ここから本文です
大阪の中心部 本町と心斎橋の間にある小さな路地の奥で2003年開業の東南アジア料理店

書庫全体表示

2016年1月20日(火)(11日目)。

タイ・イサーン地方の入口で最大の町「コラート(ナコーンラチャシーマ)」
の朝の市場を見学した後、わずかな時間だったのですが、次の町に向けて
旅立つ必要がありました。
が、その前にこの地域の名物を確認する必要がありました。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20CAM/56/01.JPG 

移動の途中、店内の仔を撮ろうとしたら
反射していろんな物が映ってしまいました。
薄暗い証明と不気味な音楽を背景にしたら「心●写真」になる???

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20CAM/56/02.JPG 

それはさておき、市場はナコーンラチャシーマの新市街にありましたので、
堀の中にある旧市街エリアに戻ります。


http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20CAM/56/03.JPG 
野良が一杯います。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20CAM/56/04.JPG 
誰が歩いていようが我が物顔のマイペースぶりは、
当店の周りにいる輩と全く同じ。
野良猫とおいうものは地域・国境隔たりもなく
こういうものなのでしょうね。

さて、市場へ向かう行きから気になっていたお店に入ります。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20CAM/56/05.JPG 
こちらは、タイの鶏焼(ガイヤーン)の専門店です。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20CAM/56/06.JPG 
倉庫の跡地のような開放感。ローカル食堂そのものですね。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20CAM/56/07.JPG 
こちらがガイヤーンです。当店でもメニューに出していて、
人気の一品ですが、これはタイでも東北(イサーン)地方が本場の料理。
その地に来たからには本場の味をチェックする必要はありますね。

イメージ 1


















拡大してみました。改めてブログにUPするだけでも
そのときに頂いたおいしかった記憶がよみがえってきます


http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20CAM/56/09.JPG 
こちらは一緒に注文したもの。午前中ながらも旅人という口実で
注文したビールに合います。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20CAM/56/10.JPG 
こちらの豚肉もおいしかったです。
夜はさぞかし地元の人たちで盛り上がっていることでしょう。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20CAM/56/11.JPG 
これは、蒸したもち米「カオニャオ」です。
今日もこの後は長距離移動なので、腹持ちするものを頂きました。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20CAM/56/12.JPG 
ホテルの全景です。大きいですね。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20CAM/56/13.JPG 
タイ用のWIFIのSIMをまだ入手していませんでしたので、
先に目の前にあるコンビニに立ち寄ります。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20CAM/56/14.JPG 
コンビニの店員さんに設定してもらいましたが
ここでもわからず、ちょっとロスタイムが発生してしまいました。

ちなみに間近で見ましたのでわかりましたが、
この人たちはおそらく純粋な女性ではないと思われます。


http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20CAM/56/15.JPG 
ホテルの入口にいる彼らのゆとりある微笑。
コラートの町を後に、この後は鉄道で王都バンコクを目指します。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20CAM/56/16.JPG 
トゥクトゥクで駅を目指します。


http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20CAM/56/17.JPG 
駅に到着しました。ナコーンラチャシーマの中央駅とは違うほうの駅です。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20CAM/56/18.JPG 
鉄道の時刻表です。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20CAM/56/19.JPG 
窓口で切符を買おうとすると、
列車は予定していたものとは違う次のものだといいます。
このときにちょっと焦ってしまい、ナコーンラチャシーマの本駅を
目指すことにしました。間に合うかもしれないと・・・。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20CAM/56/20.JPG 

この時は、トゥクトゥクがいなかったので、個人の人の車が
急遽タクシーとして稼動しました。長い旅をするとたまに面白い
体験ができます。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20CAM/56/22.JPG 

コラートの市内を走っていきます。
まもなく別れる町なので、最後まで見届けながら。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20CAM/56/23.JPG 

大体10分程度で中心の駅に到着します。
 
http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20CAM/56/21.JPG 
駅前には、SLが展示してありました。
http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20CAM/56/24.JPG 
ということで慌てて行きましたが・・・・・。

結果は、ここでも間に合わず・・・。
まあ、最初の駅の段階で結論は出ていたのですが、
ネット上での時刻表が古かったようで、思っていた時間より20分早く
なっていたのが今回の原因でした。
(タイ国鉄本体の時刻表タイ語表示に苦戦しながら探したのですが
 こればかりは致し方なく・・・。)

昔は列車の遅れというのが当たり前だったタイの国鉄も
今では定刻どおりに走るようになったようで、時代の流れを感じます。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20CAM/56/25.JPG 
次の時間まで2時間ほど、もてあますことになってしまいました。
それでも、先ほどうまくいかなかったSIMの件は、
この後駅の近所のお店で解決したことは幸いな事です。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20CAM/56/26.JPG 
仕方ないので少し近所を散歩することに。
駅前にSLが展示されています。


http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20CAM/56/27.JPG 
かつてこの地域を走っていたのでしょうか?
もう、SLの現役の地域も世界的に見てずいぶん減ったようですし。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20CAM/56/28.JPG 
駅前の広い通りを少し歩きます。道路と反対側には
仏教寺院(ワット)がありました。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20CAM/56/29.JPG 
ローカルな美容院がありました。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20CAM/56/30.JPG 
ドリンク屋台のようです。

次の列車が来る30分くらい前になったところで駅の中に入ります。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20CAM/56/31.JPG 

大きなプラットホーム上に客車が止まっています。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20CAM/56/32.JPG 
ホームが長くてすごく立派なのですが、
列車本数は日本のローカル線並なので本当に少ないですね。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20CAM/56/33.JPG 

それでも、鉄道の旅は飛行機、船、バスと比べると
どうも個人的に一番好きな旅。
日本国内ではよく青春18切符を握り締めて旅をします。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20CAM/56/34.JPG 

後は、列車が来るのを待つばかり、行き先のバンコク着は予定が変わり
夕方になってしまいましたが、まあ旅というものはうまくいかないものと
割り切ります。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事