ここから本文です

書庫全体表示

「脱サラして店を持ちたい」「主婦業から一歩進んで自らの店を」

という欲望を持っている人は数多くいるような気がします。

自己実現の欲求と言うものですね。

でも、若いころから修行を積んでいる人はいざ知れず、それまで別の世界

にいて気持ちはあっても実際に行動を起こすとなると

大抵次のところで挫折と言うか理想と現実のギャップの前に話が終わります。

それは経験上、具体的な店舗物件取得と言うところに来た時が多いように思いま
す。

しかし、開業を目指すMとHはその大きな一線を超えて物件取得に向かいます。

イメージ 1

2002年の9月3日。大阪の長堀橋周辺を歩いていたMとHは

一つの不動産屋の広告を見つけました。

「予算がどのくらいかかるかも気になるので

相場を実際に不動産屋に相談しよう」と言うことになり、

その不動産に広告のチラシを持って中に入りました。

「飲食専門で、物件の量を数多く持っています」という不動産屋さん。

イメージ 2

実は物件は物件で一番簡単なのは住居・事務所で

店舗は何かと条件があります。まだ雑貨のほうが条件は低いですが、

飲食になると物件の家主も嫌がる人が多いようで、喫茶店くらいの軽飲食なら

いいけれど、油とかを使う重飲食となると本当に敬遠されてしまいます。

あらかじめ、元飲食店で、装備が残されたままの居抜き物件ならいざ知れず。

何も無いスケルトン状態からの工事だと結構条件が厳しいのです。

ということで、重飲食の可否を含めた居抜きを中心に、

次々物件情報を出してきます。

西区・堀江の不動産業といいながら場所は梅田エリアから難波エリアそして

その近辺の情報が30近くあったのではないでしょうか?

そして直ぐ隣に飲食店街があり、一箇所募集しているからと言うことで

見せてもらうことになりました。7・8坪の小さな店舗は食材を仕入れたら

直ぐにでも開業できそうな雰囲気。

ビールのサーバまで置いていました。

ただ当時考えていたビールを入れる冷蔵庫等の

機器の搬入が困難とわかり、ここは断念することになりました。

でも実際に見ることでいよいよイメージが膨らんできます。

イメージ 3

この飲食街の一軒に当時空き物件があったので最初に見学したところとなりました。

この時、Mは気になる物件があり、それがチラシにも入っていました。

それは大阪市中央区博労町3丁目にあるところ。

ただそれは倉庫の物件で、飲食可と記載していました。

実は飲食店をい開業する中で一つ懸案がありました。

それは「二重家賃」住んでいる家賃に店舗の家賃が発生しますから

結構な費用になり負担が大きいのです。

ですから、理想のお店を開業したものの、「最初の家賃が払えない」となって

3ヶ月以内に撤退してしまうという飲食店は結構多いのです。


ですから余計な経費は避けようと言うことが頭にありました。

実はこの倉庫木造の2階建てなのですがどちらにもトイレがついていました。

つまり、1階を店舗にして2階を住居にすれば、

二重家賃がかからないというのです。
イメージ 4

また家賃も他の物件と比べて極端に安かったのです。

なぜならば車の通行も出来ない本当の「路地奥」

これはずっと後年に間接的に聞いた話ですが、

家主さんはこの土地と建物を親から譲り受けたとはいえ、

バブル景気で、周りにビルが立ち並んでいるものの、

ここはその世界から忘れ去れたかのような行き止まりの木造の倉庫。

路地奥でわかりにくいし、どうしようもない物件と思っていたそうです。


「こんなの誰も借り手がつかないし、不動産屋に出しても無駄だろう」と

思っていた所を「ダメ元で出しましょう」と言われて登場した物件だったそうです。


「隠れ家」と言う意味ではぴったりと言うことで

興味が深まり、不動産屋さんに打診しました。

そして実際に見に行きました。

倉庫物件ですから、当然厨房設備の全く無い

スケルトンの物件でした。

イメージ 5


元々は近くの繊維卸会社の従業員更衣室として

利用されていた倉庫物件

その場合、飲食店ができるための基礎工事等に資金がかかるリスクがありました。

とはいえ、それを割り引いても保証金や家賃が格安であり、

2階部分住居にして二重家賃を抑えればば決して悪くない模様でした。

しかし、1Fに柱が4本支えるためにあるそうですがこれだけが気になりました。
イメージ 7


翌日に行われた臨時居酒屋「リンポー亭」ここでもそれまでの意識と

違いました。オペレーションや料理について、

真剣に話し合いを行い着実に開業に向けて準備が進んでいきます。

イメージ 6

4本柱も、カウンターの設計までは存在に悩みましたが

今となっては、逆に無いと不便と感じるほどになりました。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事