ここから本文です
大阪の中心部 本町と心斎橋の間にある小さな路地の奥で2003年開業の「オーダーメイドコース」の東南アジア料理店

書庫全体表示

台湾・高雄24時間滞在のエピソードは前回で終わりましたが、
ここは番外編として日本へ帰国の模様を書き込みたいと思います。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/08/01.JPG 
西子湾から地下鉄で途中乗り換え、高雄空港駅に到着。
地下鉄駅からカートの存在がある辺りが空港らしいところです。
ちなみに地下鉄の直ぐ近くには少し頭の悪そうな若いカップル
がいましたが、彼らは空港駅では降りず、その先の小港と言う終着駅の
方に向かっていました。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/08/02.JPG 
地下鉄駅のある地下からエレベータで2階に上がると国内線との連絡通路に
そこから国際線の出国ゲートのある場所に到着します。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/08/03.JPG 
こんな感じです。国際空港に来ると大抵どこの国の空港も
同じようなものになってしまいます。


http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/08/04.JPG 
反対側から見ました。
ここで素朴が疑問が沸きました。
なぜどの国も出国ゲートが上階で到着ゲートが1階なのかという事実。

多分国際法上の取り決めかと思いますが、別に逆でも問題なさそうですね。
到着したときに上階のほうが、その国の風景が見渡せるので
旅人の末席にいるものとしてはそのほうがうれしいのですが・・・。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/08/05.JPG 

ここでチェックインをします。帰りの飛行機の出発時刻が
20分ほど送れたらしく余裕でチェックインできました。
行列がないと言うのですから驚きです。

時間があるのでちょっと空港内を散策。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/08/06.JPG 
昨日チラッと見た到着フロアの1Fにあるコンビニによって見ました。
気になるのはこちら「未熟」意味はなんとなく理解できますが
どうも、不思議に感じるのが日本人ですね。

といいつつ、台湾を出国手続きを終え中に入ります。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/08/07.JPG 
こちらは「旅を楽しんでほしい」と言うような看板。
ちょうど機内持ち込み荷物の検査をするところに掲示してありました。

台湾語とか英語表記はともかく日本語で「ご旅行を楽しんでください」とは
不思議で仕方がありませんでした。
シェフがいうには
「飛行機に乗る行為そのものが旅という認識からくるものではないのでは?」と
言うことでしたが、どうもいまいちです。
日本語が理解できる大多数の人は日本に帰国する人。
その人に対する言葉でもないですし、高雄在住日本人や経由便で利用する人
向けというのもしっくり来ません。

まあ、どうでもよいことですけれど・・・・。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/08/08.JPG 
空港内の中立地帯。高雄のそれはなかなか格調高いデザインでした。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/08/09.JPG 
ただ、飲み食いできるところが極端に少ないのが残念です。
タイのスワンナプーム空港とか香港とかベトナムのタンソニャット
もそうですが、待っている間に過ごせる飲み食いエリアが結構ありました。

地方空港の宿命とは考えたくはないのですが・・・・。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/08/10.JPG 
ようやく見つけた一箇所のところでビールをいただきます。
ピンクのくまも疲れているように見えます。
http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/08/11.JPG 
食べ物のメニューはこんな感じでした。

さて、いよいよ帰国のときが来ました。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/08/12.JPG 
帰りは本当にすいていて。周りに乗客がいない状態でした
ゆえにちょっと座席を借りて横になりました。


http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/08/13.JPG 
今から乗り込む機体が見えます。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/08/14.JPG 
機内の様子。前の方にいる黒だかりの人たちは台湾人団体客
後はがらがらです。
http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/08/15.JPG 
飛行機は粛々と高雄空港を後にして日本に向けて飛び発ちました。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/08/16.JPG 
機内食です。シェフがベジタリアンミールを注文しました。
これがそれです。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/08/17.JPG 
こちらは通常通り支給されるもの。
チキンを選択しました。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/08/18.JPG 
飛行機は大空を雲の上を快適に飛んでいきます。
http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/08/19.JPG 
雲の上は天国・極楽の世界ですね。
そして、雲の不思議な文様は大空のアートのようです。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/08/20.JPG 
あまり良くないのですが、太陽を撮りました。
地上と違い薄い大気なのか?その光力が違うように見えます。
対照的に周りがやや暗めちょっと宇宙空間に近づいているみたいです。

イメージ 1
 
昼間の機内の外は見ていて飽きませんが、
帰りは疲れがここで出るのか、眠ることにしました。
http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/08/22.JPG 
起きてみると、夕焼けが遠くに見えます。
雲の切れ間の為、レーザービームのようなオレンジの光が
照らし出されています。
http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/08/23.JPG 
拡大しました。美しいですね。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/08/24.JPG 
さて、気がつけば夜。そして四国上空をとんでいました。
着陸まで時間の問題です。

こうして無事に大阪関西空港に到着しました。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/08/25.JPG 
最後方の席なので前方の団体客が先に降りて行きましたが、
団体客で出遅れた人は必死で走っていきました。
まあ私たちは後は帰るだけなのでのんびりと歩きます。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/08/26.JPG 
と言うことで空港内を走るシャトルもガラガラでした。

無事に手続きを終え後は帰るだけなのですが・・・。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/08/27.JPG 
おまけ:こんなことして遊んでしまいました(爆)


でも、本当の「おまけ」はこれではありません。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/08/28.JPG 
3階のユニクロの奥を進むと。礼拝所があってムスリムの人がいました。
その近くにあるのが・・・。
http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/08/29.JPG 
こちら、制限エリア外にあるラウンジ「比叡」です。
出国時というより帰国時に最後に気分を整えるのには最適な
ところです。
http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/08/30.JPG 
こういうものが無料でつきます。期待はできませんが
コーヒー無料だけでも十分リッチな気分に浸れます。
http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/08/31.JPG 
フロアーはこんな感じ。行きの「金剛」よりも
広々としているように見えました。
ここで、ネットのチェックなどを一通り行いました。

この場所だからでしょうか?国内線を使うビジネスマンの姿が
目立ち増した。あとは胸にある旅行会社のバッチをつけたご婦人方。
初めての海外?どこに行くのでしょうね。


http://asianfoods.biz/Travelhp/2016TAIWAN/08/32.JPG 
こうして本当に終わりました。
行きと同じ南海電車の空港急行に乗って帰りました。(完)

この記事に

  • 礼拝所で五体投地したあと「比叡」に行きたい。

    [ はる ]

    2016/5/9(月) 午後 7:37

    返信する
  • 顔アイコン

    > Hullさん
    ちなみに比叡にいくには条件が2つあって
    ・ゴールドカード
    ・当日のフライト予定の航空券の半券を所持
    ということです。
    自営業者はカードが作れないと昔は言われましたが
    まさかゴールドカードの招待がくるとは思いませんでしたから
    このような場所に行きましたが、時代は変わったものです。


    ちなみに礼拝所のほうは、無宗教対応のようなのですが、
    こういうところでお祈りをする人は
    大抵イスラムの方々が多いです。

    サワディ・シンチャオ

    2016/5/9(月) 午後 11:50

    返信する
  • 顔アイコン

    こんにちは〜。
    旅の記録、楽しく拝読させていただきました♪

    やはり、空港や機内の様子を見ると
    私はテンションが上がってしまいます(笑)
    カードラウンジ、私も利用させていただいていますが
    ちょっと静かなひと時を持つには、ありがたい環境ですよね♪

    礼拝室も空いていれば
    私も利用しています(笑)

    かめのしっぽ☆

    2016/5/10(火) 午前 11:31

    返信する
  • 顔アイコン

    > かめのしっぽ☆さん
    そうですね。空港という場所は、そこで世界と線が
    つながっている接点のような気がします。
    その場所には旅発つ人、旅から戻る人
    そして、そこで働いている人たち・・・。
    いろんな国の人が行き来している
    この場所が最も旅気分を
    満喫できる。そんな気がします。

    カードのラウンジは結構はまりますね。
    気分のリセットには最適です。

    サワディ・シンチャオ

    2016/5/10(火) 午後 7:19

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事