全体表示

[ リスト ]


先々週の土曜日、イギリスの夏の風物詩である

クラシックコンサートの祭典、BBC主催のプロムが終了しました。

毎年、夏の期間、連日クラシックコンサートが行われる催しです。

これが、終わると、もうすっかり秋。。。

寂しくなります。






さて、今年もテレビの前で楽しみにしていた最終日。

最後は、国歌、威風堂々、そして、ルールブリタニアで盛り上がり閉幕です。

観客も一緒に歌う姿は圧巻。










Rule Britannia - Last Night of the Proms 2009





何気に字幕を見ながら聞いていると

あることに気が付いた私。




ルールブリタニアの歌詞。

これ、6番まであるのですが、

リピートの部分に注目!




Rule, Britannia! Britannia, rule the waves:
Britons never never never shall be slaves.


「支配を! ブリタニアよ
大海原を治めよ!
ブリトンの民は 断じて 断じて 断じて 奴隷とはならじ!」
 (WIKIPEDIAより)



すごいですね。

この迫力。

さすが、大英帝国。

世界中を侵略、征服した国。

今の時代でもこういう内容の歌詞を歌うイギリス。。。

日本がこんな内容の歌を歌おうものなら大変そうだわ。。。







お時間があるかた、6番までの歌詞をどうぞ。。。





1
この世のはじめ 神の命を受け(神の命を受け)
碧海の中から興る ブリタニア (碧海の中から興る ブリタニア)
「これこそ証 国の証ぞ」と 守護天使らは斯く 歌い合えり
「支配を! ブリタニアよ
大海原を治めよ!
ブリトンの民は 断じて 断じて 断じて 奴隷とはならじ!」
2
汝より祝福されえぬ国は(祝福されえぬ国は)
暴虐なる支配者の前に伏すだろう(暴虐なる支配者の前に伏すだろう)
なれども汝、豊かに自由に繁栄し
他の恐れと羨望 その身に浴びるを 感じるだろう
「支配を! ブリタニアよ
大海原を治めよ!
ブリトンの民は 断じて 断じて 断じて 奴隷とはならじ!」
3
他国らがさらに畏怖して見つめる程(畏怖して見つめる程)
汝は尚も威厳もて育つべし(尚も威厳もて育つべし)
自然の樫の根付くことを除き
汝に服す 天裂く疾風の如く
「支配を! ブリタニアよ
大海原を治めよ!
ブリトンの民は 断じて 断じて 断じて 奴隷とはならじ!」
4
汝を屈さす力無き 暴君の(力無き暴君の)
汝をおとしめんとする 試みは全て(汝をおとしめんとする 試みは全て)
怒りに代えて 寛大なる情熱と
彼らの悲劇と 汝の名声立たしむ
「支配を! ブリタニアよ
大海原を治めよ!
ブリトンの民は 断じて 断じて 断じて 奴隷とはならじ!」
5
汝にとって 支配は田舎の平和な地までも(田舎の平和な地までも)
汝の都市は 商業の繁栄をうけ(汝の都市は 商業の繁栄をうけ)
汝のものは全て 僕なる海原と
汝を取り巻く 数多の海の国
「支配を! ブリタニアよ
大海原を治めよ!
ブリトンの民は 断じて 断じて 断じて 奴隷とはならじ!」
6
自由を見いだし給う 九女神(見いだし給う 九女神)
汝の幸福のため 浜辺を整えり(汝の幸福のため 浜辺を整えり) 
ああ聖なる島よ! 無比の美を冠し
正義を守る 雄々しき心を秘めた
「支配を! ブリタニアよ
大海原を治めよ!
ブリトンの民は 断じて 断じて 断じて 奴隷とはならじ!」







この歌を歌うたびに、イギリス人の誇りがメラメラと湧き出てくるのでしょうね。



この記事に

閉じる コメント(8)

ああぁぁ。。
今の中国問題・・・
この歌詞の様な愛国心と気概で頑張って欲しいですね(-_-;)
政治家さん国民が納得できる解決を望みます。。。

2010/9/21(火) 午後 6:11 ノラ 返信する

顔アイコン

初めまして 迫力ありますね 先月エジンバラでミリタリータトウ見学最後に歌手が歌いました 感動しました 私もイギリスブログ作成しています よろしかったら。

2010/9/22(水) 午前 7:11 [ masudakun ] 返信する

顔アイコン

今朝のニュースより。
アフリカやアジアの自然に眠る薬品の原材料に欧米諸国が目をつけて、その採取権を巡ってワーワーやっているんですが、途上国(アジア・アフリカ)は、それ相応の見返りを要求していて、私も当然の権利だと思うんですが、EUは薬品開発の妨げになると毎度毎度利己主義の固まりで話し合いはまとまらない模様…

で、EUの代表だか誰かのコメントが自分達のことを良く分かっていて笑ってしまったんだけど、『歴史的に見てアジア・アフリカ諸国の欧米に対する不信感は根深いものがあるようです』
イギリスを先頭に世界の国を食い荒らしてきた事実は認めているんだろうけど、いい加減に白人至上主義はやめて欲しいものです。

もっと言えば、9.11がテロだというけど、アメリカが他国にどれだけのことをしてきたのかということを真剣に考えるべきだと思います。
私の思考では、アメリカがああなったのも当然といえば当然なのです。

2010/9/22(水) 午前 9:04 ブタの遠吠え 返信する

顔アイコン

す、すごいな。。。
今の日中問題であたふたしてる日本では考えられない歌詞ですね。
時代錯誤って感じがする。
けどけど、ブリトンを中国に変えてみると。。。彼らは歌えるかもしれない?!
てか、日本以外の今の世界でも、自国に置きかて歌えたりするのかしら?

2010/9/22(水) 午前 10:25 [ yumiumiu ] 返信する

顔アイコン

ノラさん
今の日本の状況は、今までのつけが来たのかもしれませんね。
国民がいよいよ政治に本気にならないと
政治家では無理でしょう。。。
世界の国々では、女性が選挙権も与えられない国もあるくらいですからね。。。

2010/9/22(水) 午後 5:04 サワ 返信する

顔アイコン

SHOさん
欧米諸国の奴隷制度は、形を変えて存在していると思いますよ。
だって、世界各地で行われている戦争、紛争、ソマリアの海賊だって欧米諸国の武器を使っているんですからね。
鯨問題だって、ただの人種差別ですよ。
日本も、敗戦後、アメリカの教育洗脳ですっかり自信をなくした平和ボケの国になってしまいました。
いい加減、目を覚まさないと、今の日本の政権ではよだれをたらした
ハングリーな国々がよってくるでしょうね。。。

アメリカも自業自得。イギリスのロンドンが多国籍の人でごったがえすのも自業自得。
しかし、最近、フランスの動きが奇妙。猿誇示さん、ちょっとワンマンですね。。。

2010/9/22(水) 午後 5:11 サワ 返信する

顔アイコン

masudakun
エジンバラですか?きれいなところですね。
イングリッシュとスコティッシュの関係も
ごちゃごちゃしていて、おもしろいですよ。にやっ。

2010/9/22(水) 午後 5:15 サワ 返信する

顔アイコン

yumiumiuさん
このうたは、きちんとお勉強していない人が歌うと
ただの勘違いの歌になってしまいます。
白人至上主義というか、イギリス白人至上主義でしょうか(笑)
白人どうしても喧嘩しているしね。
イギリス人とドイツ人は犬猿の仲。
あ、そうそう、フランスもだけれど。。。

2010/9/22(水) 午後 5:19 サワ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事