ここから本文です
大阪の中心部 本町と心斎橋の間にある小さな路地の奥で2003年開業の「オーダーメイドコース」の東南アジア料理店

書庫全体表示

10月からコース料理主体の店になって感じたことは、コース料理に対してどこか「壁」を持っている人が多いことでしょうか?それはある程度はわかっていましたが、アラカルトに固執される方を見ると私たちが見たらどうしても「もったいない」と言う気がします。(知っている料理しか注文しない=料理の幅が限定されてしまうから)

今回のお客さんも、当初アラカルト希望だった方だったようですが、
コース料理でもよいという事で3500円のスペシャルコースをご用意しました。

1人:3500円(スペシャルコース)

イメージ 2
前菜(この時はフィリピンウィークなのでフィリピン料理)

イメージ 3
ベトナムの生春巻

イメージ 1
タイの春雨サラダヤムウンセン(味付けはタイのトップシェフに習ってます)
※実は盛り付けは当店オリジナルですこれは有頭海老があたかも
 春雨の海を優雅に泳いでいるのを意識して盛り付けています。
 食べる前に目(視覚)からでも楽しんでもらおうかと

イメージ 4
青菜炒め(インドネシア式)


イメージ 5
タイ式鶏焼き(ガイヤーン)
甘辛いスイートチリソースと辛い唐辛子タレの2種類はバンコクにあった
ガイヤーン専門店のスタイルを踏襲しています。

イメージ 6
名物:自家製ペーストのグリーンカレー(タイのトップシェフに習った逸品)

イメージ 7
デザート

イメージ 8
〆のお茶

以上です。

コース料理の場合は東南アジア料理の中でもタイ料理はある程度知られてきているとはいえ、まだまだ未知の分野が多いので、そういう料理をお伝えする機会だと思ってやっています。
今回のスペシャルコースはある、程度知名度のある馴染みのある料理を中心に集めたあらかじめ用意しているコースですから少しは取っ付きやすいとは思います。
これに慣れていただいたら今度は完全お任せコースなどもいかがでしょうか?

来店される際には是非とも、実は結構奥の深い東南アジア料理の世界を
体現していただければと思います。


この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事