ここから本文です

書庫全体表示

一般的には個人経営の零細自営業者というポジションである
私たちではありますが、それでも夫婦のみで運営するわけではなく、
時に状況によっていろんな人に手伝ってもらいます。

本来ならそれは、雇用関係が成立している時だけの関係と言うことが
多いのですが、おかげさまでその関係が終わってからでも
私たちとつながっている人が結構多いのです。
先日ランチを食べに来られたSさんもそうでした。
そして、この休日所用で京都へ上洛したのですが、
その場所の近くに住んでいるFさんのことを思い出し、
連絡をとったところ、わざわざ会ってれるというのです。

イメージ 1

これは出発前に店の近くにある御堂筋で行われていたイベント
このあとF1の車も走ったようですが、時間も無くこれだけ撮って
地下鉄に乗り込みました。

イメージ 5
所用とはこちらのミュージアムの展示を見に行くことでした。
こちらの主催者から店にチラシと私たちへの招待券を送ってくれました。
アンコールワットは東南アジア料理店を営むものにとって
無視はできないものですから見てきたのです。


イメージ 2
こちらが、Fさん。わたしたちの店で手伝った後、欧米に留学をされて
現在京都在住との事。わたしたちの呼びかけに気軽に顔を出してくれました。


イメージ 3

大衆居酒屋で飲みました。これがその料理の一つです。

イメージ 4

宴も無事に終わり、大阪に戻った帰路に偶然にお会いしました。
この方とも何かと関わりがあります。
わざわざ向こうから声をかけてくださったことに感謝です。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事