ここから本文です
大阪の中心部 本町と心斎橋の間にある小さな路地の奥で2003年開業の東南アジア料理店

書庫全体表示

2016年5月4日(水曜日)

さて、九龍半島の尖沙咀 (チムサーチョイ)から鉄道に乗り、
やってきたのは、香港郊外。
一般的には「新界」と呼ばれているエリアの一つ。
こういったエリアは「住宅地」がメインで、
日本の建築法ではおそらく抵触するような高層マンションが立ち並ぶイメージ。
その中の一つ「元朗(ユンロン)」にやってきました。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/03/01.JPG 

こちらがその駅前です。香港中心部から3・40分くらい電車に乗ると
この町に到着します。地下鉄の状態からしばらく進むと高架になるのですが、
おおよそ「香港らしさ」を失ったかのような山なども見え隠れします。

手前には知っているトラムは「LRT」と呼ばれる
世界的に注目されている都市交通です。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/03/02.JPG 
駅前から少し歩くと、庶民的なお店が並びます。
ローカルな香港が見られます。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/03/03.JPG 
歩くこと10分程度で、私たちにとって香港初めての食事をしようとする
飲茶の人気店が見えてきました。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/03/04.JPG 
このお店の全容がこちらです。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/03/05.JPG 
その手前のお店です。鶏肉がぶら下がり美味しさが
此方にも伝わってきそうです。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/03/06.JPG 
先ほどの飲茶の名店の入口です。右手にはあの看板が当然のごとく。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/03/07.JPG 
店内の様子です。午前中ということもあるのか、年配者で一杯でした。
フィリピンの有名ビール。実は香港でも有名ビールですね。
此方が安く飲めるというメニューつき。
実はこの飲茶屋さんは、早い時間に行くと飲茶が安いと
聞いたので来たのでした。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/03/09.JPG 
シェフの顔が真剣になります。食べるべき飲茶を漢字表記から連想して
選びます。横におられる女性はTさんです。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/03/10.JPG 
注文したものが出てきました。スィーツのように見えますが、
これもれっきとした飲茶の点心です。
右のタレにつけていただきます。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/03/12.JPG 
「如何にも」というものが来ました。
外見だけでなく味も美味しかったですね。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/03/13.JPG 
この後一気に5品登場。全部で8品注文しました。
おなかは早くもはちきれそうになってしまいます。

おなかも心も満足したところで店を出ます。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/03/15.JPG 

公園で戯れる人たちです。路上で中国将棋を指しています。
中国将棋一番最初にベトナムに言ったときにお土産に買いましたが
指し方がわからず、宝の持ち腐れになっていまや行方不明・・・・・・。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/03/16.JPG 
うーん良さそうなお店ですね。胃袋のスペアがあればと思うひと時。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/03/17.JPG 
両替所を発見。香港は物価が高い(日本並みのところもある)ので
空港の両替分は直ぐになくなりそうだったので、ここで両替しようかと思いましたが
レートがあまりも悪い(電話して確認していたほど)ので止めました。

実はこのエリア、日本のガイドブックで明記しているのは「地球の歩き方」位しか
紹介がないほどマイナーなところのようで、仕方がなかったのでしょう。

日本人でも香港在住者が行くようなところのようですし・・・。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/03/18.JPG 
気を取り直し、次のスポットを目指します。
ここからは、LRTに乗ります。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/03/19.JPG 
LRTは、路面電車が進化したイメージのもの。
バリアフリーを意識した低床車で、都市交通の新しいスタイルとして
ヨーロッパではダブリンとかマンチェスターとかで見かけました。
香港でもこの郊外エリアでは私たちが乗ってきた鉄道が開通する前から
活躍していた路線です。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/03/20.JPG 
4駅ほど先にある屏山駅で降ります。
ここからは屏山文物徑(ピンサン・ヘリテイジ・トレイル)という歴史道を
散歩します。  

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/03/21.JPG 
歩いていくといきなり年季の入った建物がお出迎えします。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/03/22.JPG 
レンガ造りの建物も味があります。
http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/03/23.JPG 
一見、廃墟にも見える建物にもレトロ感満載。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/03/24.JPG 
仏教寺院か道教寺院かわかりませんが、宗教施設のように見えます。
http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/03/25.JPG 
このような古い建物が続きますが、本当に見たかったスポットは
これではなくこの先に現れます。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/03/26.JPG 
こちらです。まさしく「歴史的建造物」です。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/03/27.JPG 
これはちょっと新しい建物ですが、生活感が出ていますね。


http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/03/28.JPG 
この歴史的建造物は、事前に調べると香港が英国の領土になる前から
あった建物群の生き残りとかで、近年香港では非常に珍しいと
いうことで保存されるようになったそうです。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/03/29.JPG 
屋根の上にも何か置物が載っています。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/03/30.JPG 
想像上の動物のようです。何らかの意味合いはあるのでしょう。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/03/31.JPG 
錆びている扉との相性もよいですね。

イメージ 1



 














小さな路地を歴史を思いながら町歩き。
http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/03/33.JPG 
此方の屋根にも。左上は「しゃちほこ」の様にも見えますね。


http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/03/34.JPG 
しばらく先に進むと別の歴史的な建物が出てきました。


http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/03/35.JPG 
これは、再建されたようですね。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/03/36.JPG 
香港ですから中華そのものともいえますが、
東南アジアのチャイナタウンにも
ありそうな「たたずまい」がそこにありました。
http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/03/37.JPG 

中に入りましたが、ちょっと再建途上のようなものが見えてしまって。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/03/38.JPG 
「ここは香港らしくないですね」とはTさん。
私たちより二日早く香港入りしていたそうですが、
主に中心部ですごされていたそうです。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/03/39.JPG 
伝統的な建物を保存しようという動きなのはわかりますが、
この建物の直ぐ前は駐車場エリアとちょっと残念ですね。


http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/03/40.JPG 
そこに、こういうお店がありました。ネット上でも出てくる人気店で
多くの人がそこにいました。

ここから、乗ってきたLRTではなく、元朗に来るときに乗ってきた
鉄道の駅を目指します。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/03/41.JPG 
もう一箇所古い建物が残っています。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/03/42.JPG 
見たことのある門構え。この城壁の中が住宅地になっているようです。
http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/03/43.JPG 
奥に向かって通路が広がります。
http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/03/44.JPG 
先ほどの門の奥にある祠のようなもの。
http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/03/45.JPG 
その場所から入口を見るとこんな感じです。奥行きの深さを感じます。
http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/03/46.JPG 
その近くにある池。昔は回り一体が池だったという記録もあります。
(そこは今では駐車場に)

こうして、天水囲の駅にやってきました。
http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/03/47.JPG 
私たちが乗るのは高架の鉄道。ここから香港の中心部に戻ります。
ちなみに下に走っているのは、先ほどのLRTの別路線。
このあたりは、小回りの聞いたLRTが縦横無尽に路線を張り巡らせています。

この記事に

  • 顔アイコン

    こういう旅行記は楽しいですね♪
    読みながら、自分もそこに居るような気がして
    凄くワクワクします。

    早い時間帯の飲茶、料金が安いというハナシ
    私も聞いたことがありますよ。
    高齢の方々は朝が早いですから
    小腹が空いて、食事をするには程よい時間帯になるらしく
    そこそこ早い時間から、飲茶のお店は混んでいるとか…。

    観光地や、観光客相手の飲食店とは違いますから
    まさに地元の方々が集うところなら
    本当に美味しいお店ですものね。

    かめのしっぽ☆

    2016/5/13(金) 午後 0:15

    返信する
  • 顔アイコン

    > かめのしっぽ☆さん
    日本でも、喫茶店とかで午前中はモーニングサービスとか
    していますからそんな感じなのでしょう。
    このエリアは、郊外だけにのんびりした空気が流れていたので
    次回香港に来る機会があれば
    このあたりを宿にという選択肢もありかななどと
    ふと考えました。

    サワディ・シンチャオ

    2016/5/13(金) 午後 5:11

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事