ここから本文です
キンピラ
沢登り大好き!渓流釣り最高!キノコ可愛い♪

書庫全体表示

【10月5日】

今回は、T崎号がお迎えに来てくれた。 嬉しいです。
前夜は猿谷ダムで宴会を楽しむ。
T崎さんは、結構飲めるみたいで、飲ますと中々面白い。
楽しい宴は遅くまで続く。

【タイトル】  小さな秋を見ーつけたー (^^)
【メンバー】  キンゴ、びびあん、軍曹、ikko、T崎
【日  程】  2008年10月4日夜発〜5日
【場  所】  大峰 舟ノ川・桶側谷
【天  気】  曇り
【地  図】  南日裏、弥山(1/25000)

入谷出合で支度を整えて、7:35出発。長い林道歩きが始まる。

イメージ 1 イメージ 2

夫婦滝に8:35着。そこから5分で桶側谷の出合です。

イメージ 3 イメージ 4

ポツリと雨が降ってきたんで、どうしますか?って聞くと、
「そりゃーもぅー、決まってるでしょー」って、ikkoさん。
では、突っ込みますか。

入ってすぐのCS3mは、少し手前の右を登って落口にトラバースするが、
ヘルプが聞こえて、慌てて戻ってシュリンゲを投げる。
すぐに左の枝谷から20m滝が架かる。ゴルジュの奥のCS6mは右巻き。
しばらくゴーロ帯を進んで3mを越えると最初の二又。10:05

イメージ 5 イメージ 6

右に進んで大岩の横の2mを過ぎると、2段15mが現われる。10:15

イメージ 7 イメージ 8

イメージ 9

ここは右巻きかな。
左岸上部に壁が立つのが見えるので、そこまで登るが落石注意ですね。
ワイワイ言いながら、皆が登ってくる。
さてと、この壁の上にどう行こうかな。ここで初めてロープを出す。
壁の下を右に進んで小さなルンゼを渡り、振り返ってルートを探す。
前に来たときは、このルンゼを登ったが、同じルートでは面白くない。
ルンゼを渡り戻って、左壁にハーケンを1枚打ってシュリンゲをアブミ代わりにして薮に突っ込む。
そこから斜上して樹林帯をモンキークライム。やっぱりここは面白いわ (^^)

その先の10mはどうしよう?やっぱり濡れなあかんのかなー。
「行くぞぉ〜〜〜〜!」気合を入れて突入。
下段を右から登って水流を潜って右に渡り、少し登って落口に斜上する。ここも面白いやん。
次の斜L15mは、真ん中を登るのが楽しいでしょう。

イメージ 10 イメージ 11

ランチタイムでは、シャワーで濡れた身体に暖かいラーメンがGOOD!
でも・・・・おりょ!? ゆっくりとラーメンを食べているのは私だけやん。
これは、早くしなければと急いで食べる。
スープを捨てかけると、「えぇ〜〜〜、捨てるん〜〜〜〜!!!」 やて。
ん? もしかして・・・・・欲しいん? 紙コップで皆が回し飲み。
それやったら、始めから皆でラーメンを分けるのにー (^_^.)

二又に13:05着
右に進んで、適当な所で右の斜面を登って尾根筋に出る。
源流部の自然林達が色づき始めて良い感じです。

イメージ 12

大木の根元で「くるしゅうないぞよ〜、近う寄れぇ〜。」
びびあんが手招きをするが、誰もが後ずさり。
大木を見上げると、大木は苦笑いしてましたわ。

イメージ 13 イメージ 14

オケガワ谷とナメラ谷の中間尾根を下るが、青テープもあって下山は簡単。
最後は尾根筋から植林帯に入って林道に降り立つ。14:50
又、長い林道を戻るんやけど、車に辿り着く頃には降り出した雨も本降りとなる。
ヘロヘロコース企画の予定が、またも簡単に終わってしまった。
次こそは、ヘロヘロ企画やぞぉ〜〜〜!

小山伏と来たときの桶側谷は、もう、無くなっちゃった。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事