ここから本文です
大阪の中心部 本町と心斎橋の間にある小さな路地の奥で2003年開業の「オーダーメイドコース」の東南アジア料理店

書庫全体表示

からすみを購入し、小龍包を食べた後、タイムリミットまであと二時間あまり
さて、最後にどこに行こうかと考えたところ、思いついたのは「西子湾」
ここは、私たちが最初に高雄に行った、12・3年前にここでおいしい海鮮料理を
食べた思い出の場所。あれからどうなったのか?
最後に立ち寄ることにしました。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/07/01.JPG 
地下鉄の駅から、バスに乗ります。目的とする場所まではバスで10分も
かからないところでした。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/07/02.JPG 
途中、昨夜に旗津に渡ったフェリー乗り場の近くを通り過ぎていきます。


http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/07/03.JPG 
西子湾の先には大学があり、バスの最終目的地は大学です。
私たちはその手前で降りました。
http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/07/04.JPG 
12・3年前の話ですから記憶はあいまいですが、明らかにそのときとはイメージが
違います。整備されていると言うかそんなイメージです。
そして、そのことはあることにも気づきました。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/07/05.JPG 

そう海鮮料理の店はなくなっていたと言う事実です。
かつては、このように高雄港への狭くなる入口近くにお店が
あり、船舶が順番待ちをしながら滞留している風景を見ながら
魚とビールを楽しんだものです。しかし残念ながらもうなくなっていました。

イメージ 1


















古びた感のある海鮮レストラン数軒の代わりに整備された
広々とした空間。時代の流れを痛感します。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/07/07.JPG 
高雄港への歓迎を表した看板。倉庫の狭い空間の場所は
覚えています。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/07/08.JPG 
ところでふと思ったのですが、その海鮮レストランはどこへ行ったのか?
確認したわけではないのですが、ひょっとしたら旗津に移転したのでは
ないのかと思いました。
そのときは船で対岸の旗津には行きませんでしたので
はっきりはわかりませんが、その場所に当時から
海鮮レストランがあったのかどうか?

政府がこの場所を整備する為に旗津に移転させた可能性は十分
あるのかなと思ったりします。


http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/07/09.JPG 

すべては想像の話。こうしているうちにも次々と船舶は
入港して行きます。
勝手な想像をさらに付け加えるならば、かつてこの地にあった海鮮レストラン
旗津に移転したとして、昨夜は行ったお店と同じ経営だったら・・・
などと考えたりして・・・・。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/07/10.JPG 
気を取り直して、とりあえずトイレを済ませて移動することにしました。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/07/11.JPG 
ちょっとした丘を登って降りると、古い城壁のような門が残っていました。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/07/12.JPG 
くぐって反対側から見た様子。右側の廃墟になっている
建物も気になります。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/07/13.JPG 
こちらは史跡になっている英国領事館の跡地。
多くの見物客がいましたが、入場料がいるようなので外観だけ抑えました。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/07/14.JPG 
ここにも道教寺院と思われる場所の入口がありました。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/07/15.JPG 
こちらがそうでしょうか?
過去に行ったときにはこのあたりに。胡椒餅の屋台が
ありましたが、そういうのはもうなくなっているようです。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/07/16.JPG 
海に面し多ところに来ました。対岸にあるのは旗津に向かうフェリー乗り場です。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/07/17.JPG 
途中橋がありました。そういえば昨夜フェリーからこの橋を結構
撮っていました。この橋を渡って対岸に出ることにしました。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/07/18.JPG 
橋の上から、ちょうど旗津行きのフェリーが出航しようとしていました。

このまま歩いて食堂街に。
どの店にするか悩んだ末に選んだところは。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/07/19.JPG 
こちらのお店でした。大学の近くにあるから?
若い人が多くこの店に入っていました。

ここのお茶は甘いのですが、結構水分不足気味だったので助かりました。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/07/20.JPG 
チャーハンです。他のお客さんも注文していましたので
名物だったようです。確かにおいしくいただきました。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/07/21.JPG 
野菜の炒め物です。
http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/07/22.JPG 
これは羊肉をいためたもの。このお店羊肉を売りにしている
お店のようで、上のチャーハンにも入っていました。
近くには雲南料理のお店もありました。
中々のグルメストリートです。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/07/24.JPG 
面白い看板です。カレー大学というと
http://curry-university.com/ こういうところとか、
http://www.currydaigaku.jp/ こういうところを思わず思い出しました。
でも多分レストランなのでしょうカレーの。

そのまま地下鉄の駅方向を目指します。
途中でコンビニに立ち寄ります。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/07/25.JPG 
思わず抑えました。台湾ビールのプレミアビール。
なんとなく日本のようですね。

ビールではなくその他いろいろと買い込んだ後に・・・。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/07/26.JPG 
こちらに行きました。決して上の魚の看板ではありません。
下のほう「砲手」という肉まんの専門店です。
http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/07/27.JPG 
遥か遠くに、高雄一ののっぽビルが見えます。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/07/28.JPG 
シェフが早速注文票に記入します。
ここは、お店と言うより肉まん工場のようになっていて
どこか別のお店に卸しているようにも見えます。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/07/29.JPG 
出来上がった肉まん。これはファンで冷却していました。
それにしてもすごい量ですね。


こうして私たちの高雄の旅はついに終わりました。
「24時間」と言う限られた時間でしたが、可能な限り堪能できました。
後は、地下鉄で空港に行き飛行機に乗って帰国するだけです。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事