ここから本文です

書庫全体表示

一月ほど前に、2月14日バレンタインデーの日は日曜日で、
いつも仕入れをしている木津市場の近くにある台湾系華僑の子弟
が、通う「大阪中華学校」で、「春節祭」があるから
行ってみようという事になりました。

ということで、今日は朝から行くことになりました。

イメージ 1

場所は地下鉄大国町駅から徒歩で5分程度、木津市場や少し前に
シェフが特別授業を行った敷津小学校とも近い場所にあります・

実は何年も前からこの存在は知っていたのですが、中々機会に恵まれず
ようやく行くことができました。

イメージ 2

入口から華やかなモード。中華学校のイベントなので、学校の児童や生徒さんが
メインで行う学園祭のような感じでのイベントだろうと、
ばかり思っていたのですが、事前に調べると、紹興酒が無料で振舞われるとか、
有料の豪華抽選会があるなど、
大人も十分楽しめる内容というのがわかり、期待が膨らみました。

イメージ 3

始まる前から、整理券を得るための行列が並んでいました。
有料の抽選券を得るためには、まず一人一枚ずつの整理券をもらう必要が
あります。この整理券をもらうための行列。この抽選会は20人に1人の
確率で豪華商品が当たるそうなので、みんな結構真剣そのものです。
イメージ 4

学校の校舎はこんな感じです。昨日から朝方まで雨が激しかったのですが
それが、嘘のような好天に恵まれました。


イメージ 5
いよいよ春節祭がはじまりました。この方は司会者です。

イメージ 6
実行委員長の挨拶がありました。

イメージ 7
この人は台湾政府の大臣の方だそうで、わざわざ台湾から駆けつけた
そうです。

イメージ 8
若いこの方は台湾の総領事なのだそうです。

イメージ 9
国会議員の人も挨拶に来られました。

イメージ 10
来賓挨拶の最後は、大阪中華学校のある浪速区・区長でした。

イメージ 11
来賓の皆さんによる開始の鏡割り。この酒が紹興酒で、
これが参加した人に無料で振舞われました。
別に一人1杯と決まっているわけでもなく、参加している人でも元々飲めない人や
紹興酒が苦手な人などは飲みませんので、ひそかに数杯もらってしまいました。
おかげさまでドリンクを買う必要が省けました。

また、鏡割りの直後に、豪華な爆竹が炸裂しました。
中華モード全開です。

イメージ 35
始まった後は、豪華に太鼓が鳴り響きます。
そのときに整理券が一人一枚配られました。
私たちは配られた整理券をまず、
正規の抽選券を買うために校舎の裏に行きました。


イメージ 12

後者の裏には季節の花とも言える「梅」が咲いていました。

イメージ 13
こんな感じで校舎の裏から並びます。1枚500円の抽選券。
大きなお金が動くために裏でやるのでしょうか?

順番が来たので抽選券と交換。その場でも景品が当たるようになっていました。
200円分の金券でした。

そこで、撮影を忘れましたが、台湾腸詰と大根餅を購入し
振る舞いの紹興酒とともにいただきました。


イメージ 14

朝から何も食べていないので何を食べようかと店を見ると
こちらをGETしました。
こちらは「麺線」と呼ばれるもので、素麺のような細い麺とあんかけのあんの
ようなスープの麺。これはかつて台北に行ったときに、
地元の若者たちの間で大人気だった麺です。
非常に懐かしくいただきました。

イメージ 15

お店はこんな感じです。「タイフェスティバル」と比べると地味なイメージが
強いですが、「儲け」を全面に出ているあちらのイベントとは
対極的のようにあまり儲けを考えているという雰囲気でもなく
のんびりとした雰囲気で料理を選べました。

イメージ 16
こちらは水餃子。大好きですね。
そのほかにも粽(ちまき)とか内臓料理なども購入して
これは、持ち帰って夜食べました。

イメージ 17

ステージに目をやると、いろいろやっていました。
これは、金の宝物箱の中に「キャンディ」が入っていて
それを参加者相手に撒いていました。(1つもらいました)

イメージ 18
こちらは、猿の格好をした雑技団のような人たちで、
台湾から来たそうです。
イメージ 19
伝統的な楽器「二胡」の演奏もありました。

動画も録りました。

この後抽選会がありました。
豪華商品は、台湾の往復航空券やホテルの宿泊券、
あるいはレストランの食事券などがありました。
それ以上に豪華製品としてポジションに収まるのは液晶テレビ。
ステージにおいてあって、そのまま持って帰る必要があります。
40型のテレビとか当たると、どうやって持って帰ろうか悩むところでした。

しかし、悩むことが無駄だったかのごとく、何も当たりませんでした。

ところが、抽選会は2回あるので、そのまま再度整理券をもらうことにしました。
それから抽選券を購入。抽選のリベンジを目指すことにしました。

イメージ 20
整理券をもらった後に、獅子舞が暴れていました。
この獅子舞、中国の唐獅子ですが、ベトナムとほとんど同じですね。

これも動画を録りました。

獅子舞はステージに上がって暴れていました。
中に入っているのは中華学校の生徒さんのようです。

イメージ 21

この後、ステージでは中華学校の児童や生徒の演技が続きました。

イメージ 24
台湾の原住民族の踊りのようです。

動画もあります。


別の華やかな踊りもありました。

イメージ 22

これも、動画があります。

これは年長者の舞でした。
イメージ 26

一通り見たところで、校舎の中にあった台湾仏教の展示物を見に行きました
イメージ 23

こんなものがありました。
イメージ 25
日本の臨済宗とも関係あるようですね。
イメージ 27
小腹が空いたので、別の麺をいただきました。
このころにはずいぶん食べるものは売り切れてきていました。
しかし、今回はタイフェスティバルとかと違い、余計な事を気にせずに
楽しめたのがよかったです。
タイフェスティバルだと料理について、良くも悪くもいろいろ考えてしまいます。
要するに無意識のうちに「仕事」になってしまいます。
もはや「職業病」のようなものですが、それが今回無い分、非常に気楽でした。
イメージ 28
ステージでは先ほどの雑技団の団長さんの演技がありました。
結構風が吹いていましたので、見ているほうが少しハラハラしてしまいました。

動画も録ってしまいました。


デザートもいただきました。

イメージ 29
桃の饅頭です。桃の形が「尻」に似ているといつも思いますが、
それはともかく、これは甘い饅頭で、おいしくいただきました。

イメージ 30
司会者の方も、進行に追われながら、演技中は少しリラックスされているようです。

イメージ 31
こちらの演奏が最後でした。この後2回目の抽選会が行われました。

イメージ 32
抽選会も終わり、参加者が帰っていく中でのフィナーレ。
みんなで記念撮影をしていましたが、昨年11月に参加した華友会みたいでした。

さて、2回目の抽選での景品はこういうものをもらいました。
イメージ 33
抽選券をもらうときに最初にもらいました。
これ組み立てると提灯になるそうです。

しかし、それ以上に驚いたのはこちら。

イメージ 34
なんと、台湾への往復航空券が当たってしまいました。
以前タイフェスティバルでも航空券を当てましたが、
こういう「旅」に関する引きはどうも強いです。

せっかくなので今年中に台湾に行こうと思いました。
さていつ行くべきか、それはこれからゆっくり考えることにします。

この記事に

  • アバター

    チャイナエアーの往復航空券を当てられたとは!
    凄いですね〜。
    おめでとうございます♪

    地震で大変なことになっている地域もありますが
    旅慣れておられますから
    きっと、充実した時間を過ごすことが出来ると思います。

    動画も拝見しました。
    二胡の演奏、第九ですね

    かめのしっぽ☆

    2016/2/15(月) 午前 1:18

    返信する
  • 顔アイコン

    > かめのしっぽ☆さん
    当たる前は「もし当たったら」と考えますが、いざ当たると
    「いつ行こうか」と別の悩みで頭を抱えます。
    おそらくは地震のエリアと違うところでまだ行ったことのないあたり
    を考えていますが、実はその前に
    既に確保済みの航空券があるので、
    その後ですが、さて予定をどうすべきか・・・。

    サワディ・シンチャオ

    2016/2/15(月) 午後 0:41

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事