ここから本文です

書庫全体表示

イメージ 1

午後に見てから、いったん京橋に行って銭湯と食事をしてから
見た作品が、こちらの「眠らない」フィリピン映画で大都会マニラが舞台。
コールセンターという仕事をしている同僚だった男女が、夜は寂しさのために
眠ることができないという状況で、気がつけばお互いつながりを求めているような
内容でした。
最終的には、そのまま一緒にならずに分かれるような最後でしたが、
都会生活で、便利の良いところに住んでいて収入もそんなに低くないのに
どこか満たされないような気持ちがあるという。
日本でも、コンクリートジャングルでひとりで生活しているとそういうところが
あるのかなと思った作品でした。

ところで、当店には一人の主に女性客ですが、
来店されてご飯を食べて帰る方が多いです。
そんなときに、「おいしいもの」を食べることにより
気持ちにゆとりと幸福感を持っていただければ。

そのためにも、私たちは、「おいしい料理」を
提供し続けていかなければならないと
この映画を見た帰りに頭をよぎりました。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事