ここから本文です
大阪の中心部 本町と心斎橋の間にある小さな路地の奥で2003年開業の東南アジア料理店

書庫全体表示

ベトナムのホーチミンから陸路カンボジアを経由してタイのナコーンラチャシーマ
から、鉄道で無事にバンコクに到着。
国鉄の駅を降りてから地下鉄に乗ること数駅。
宿のあるラープラオ駅に降りてちょっとした路地奥に今回の宿がありました。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20CAM/58/01.JPG 

宿の前です。荷物を置いて夜ご飯を食べに出かけます。
ベトナムあたりでは三日月のようにかけていた月も旅をしている間に
満月近くまで大きくなっていました。

ホーチミンからの横断の途中。
プノンペンは都会でしたが、後は地方都市というレベルののんびりした
ところを旅してきましたので、大都会バンコクに到着した直後は、
大都会の空気に触れて少し戸惑ってしまいました。

シェフがチェックしていたレストランに入ります。
http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20CAM/58/02.JPG 
ローカルな食堂ですが、地元の若者たち中心で盛り上がっています。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20CAM/58/03.JPG 
タイノビールを注文。氷入りでおいしくいただきました。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20CAM/58/04.JPG 
上の黒っぽいタレにつけて食べる一品ビールに合います。
http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20CAM/58/05.JPG 
麺料理です。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20CAM/58/06.JPG 
あっさりした味わいのスープをいただきます。


http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20CAM/58/07.JPG 
これはシーフードのヤム(サラダ)です。


http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20CAM/58/08.JPG 
青菜炒めもいただきます。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20CAM/58/09.JPG 
欲見ると店内にこういう置物がありました。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20CAM/58/10.JPG 
液晶のテレビではドラマが放送されていました。
上の時計は秒単位で刻まれています。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20CAM/58/11.JPG 
このお店はネット環境を強化しているのがわかります。
ネット発信力の強い店、弱い店があると思いますが、
ここまで店内で強力にアピールする店は日本ではあまりないのかも知れません。
逆にタイとかアジア圏のみせではたまに見かけます。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20CAM/58/12.JPG 
麺のイラストも写真の使い方もうまいお店。
この店が若者を中心に盛り上がっている理由がわかります。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20CAM/58/13.JPG 
お店の前には路上でいろんな店が屋台を出していました。

イメージ 1
 伝統的な七輪を使って焼いています。

路地に入ると、最初は気づかなかったので素描になるカフェを発見しました。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20CAM/58/15.JPG 
良さそうなのでのぞいて見ました。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20CAM/58/17.JPG 
ちょっとレトロな雰囲気の建物です。外のテラス席でちょっと飲むことにしました。


http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20CAM/58/18.JPG 
シンハービールです。ジョッキをぎりぎりまで凍らせるあたり
日本の居酒屋のようです。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20CAM/58/19.JPG 
シンハービール。そういえば当店でも瓶ビールでは一番人気ですが、
確かにタイという国にはふさわしいビールのような気がします。


http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20CAM/58/20.JPG 
ちょっとしたおつまみがついていました。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20CAM/58/21.JPG 
店を経営している若い女性と一緒に撮影しました。
http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20CAM/58/22.JPG 
中々よいお店で気分もよい感じになって宿に戻ります。


http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20CAM/58/23.JPG 
今回の宿はコンドミニアム形式。トイレとシャワールームはこんな感じです。
(実はトイレとシャワールームはもう一箇所ありました)

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20CAM/58/24.JPG 
ホテルとは違いますから、キッチン部分がしっかりしています。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20CAM/58/25.JPG 
ベットはこんな感じです。
http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20CAM/58/26.JPG 
眠る前にテレビをつけました。実はこの旅もあと2泊(機内泊を入れれば3泊)
で、帰国となります。旅もいよいよ終盤戦に突入です。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事