ここから本文です
大阪の中心部 本町と心斎橋の間にある小さな路地の奥で2003年開業の「オーダーメイドコース」の東南アジア料理店

書庫全体表示

例えば、在住経験が豊富な人や渡航経験が豊富な人。
私たちもそんな感じですが、そういう立場の人が仕事も兼ねて
毎年のように海外に渡航して、現地の料理を食べたりすると、
「ああ、こんなものだね」というような
平凡な感想にったりすることが多くなります。

それが、あまり東南アジア諸国に馴染みのない人や
始めて渡航する人は違います。やはり文化の違う国ですから
気分も違うわけですが、どういうわけか「食文化に慣れるための訓練」と称して
当店に現地渡航の前に来店される方が意外に多いのです。

ありがたいこととはいえ、私たちからすれば「すぐに現地で本場の味が」
思うものですが、初めての方はそうやって慣れておきたい物なのでしょう。

実は今回はそんなニュアンスが多分に含まれたコース料理。
実は11月にグルメツアーを開催するのですが、その参加メンバーの顔合わせ会
ということで、渡航先である「ベトナム中部」の料理をご用意しました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

3500円コース:4名様 ベトナム中部料理中心コース

イメージ 2
前菜(ベトナム中部フエの米粉蒸し「バインベオ」と
ベトナムの野菜のあえ物の2種盛)


イメージ 3
ベトナムの生春巻き「ゴイクン」
※コースには欠かせない裏名物メニューです

イメージ 4
ベトナム式、空芯菜の炒め物

イメージ 5
鶏もも肉のレモングラス炒め煮
(これに、四角豆とタイの丸ナス「マクアボ」を添えました)


イメージ 6
ソフトシェルクラブの揚げ物
高級食材もご予算を頂ければ対応可能です。

イメージ 7
こちらは「ミークアン」と呼ばれるベトナム中部の麺です。
これは日本では普通は手に入らないので、ベトナムで入手ました。
というわけで貴重品でもあります。

そのミークアンの完成品がこちらです。

イメージ 1
ミークアン(ベトナム中部地方の和え米麺)

イメージ 8
こちらはミークアンについているゴマ入りライスペーパーを揚げた物です。


イメージ 9
デザート 手作りベトナムバナナケーキ
実はこれにビーガン(もっとも規制が強いベジタリアン)アイスを添えました

以上です。
あと2か月ほど先の話ですがその日に向けて、顔合わせを済ませた
ツアー参加者のテンションもうなぎのぼりとなりました。
ところでこのツアーはまだ募集中です。こちらに案内がありますので
ご興味ございましたらお気軽にお問い合わせください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ちなみにミークアンは今回食べてしまいましたので、ご希望がありましたら
11月下旬までお待ちいただくことになりそうです。
(グルメツアーの最中に仕入れます)興味ある方はおっしゃってください。

ちなみに現在は、ベトナム北部「ハノイ」近郊の港湾都市「ハイフォン」
の名物麺「バインダークア」の麺なら店内にございますので
ご予算いただければコース料理としてご提供可能です。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事