ここから本文です

書庫全体表示

日付が変わりましたが、定休日の日曜日は
万博公園で過ごしました。45年前に行われた日本万国博覧会の
跡地は現在緑地公園になっていますが、
そこにある国立民族博物館の公演の鑑賞。
そして、遊園地の跡地につい先日新しい施設ができたということで
それを見に行ってきたのです。

イメージ 1

最初に近所のお店でランチをいただきました。
経験上、万博公園のような、ある意味「観光地」のようなところは
こういうランチの料金もかさみます。むしろ「ビジネス街」という
ランチを気楽に食べられるエリアのほうが、日曜日といえども安い筈である
と言う理由がありました。
実際にリーズナブルにいただくことができました。

その後電車に乗り、郊外の万博公園エリアに移動しました。

イメージ 2

万博公園は西口エリアから入りました。自然文化園と言うところは広大な
所ですから、歩くのにも時間はかかりましたが、気軽に自然の雰囲気を
味わえるのが良いですね。場所柄コンクリートジャングルのようなところに
住んでいると余計にそう感じます。
イメージ 3

こちらは太陽の塔。万国博覧会以来45年の時を得て、
未だこの場に鎮座している存在です。
聞くところによると最近若い人たちではこの太陽の塔に対する
シンパシーのようなものを感じる人が結構おられるとの事。
この方々は、「万博を知らない世代」なのですが、そういう人たちが
純粋にそう感じさせるということは、それほどまでに
太陽の塔と言うものが偉大な存在と言うことの裏づけなのかもしれません。

私が見れば、このカットだと太陽の塔の「うなじ」に、かつての博覧会の栄光に
対する「追憶を想う哀愁」を感じているように見えてしまうのですが・・・。

話がそれましたが、同じ万博公園内にある
国立民族博物館にて、インドネシアのバリ舞踊の特別公演
があるということで申し込み、それに参加してきたのです。

イメージ 12


これに関しては、撮影等ができないので、ここでは文章でのお伝えしか
できませんが、かつて私たちが10年前に見てきたバリ島での舞踊を
思い出したのと、
バリ舞踊が本来的には島の風習に無くてはならないものから派生したとはいえ
観光客誘致という状況から
それを逆手に利用して徐々に進化して来たと言う形成過程の説明があり、
実際のストーリ性のある舞踊を拝見することができ、非常に有意義な時を
すごすことができました。


イメージ 4

終わってから、舞踊をしてくれたバリの皆さんを撮る事ができました。
実はこの中右側の人は、この方の奥様が日本人でつい先日シェフおぐしが
現地でその奥様からバリ料理の指導を受けたという経緯もあり、
おぐしが挨拶をしました。ただ他の公演参加者が多数いることで
画像的にやや乱れてしまいました。

終わったときには既に暗闇。夜の太陽の塔も幻想的です。

イメージ 5

太陽の塔を造った人は大変偉大な方ですから、それの意味については
いろいろあるのだとは思いますが、私が直感的に感じたこととして
どうも、腹の部分にある顔には何かふて腐れ感がありますね。

イメージ 6

対照的に、頭の部分。目が光っていることもありますが
何か近未来を感じさせるもの。45年前の作品なのに
現代においても近未来を感じてしまうところがすごいですね。

イメージ 7

そういう流れとうわけでもないのですが、かって遊園地があった場所に
新しい施設がOPENしたと言うことで、ついでに行くことになりました。

イメージ 8
これは、水族館ですがアートとの融合を目指した新しいスタイル。
水族館以外にもアート的な作品や動物を間近で見ることが出来る空間。
私が子供のころの動物園や水族館のイメージとは明らかに違う存在。
これも「近未来的」と言うべきなのでしょうけれど、
人間と言うものは一度の人生が「儚い」といいつつも、
実は結構長い間生きているから、次々と新しいものを知ること体験することが
が出来るのではないとさえ思ってしまいました。

イメージ 9

その後はフードコートで食事を採りました。
ちょいと見にくいですが、これは「ティーヌーン」と言うタイ料理店。

実はこちらの社長とはご縁があり、かつてお話しする機会がありました。
トムヤムクンにラーメンをいれたらと言う発想でできた
「トムヤムクンラーメン」がヒットしてチェーン店の道を歩んだお店です。
関東がメインで展開されていましたが、
ついにこの大阪の地にもやってきたのかと思いました。

イメージ 10
こちらが料理です。味については、恐らく私たちのほうがという
気持ちもありますが、こういう商業施設では何かと制約がありますから
それを言わないほうがよいのでしょう。ただ、まだまだタイ料理を始め
東南アジア料理は残念ながらまだまだメジャーとは程遠いところがあります。
だからこういう所にがんばって頂き、よりこういう料理がメジャーな存在に
なってほしいという思いはあります。


イメージ 11

ここはフードコートですから、席にいながら他店のものを飲み食いすることが
許されます。後はたこ焼きそしてこちらはハワイのビールである
「コナビール」そういうものをいただいて、
休日を存分に味わうことができました。

さて、既に今日ですが新しい週になりました。
がんばってまいりたいと思います。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事