ここから本文です
大阪の中心部 本町と心斎橋の間にある小さな路地の奥で2003年開業の「オーダーメイドコース」の東南アジア料理店

書庫全体表示

2016年5月6日(金曜日)

ハノイ二日目のこの日は昼間ちょっと遠方にショートトリップ
することにしました。目的は港湾都市ハイフォンです。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/10/01.JPG 

ハイフォンへはバスでも行くことができますが、今回は鉄道で
行くことにしました。宿から歩くのは大変とタクシーを使いましたが
かえって、回り道をする羽目になってしまいました。

この場所で降ろされ、待ち構えていたようなバイクのタクシーで
ロンビエン駅に行きましたが、実はここから近くこのハイウェイを
越えてその前のちょっとした坂を上っただけで到着です。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/10/02.JPG 

到着しましたが、ここでベトナムらしさが出てしまいました。
道を渡っただけの距離に50,000ドンを要求しようとしました。
タクシーで大回りしたのも50,000ドンなので明らかに暴利。

納得がいかないシェフは、激怒し20,000ドンだけ渡します。
不満そうなバイクのタクシーを無視して駅の中に入りました。


http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/10/03.JPG 
駅で切符を買った後、ちょっと時間があるので
朝食を食べることにしました。
(例のバイクの親父は既にいない・・・つまり本来問題ないということでしょう)

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/10/04.JPG 
下まで降りる時間は無いので、ここで軽く食べることにしました。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/10/05.JPG 
1杯20,000ドン(約100円)の麵です。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/10/07.JPG 
食事を終えて駅に戻ります。この駅前の道は実は
そのまま、紅河に渡る橋とつながっていて(片道一方通行)
対岸から橋を渡ってきた人が多く通過しているのです。
http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/10/08.JPG 
ロンビエンの鉄道駅です。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/10/09.JPG 
駅では多くの人が待っていました。ハイフォン行きは1日4本だけ出ています
http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/10/10.JPG 
切符売り場です。ハイフォンまで1人70,000ドンですが
これは1等の席の値段。外国人ということで自動的にそうなった
見たいです。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/10/11.JPG 
駅前の道路を見るとこのようにそのまま鉄橋に併設されている
道路につながっています。
http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/10/12.JPG 
列車は既に来ていました。
http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/10/13.JPG 
結構長い車両ですが、このロンビエンの駅がホームが一箇所しかなく
高架の場所に強引に駅を作ったようです。
http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/10/14.JPG 
ホームの売店です。ふっくらしたパンが売られていました。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/10/16.JPG 
しばらく待合室で待っていましたが、時間の合図とともに
いっせいに動き出します。

イメージ 1
 
こんな感じでおのおのの車両に向かいます。
http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/10/18.JPG 
真下に見えるのは、ハノイ旧市街。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/10/19.JPG 
車両の中です一等なので、非常にきれいで無料のWifiがつながったり
電源のコンセントもついていました。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/10/20.JPG 
座席に座ります。ベトナムの場合座席番号は椅子の後ろについています。
ですから、目の前の番号はあくまで前の席の番号です。
(私たちの番号は、28,27番でした)

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/10/21.JPG 
ディスプレイもあって、DVDが流れていました。


http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/10/22.JPG 
いよいよ出発です。ここから紅河を渡るまで動画に抑えました。



http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/10/23.JPG 
1等の席なので結構すいていました。


http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/10/24.JPG 
橋を渡るとすぐに駅に到着。ここで10分くらい停止していました。
http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/10/25.JPG 
目の前にある車両は中国からの国際列車のものです。
http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/10/26.JPG 
列車は再び動き出します。しばらくして車内販売が来ました。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/10/27.JPG 
こういうものを購入。分厚いハムをもちで挟んで食べるものです。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/10/28.JPG 
車内販売の人が、調理用の薄い手袋をして、
その場で挟んで作ってくれました。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/10/29.JPG 
田園風景が続きます。この田園で取れた米からライスペーパーやフォー麵が
出来るわけですね。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/10/30.JPG 
一緒に来たキャラクターです。
香港では存在薄く、ここでちょっと存在感を。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/10/31.JPG 
途中の駅では蝶が飛んでいました。これではわかりにくいので動画に




http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/10/32.JPG 
反対方向の列車とすれ違います。


http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/10/33.JPG 
途中の駅で降りていく人たち

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/10/34.JPG 
こういう感じで、走ること3時間あまり。
ハイフォンの町に近づいてきました。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/10/35.JPG 
このあたりはハイフォンの町の入口付近です。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/10/36.JPG 
途中駅で降りていった人の席にあった電源タップで充電させていただきます。
各席に電源が着いていればもっと便利なのですが。

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/10/37.JPG 
踏切を待つハイフォンの人たちです。
http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/10/38.JPG 
駅にまもなく到着です。
http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/10/39.JPG 
ハイフォンの駅に到着しました。港湾都市なのでここが終点です。
コンテナの車両があるのが、港湾都市らしいですね

http://asianfoods.biz/Travelhp/2016%20HONKON_HANOI/10/41.JPG 
さて、はじめてきたハイフォンの町。ベトナム第3の都市を
今から散歩していきます。

この記事に

  • アバター

    海外の鉄道は、地下鉄以外
    なかなか乗るチャンスがありませんが
    地元の方々の生活が間近に見えたりして
    車移動とは違った楽しみがありますね。

    動画も拝見させていただきました♪
    楽しいです。

    それにしても、シェフの堂々とした行動に
    拍手!です
    日本人の感覚からしたら、払えない料金ではないだけに
    そのあたりの交渉、毅然としていて凄いなぁと思いました。

    同行した小さなくまちゃん
    あちこち行けていいですねぇ(笑)

    かめのしっぽ☆

    2016/5/29(日) 午前 11:52

    返信する
  • 顔アイコン

    > かめのしっぽ☆さん
    鉄道は、良いですね。本来は移動手段ですが、乗車そのものが旅で
    本当に地元の人とのふれあいが楽しめる空間です。



    日本人の感覚からしたら、払えない料金ではないだけに
    そのあたりの交渉、毅然としていて凄いなぁと思いました。

    これは、もうベトナムでは必須なところ。
    確か行かれたと思いますが、そのときに現地ガイドあたりに
    「ぼったくりに注意」と言われませんでした?

    ガイドがネタにするほどベトナムは油断すると直ぐに
    そういうことをしてきます。戦争で辛酸をなめていたので
    その名残のようです。
    でも、都会のエリアとかだと
    以前と比べるとずいぶんましになりました。
    昔は、基本的に相手を疑う前提でやり取りして
    いましたから・・・。

    サワディ・シンチャオ

    2016/5/29(日) 午後 1:03

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事