ここから本文です
大阪の中心部 本町と心斎橋の間にある小さな路地の奥で2003年開業の「オーダーメイドコース」の東南アジア料理店

書庫全体表示

お陰様でコース料理が「お得」と言う事がずいぶん浸透してきているようで、
そういうお客様が増えてきております。現在最低が3000円のお任せコースと
なっていますが、今最も多いのが3500円コースのご利用です。

しかし、今回はちょっと豪華な4500円コースが入りました。

4500円コース 2名様

イメージ 2
前菜(3種盛)



イメージ 3
生春巻き(ゴイクン)

※開業当初からのメニューですが今年に入って急に評判がよくなっています。


イメージ 1
青パパイヤのベトナムサラダ(中部ベトナム式)

青パパイヤのベトナムサラダと言うのは現在のアラカルトメニューにもありますが、
こちらはちょっと違って、この秋直行便就航により、旅行ブームになりつつある
中部ベトナムの方式のサラダです。
このようにコース料理だとちょっと変わったメニューが目白押しになります。

イメージ 4
インドネシア式空芯菜の炒め物

当店は、空芯菜などの青菜炒めは各国方式特徴的なものを
現在用意しておりますが、このインドネシア式が結構人気になっている
メニューとなります。

イメージ 5
メイン(魚):ソフトシェルクラブのタイ式唐揚げ

ソフトシェルクラブとは、脱皮した直後の蟹で、殻が固まるまでに
引き上げるので、柔らかい殻ごと食べられる高級食材。
ご予算をいただくとこういう豪華食材でのお料理をご用意できます。


イメージ 6
メイン(肉):牛肉のカンボジア式グリル

カンボジアに行けば、たいていの店にあるクメール料理の牛肉グリル。
こちらはシェムリアップのラッフルズホテルの料理教室で習った一品です。


イメージ 7
ご飯もの:ベトナムのマム

こちらもご予算をいただいたので、ちょいと趣向を変えたもの
です。「マム」というのはベトナムの魚介類を発酵させた味噌のような調味料
なのですが、カンボジア国境の町「チャウドック」で、このマム鍋が
名物料理として食べられます。それを再現したものです。

イメージ 9


ブンという素麺のような形をした米麺がベトナムではフォー麺より定番で、
生春巻きの中にも入っているのですが、それと一緒にこの鍋を食べるので
ご飯ものとなっています。(逆に言えばブンを除くこともできないことはない)

つまり、例えば10月から夜はコース料理主体にしますが、
ご飯もの入らなくて酒のつまみ的なもので食事をしたい場合など
必ずしもご飯ものを入れることなくこういう別メニューでの
アレンジが可能と言う事になります。

イメージ 8
デザート:ベトナムプリン(バインフラン)

イメージ 10
ゴーヤ茶(〆に)


以上です。10月から夜はコース料理主体となります。(ひとり様の定食を除く)
これからもこのような形で、コース料理をできるだけブログ記事として
掲載っしていきますので、ご来店時の参考にしてくだされば幸いです。


この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事