ここから本文です
キンピラ
沢登り大好き!渓流釣り最高!キノコ可愛い♪

書庫全体表示

【大峰】葛川・熊谷

【6月14日】

アメフリャーと曇天を乗せたキンゴ号は堺市を21時に出発。
某道の駅に着いたのは0時過ぎやった。 総勢8名で宴会が始まる。
久し振りの面々、初めましての面々、楽しいねー (^^)
初めましての方達に挨拶をすると「そんなん爽やかに見せても、すぐにボロが出るでぇ〜」って、
先日偶然に出会ったMINちゃんに言われる。
「おおっ!またまた若くなったやん」って切り返すと
「もぉ〜、何か企んでるやろ〜」って、まだ真に受けてるみたいなんで
「いや、履いている靴が・・・・・」と、言いかけてやめる。 
ビッグボスがアジやイサキを焼いてくれて、居酒屋状態に大満足でっす!
宴会は朝の4時過ぎまで続くのであった・・・・・。  

【タイトル】  楽しくて長ぁ〜い一日
【メンバー】  キンゴ、めぐわんこ、さえ、Y岡、MINMIN、キョンシー、Y下、U川
【日  程】  2009年6月13日夜発〜6月14日
【場  所】  大峰 葛川・熊谷
【天  気】  晴れやん
【地  図】  大沼(1/25000)

今回は沢登りです。
私は○○○調査隊も兼ねてます。ビッグボスも同じ目的かな?
出合まで車で移動して、8:27出発。

植林帯の中の凡流を進むが、単調なんで左岸の踏み跡を辿り、右岸に滝を架ける枝谷を2本見送ると、インゼルとなる。8:50
岩間の小滝を積極的に登って、2条2m、岩間滝、CS2mを過ぎて、右にガレたルンゼを見送ると谷は左に折れてCS5mを架ける。
ここは左のガリーに取り付いて越えるが、一応シュリンゲを掛けて置く。 9:40

イメージ 1 

イメージ 2 イメージ 3

2段4mを過ぎてしばらく行くと、右から3m、10mを架ける枝谷が入る。
中々ええ滝やん。10:47

イメージ 4 

右にガレ谷を見てゴーロを過ぎると、右からその奥に小滝を連ねる枝谷。11:07

イメージ 5 

この右から入る枝谷を詰めて稜線に登ろうと言う提案が出る。
私的には直進して、この先のコンタが詰まっているところに行きたいので、わんこリーダーに確認するが、枝谷を詰め上がるとの事。
「そやったら、来た谷を戻った方がええやん」と、しばらく毒づくが、キョンシー君がピークハンターだと聞き、千歩譲る。
さえちゃんが、「何だか良さげなピークみたいに書いてますよ」って、エアリアに付いている小冊子を私に見せる。
「ほんまやなぁ〜。ほな行ってみよかー」・・・・・・って、よう考えたら、書いた本人が目の前におるやん。

枝谷を少し登って、緑の中で楽しいランチタイム。

イメージ 6 イメージ 7

コンタ350mを詰め上がるが、水の枯れた谷から左の斜面に取り付いて登る。
途中で落石があり、それを避けようとしたY下さんが、数メートル後転しながら落ちたらしい。大した斜面ではないので、かすり傷で済んだけど、落石は恐い。
斜面を登っている途中でマムシ君を発見!
バッタリ出会ったマムシ君に「喰うたろか!」って言うと大人しくなった。
後続を待って迂回させる。

イメージ 8 

ハーハー言いながら、長い斜面を詰めあがると、気持ちの良い稜線に出た。13:28
ここから右に進むとすぐに蛇崩山のピークです。
しんどい思いをしても、ここまで登ってきて良かったかなと思わせる場所ですね。

イメージ 9 イメージ 10

下山は簡単やけど、車のデポ地の下流に降りたんで、少しのアルバイトに汗を掻く。16:10

この後、全員で「羽津子ちゃや」に向かうのであった。
溯行後に、まだ楽しい時間を味わえるなんて幸せですー。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事