前後不覚

キティちゃんじゃなーい(泣)

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

それにしてもいろんなところに行った。

東京・神奈川・千葉・福島・山形・新潟・岐阜・愛知・高知・愛媛・福岡。

15公演ぐらいについてまわったのだが、

あたりまえだが、どこに行っても会場の構造は全く違い、

そのつどあたふたしながら調理をしていた。

そんな目のまわるような忙しい1ヶ月のあいだに、

一度だけ会場の客席からトリニティを見る機会があった。

忘れもしない、宇和島のなんとか会館だ。

うまい具合に手があいたので、主催者の人に聞いてみたら、

「是非、見て下さい」と快諾。

おそるおそる真っ暗な会場に入った。

そして、始まった。

色とりどりの衣装を着て舞台をところ狭しと飛び回る元気はつらつのダンサー達。

真剣に楽しんでる様子が伝わってきて、すぐに舞台にのめり込んでしまった。

揃った動き、ジャンプの高さ、アイリッシュダンスの特徴の1つである足の動き。

マフィアメガネの照明が効果的に場を盛り上げていた。

そしてなんといっても生演奏なのがいい。

バグパイプあり、なんか古そうなフルート、ギターにドラム。

ダンスはつづく。

アイリッシュダンスの世界大会優勝者の華麗なタップのソロ。

圧倒されるしかない。

見覚えのあるスカートも出てきた。

輪になったり、飛んだり、跳ねたり、タータンチェックは休む暇がない。

ちょっと変わった感じの創作ダンスみたいなプログラムもあり、

飽きさせない。


しかし素晴らしい舞台の影では、こんなこともあった。

ツアーの中盤あたりの公演に行った時だったと思うが、

なんだか有名なスポーツトレーナーの先生がきて、マッサージやら整体?やらをやっていた。

この時はダンサーの女の子たちは列を作って並んでた。

いつも元気なダンサー達だったが、かなりハードなダンスで体はボロボロだったのだろう。


2時間は、あっというまだった。

いつも顔を合わしていたから情がうつるということもあるが、

本当にいい経験ができたと思う。

素晴らしい舞台だった。

疲れも何もかもふっとんだ。



最後に。

現地についてからの会場の人にはかなりお世話になりました。

買い出しのこと、電気のこと、調理場のことなどなど。

ありがとうございました。


そして、何と言っても主催者の方をはじめ関係者の方々には多大な御迷惑をおかけしました。

ホントにすいませんでした。

そしてホントにありがとうございました。


おわり!


来日公演日程やチケット詳細はこちら。
http://www.trinity-japan.jp/profile.html

トリニティのHPはこちら。
http://www.trinitydancers.com/



PS がんばってね。

とうとう今日になってしまいました。

<トリニティ>来日公演初日。


2004年の初来日の時にしたアルバイトのことを書いています。

で、

(1)http://blogs.yahoo.co.jp/saw_e_wa/42403547.html

(2)http://blogs.yahoo.co.jp/saw_e_wa/42453142.html

(3)http://blogs.yahoo.co.jp/saw_e_wa/42500612.html

(4)http://blogs.yahoo.co.jp/saw_e_wa/42573245.html

(5)http://blogs.yahoo.co.jp/saw_e_wa/42691320.html

(6)http://blogs.yahoo.co.jp/saw_e_wa/42973290.html

の、つづきです。



公演本番が始まった。

裏方の裏方であるわたしは弁当を食べながら控え室の小さなモニターで舞台を見ていた。

アイリッシュダンスと言うのは聞いたこともなけりゃ見たこともないので、

どんな人達に飯を作ったのか興味があったのだった。

その小さなモニターで見る限りでは、タップダンスのようでもあるし、

横1列に並んでみんなして足を高く上げて踊るラインダンスっていうんすか、

飛んだり跳ねたり走ったり、とにかくエネルギッシュ。そんな印象だった。


2時間の公演時間が半分ほど過ぎた。

給湯室前の仮設レストランの解体作業を終了し、給湯室の掃除も終わった。


わたしは衣装さんの手伝いの約束をしていたので衣装部屋に行った。

簡単な説明を受けると、

ひたすらタータンチェックのミニスカートのひだを1つずつ丹念にアイロンをかけていった。

お年頃の私はお尻しか隠すことができないこのミニスカートのアイロンがけを、

公演期間中かかさず行った。


公演終了。

ダンサーたちが舞台から汗だくで控え室に引き返していく。

体力を消耗した人々の中で、1人の女の子がしかめっつらで足を引きずっていた。

くじいたかも? 冷やした方がいいんじゃない?

飲み物用に買ってきた氷をビニール袋に詰め、差し出すと、

「サンキュー」苦しみながらも満面の笑みだった。

これからも毎日負傷者が出るのかな〜、などと考えていると、

それを見たダンサー達が「私にもくれ〜」とせまってきた。

「氷はもうないんだよ、ごめんね。このお水あげるからね」

などと、この場はおさめたがこの時からツアーをとおして『袋詰め氷の配給』をすることになった。

野球のピッチャーなんかも試合の終わった後は肩をアイシングをしている。

みな、毎回本番を終えると足首や膝、腰に氷をあてがって息を整えていた。

ボロボロなんだろうなぁ。


幕を下ろした後は、ちょっとしたお祭り騒ぎのようになる。

マフィアメガネとかロンゲの人とかがえらい勢いで怒鳴り散らすからだ。

この時の搬入・搬出作業の為だけに雇われた大学生風のバイト君達数人もフル回転風。

どれも重そうなバカでかい機材をいくつも舞台脇から外の搬入口に運びだす。

音響機材や照明機材、洗濯機に衣装に調理器具というのは物凄い荷物だ。

特に大変だったのが舞台全面に敷き巡らしてあるゴムみたいなやつ。

舞台を傷付けないためなのか、ダンサーの滑り止めなのか、

タップダンス用なのかはよくわからいけれども(たぶんぜんぶ)、

とにかく重い敷物をクルクル巻いて台車にのせて運ぶのだが、

若い男が1本4人がかりでわけのわからん雄叫びをあげながら運ぶ。

これが大小20本ぐらいはあったと思う。

なんやかんやと外に運び出すと、そこには専用の大型トラックが待機しており、

運転手さんの指示で「あれはあっち、これは後から、これは右側」などと詰め込んでいく。


その頃になるとダンサー達は着替え終わり1人1つのスーツケースをトラック脇においていき、

ダイエットコークをまわし飲みしながら専用のバスに乗り込み、

手を振って「シーユー」と去ってゆく。


その後も裏方班はこまごまと仕事をこなし、11時頃に解散となる。

次の日も公演の場合はホテルに帰って翌早朝に現地に向かう。

こうやって、あわただしく1日は終わり、

1ヶ月間の日本全国公演は行われていたのでした。


おわり。

だけど、つづく



来日公演日程やチケット詳細はこちら。
http://www.trinity-japan.jp/profile.html

トリニティのHPはこちら。
http://www.trinitydancers.com/

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事