンに戻ってきました。


あさって、ネパールでは新年を迎えます。

恒例の行事として、国王の演説があるのですが、

ここを境に何か起こるのではないかと囁かれています。


そんななか、

本日のカーフュー(外出禁止令)が発令される前に解除になりました。

主要政党の呼び掛けによる、反政府・民主化デモがおさまったわけではありません。

むしろ、規模は拡大し、激しさも増すばかりで、

昨日も負傷者、拘束者が続出しています。


なにごと?


昨日で思い出しました。

昨日、旅行者がタメル(みやげ物屋や旅行者の宿が多くある中心街)でデモをして拘束されました。

横断幕には『STOP CURFEW, START TALKS』と書かれていました。

外出禁止令中の行動なので、拘束されても仕方がありませんけど、

けどね。



どうやら、さきほどからタクシーが走り出した模様。

このまま混乱がおさまるのか?

まさか、王様のご威光?

いやいや。

まさか!

まさか、飽きた?

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事