ここから本文です
大阪の中心部 本町と心斎橋の間にある小さな路地の奥で2003年開業の「オーダーメイドコース」の東南アジア料理店

書庫全体表示

イメージ 1

5名さま以上の場合は、ご予約のコースをお願いしていますが、
それ以下の人数のお客様の場合は、アラカルトを含めて
柔軟に対応させていただいております。

昨日、予約なしで来られたお客様は、コースを注文されたのですが
「いろんな国の料理を食べてみたい」とご希望されました。

一人、2500円 2名さま 女性の方。

イメージ 2
前菜:いろんな野菜のベトナム式和え物と
ヤーコンのレッドカレー炒め

イメージ 3
ベトナムの生春巻き「ゴイクン」

イメージ 4
青パパイヤのタイ式サラダ「ソムタム」

イメージ 5
プチヴェールのフィリピン式青菜炒め
プチヴェールとは、ケールとメキャベツの交配によって開発した、
「非結球メキャベツ」の事。

イメージ 6
鶏肉のマレーシア式ソテー いろんな無農薬野菜添え

イメージ 7
当店名物:自家製ペーストのグリーンカレー

イメージ 8
グリーンカレーには通常のタイ・ジャスミンライスと
現地で仕入れた玄米のタイ米の両方を用意しました。
※しかし、残念ながらこの玄米のタイ米はもう終わりました。
次回は、そうですね。タイに渡航する時までお待ちください。

イメージ 9
デザート:カンボジアのかぼちゃプリン

今回は、アラカルトメニューにない料理もいろいろご用意させて
いただきました。東南アジア各国をほぼ制覇したために、定番ものではなく
こういったいろんな東南アジア料理のご提供も可能ですので、
是非ともご参考にしてくだされば幸いです。

  • 顔アイコン

    「プチヴェールのフィリピン式青菜炒め」←これ
    美味しそうですね♪

    炒め物は汁まで美味しくて
    しっかりいただきたくなります。
    また食べに行きたいなぁ・・・。

    かめのしっぽ☆

    2016/2/21(日) 午後 10:02

    返信する
  • 顔アイコン

    > かめのしっぽ☆さん
    プチヴェールは、実は初めて使用しました。
    取引している農家さんが持ってきてくれました
    ここは、個人の農家というより同じ志を持っている関西一円の
    農家さんが中心となって共同でマルシェを某所で行っていて
    その一部が当店に定期的に持ってきてくれています。

    サワディ・シンチャオ

    2016/2/22(月) 午前 8:07

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事