ここから本文です

書庫全体表示

私たちのように常時飲食店を経営しようとすると、
まず「飲食店経営が可能な物件を取得する」ことと、
飲食店の経営が可能な設備を整えた上で
「営業許可証を得る」ことが最低限必須なわけですが、
それをクリアした場所を構えていると
本業とは違う一つの可能性が見出せます。

それは、「店の貸し出し」
一つは、これから飲食店の開業を志しながらも、
準備中などで開業までの段階まで来ていない方々。
最近では「間借り」ということで、
本来のお店の定休日に営業するスタイルがあります。

私たちもかつて、休眠していた空き店舗を使った臨時居酒屋で
経験を積んだ上での開業ですから、そのことは非常によくわかるのです。

そしてもう一つは、飲食店営業ではなくとも、「大阪のへそ」
という立地のよしあしから、イベントスペースとしての場所の価値というのが
あります。
過去にも私たちが旅に出ているときに、
「絵画の教室」として、この店の場所を貸し出したことがあります。

この日曜日もそういう貸し店舗ということで行われた「手作り味噌教室」
当店のお客様でもある、管理栄養士の佐藤碧先生による教室を
開催いたしました。

イメージ 1

佐藤先生より、事前に準備してほしいということで、先生が持参した
大豆や米麹の保管と、大豆の豆を水につけておきました。

イメージ 2


こうして当日を迎えました。
当日の模様は、あくまで佐藤先生主体で行われたものです。
シェフは、アシスタントとしてちょっとしたお手伝いをいたしました。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5
一番左の方が佐藤先生です。

イメージ 6

イメージ 7


イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11


イメージ 12

このようにして定食が完成し。
私たちも実際にいただきました。

シェフとしましては、こんな風にこれからがんばろうとしている、
人々にこの店舗の場所を貸し出して、
応援できることができればと考えております。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事